ヒライさんの映画レビュー・感想・評価

ヒライ

ヒライ

映画(252)
ドラマ(0)

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

めちゃめちゃ面白かった!年間ベスト級です。
観終わったあと、周りの知らない人に話しかけたくなるような映画体験は久々でした。

役者ではパク・ソダムが最高でした。心を奪われました。

リスペクト!!!

ビクラムの正体 ヨガ、教祖、プレデター(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

後味悪い終わり方。問題は何も解決せず、張本人はまだグルを続けている。

そして人は簡単に洗脳されてしまうことも痛感する

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.5

将来に希望はないけどこの瞬間最高であることは間違いないんだという叫び

歳だから兄貴に感情移入しちゃうな…

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

3.0

恋するワンピースの「万雷」で街を破壊するシーンを実写化するのはマイケル・ベイしかいない。
倫理的にどうなの!?ってとこも作風にピッタリ!

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

3.5

作中で1番人を殺しているシーンが多い主人公が、友人間で中間管理職的に苦しむ

最後は信仰と祈りなのはスコセッシを感じました

出てくる人出てくる人凄い最後を迎えたことがテロップで説明されるので笑ってし
>>続きを読む

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

4.0

アルツハイマーの元殺人鬼vs.現役連続殺人鬼。

信頼出来ない語り手過ぎるので終盤まで何が本当かわからない。

最後はメメント的な感じに

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

4.0

景気が良くて、楽しい映画でした。
シカゴ観光に行きたくなるね。

デイライツ・エンド(2016年製作の映画)

3.0

格好良く銃を撃つ!それ以上に大切なことがあるのか?

最初の方の主人公の聞いてた話と違う…みたいな顔も良かった

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

ぶっとんだスター・ウォーズと聞いていたので、結構しっかりしてる印象を受けてしまった。

最後の「父に捧ぐ」でこれを!?という驚きがあった

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

3.5

最悪なパターンのスーパーマン、もしくはシャザム。

最後の陰謀論YouTuberが紹介してた奴らがどんどん出てきてほしい!

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.5

タラハシーがトゥインキーに依存しなくて良くなるくらい、リトルロックの存在が大きかったんだなぁと感慨深くなった。

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.5

殺し方の多様性。
絶対飽きさせてたまるものか!という強い意志を感じました。

HiGH&LOW THE WORST(2019年製作の映画)

4.0

観たかったものが大量に出てきて大満足で最高の映画。
アクションシーン山盛り過ぎて何回でも観直したい。

新キャラの小田島有剣が好きです。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

暗い欲望が満たされる快感。
主観では耐えきれないほどの悲劇。
ラストカットの美しい喜劇。
観終わった後もジョーカーの笑い声が響きます。

天気の子(2019年製作の映画)

3.5

周りに何と言われようと、自分たちが世界を変えたと信じれることは美しいですね

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

丁寧に下処理をするとこんなに美味しくなるんですよ!というのを見せつけられた

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.5

仕事と恋愛(不倫)に疲れた二十代後半女性が、若い男の性欲に癒やされる話

星を追う子ども(2011年製作の映画)

3.5

宮崎アニメ感の中にあふれる新海誠の個性。
ストーリーはちょっと…だけど、絵が良いから観てられますね

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

3.5

ソシオパスの少年とシリアルキラーの対決かと思いきや、驚きの展開に

デッドプール2のおとぎばなし(2018年製作の映画)

3.5

ギャグの解説や血糊の減少、グロシーン回避など見やすくなっているが、元のほうが好きです

ほしのこえ(2002年製作の映画)

3.5

新海誠にわかな自分が思う「新海誠っぽい」映像がこの時から出てきていたので圧倒的個性〜!と思いました

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

泣いているディカプリオは良い。
子役に芝居を褒められて泣いちゃうとこが最高だった。

ブラピの渋い格好良さも良かったが、最後のシーンはブルース・リー大暴れを期待していたのでそこだけ残念…

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

尺が足りないから端折った部分にも言い訳を用意しておくのは律儀だなあと思いました。

神と共に 第二章:因と縁(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

カンニム、ヘウォンメクの教育に失敗してません!?
千年前よりバカになってる…
でも屋根の上で格好つけてるヘウォンメクは最高。

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

3.5

結論が今風で良い。

レベル・ウィルソンとアダム・ディヴァインの組合せはピッチ・パーフェクトを思い出しますね。

エンディングでリアム・ヘムズワースが武田真治やる所でテンション上がりましまた。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.5

不思議な映画。
ラストは何とでも解釈出来そうな終わり方。

自分は孤独な孤独なセラピー、そしてセラピーを経ても孤独は癒えない話だと思いました。
しかし孤独でも多少希望はある。

いつかはマイ・ベイビー(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

キアヌ・リーブスが最高だった。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.5

主人公強い。
隣人の引っ越しのところがぞっとした。

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金(2013年製作の映画)

3.5

ポジティブの方向性を間違えるとここまで荒唐無稽になるのかという怖さ

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ミステリオ良いキャラだった。

それにしてもサングラスじゃなくてスーツ作れるセット残してくれた方が良かったのでは…

SING/シング(2016年製作の映画)

4.0

良い映画だった。マイク最低だけど良いキャラだなー。泣かせる。

>|