Janeさんの映画レビュー・感想・評価

Jane

Jane

スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話(2019年製作の映画)

4.0

素敵な作品でした。

政府ってホンマに規則とか規定とかばっかり。
本当に何が必要なのか全然みてない。
こんなに必死で闘って、頑張ってくれてる人達を「無認可」
ただそれだけで批判するなんて。
勿論資格や
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.5

認知症の父視点で作られていた。
混乱、恐怖、不安、寂しさ、苛立ちが伝わってきた。当事者でないと本当のところは、わからないだろうけど…

アンソニー・ホプキンスの演技力はやっぱり凄い。

家族の葛藤。
>>続きを読む

ゴールデン・ジョブ(2018年製作の映画)

3.5

カッコいいおじさん達が活躍。
カーアクション、戦闘、激しい銃撃戦。
凄い動くし、じゃんじゃん跳ぶ。
知ってる俳優さんが、「親父」やってる人だけでしたが、サックリ最後まで楽しめた。

みんなプライベート
>>続きを読む

PMC ザ・バンカー(2018年製作の映画)

3.5

南北軍事境界線。
地下30mにある秘密の要塞。
集められた傭兵13人。
北朝鮮をめぐるアメリカと中国それぞれの思惑に翻弄される。
裏切り、駆け引きありのなかで戦う。

ハ・ジョンウがもっと動くかと思っ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.3

怖い。
気味悪い。
実際その手術できるのか?
できたらヤバイ😱

完全に彼女に騙された。
終盤まで全く気づかず…
あの家族怖すぎる。

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.2

本当に素敵な作品でした。

「最強のふたり」
ぴったりな題。
車椅子のエンジンを改良したり、
最高の誕生日をしたり。
奇跡の出会い。

「グリーンブック」を思い出させる名コンビ。
心が温かくなる作品で
>>続きを読む

シルミド/SILMIDO(2003年製作の映画)

3.9

こんな作戦無茶苦茶。
死刑囚を集めて金日成を暗殺する計画。
いくら死刑囚でもあの扱いは酷すぎる。
実話なんて、恐ろしい。
あんな結末誰も救われない。

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.4

これが現実。
酷すぎる。
小さな体で必死で生きる。

人身売買、児童婚。
いつも弱い立場の者が犠牲になってしまう。
守ってくれるはずの両親が我が子を差し出す現実。

心が苦しくなる作品だったけど、たく
>>続きを読む

キラーズ・セッション(2019年製作の映画)

2.5

なんか面白そう!
と思って何の前情報もなく鑑賞。

う~ん、良くわからない。
殺し屋達が地下で集まって、自分の殺人について語り合う?セッション?やな。

殺し合いのシーンは少しグロいけど、ラストまでバ
>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

3.8

連続殺人犯を元警官が追い詰める。

若かりしハ・ジョンウがかなりの変態殺人鬼を演じる。さすがの演技力。
本当に気持ち悪かった。
かなりグロいシーンあり。

警察のマヌケな感じに終始イライラした。

100日間のシンプルライフ(2018年製作の映画)

3.9

ラストがカッコいい!

物が溢れてる。
物に囲まれている。
本当に必要な物は何か?
酔った勢いで始まった賭けだったけど、大切な物、必要な物は何?
沢山なげかけられた作品でした。

恋愛、家族との別れあ
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.5

英国諜報部(サーカス)の裏切り者を探し出す話。
東西冷戦時代の情報戦。
激しい戦闘や、アクションがあるわけではなく、淡々と進んでいく。
でも、何故か怖い。

カンバーバッチ観たさに鑑賞したけど、面白い
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.0

天才女子高生がカンニングをビジネスにする。
色んな方法をひらめくから、やっぱり天才。

リンのお父さんが本当に素敵。
娘を愛してるのが伝わる。
ラストのお父さんの言葉、胸にしみた。

タイの映画は初め
>>続きを読む

ザ・バッド・ガイズ(2019年製作の映画)

4.0

護送車襲撃で逃げた囚人や、日本のヤクザ率いる組織を、最強服役囚が「特殊犯罪捜査班」となって、捕まえる。

アクションシーン満載。
笑いもあり。
マ・ドンソクファンとしては、とても楽しめた作品でした。
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

3.0

淡々と進んでいく。
カメラワークが面白かった。
画面が揺れたりしてリアルに見えた。

夕焼けや、風景が綺麗。

「多分この人やろなぁ」とか。
「多分これは、あの人のやつやんなぁ」とか。
答え合わせは出
>>続きを読む

鵞鳥湖の夜(2019年製作の映画)

3.0

最後までとにかく淡々と進んでいく。

開発から取り残された地域の古びた建物や、屋台の不衛生な感じに、開発が進んでいる都心部との格差を感じた。

グロいシーンも結構あった。

ブラック・スキャンダル(2015年製作の映画)

3.7

実在のギャングのボスをジョニー・デップが見事に演じていた。

ストーリーを通して盛り上がりに少しかける気がしたけど、裏切り者をバッサバッサ消していくし、躊躇ないそのやり方には寒気がした。

最後に映像
>>続きを読む

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

4.5

無実の罪で投獄された父と娘の奇跡の物語。
とても素敵な作品でした。

実際には絶対ありえへん事が沢山起こるけど、完全に入り込んでしまった。

悪人がいるはずのその房が、一番素敵な場所でした。
誰かのた
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.3

素敵な青春物語。

セッションの迫力が凄かった!
ジャズやっぱりカッコいい!

昔のレコード店、綺麗な教会、商店街。
街並みや、風景も綺麗だった。
何より小松菜奈ちゃんの泣き顔が美しい。
ストーリーは
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

4.3

ソン・ガンホのいきなりの日本語、上手い!
一気に引き込まれた。

イ・ビョンホン、コン・ユが贅沢❗️

当時の街並み、服装、車、全てがしっくりくる。
違和感無し!

拷問シーンはホンマに酷い!
痛すぎ
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

4.0

グリコ、森永事件。
当時子供ごころに、恐怖を感じたのを憶えてる。
スーパーからお菓子がなくなった…
キツネ目の男、今でもはっきり記憶してる。
俳優さんが似ててビックリ。

実際の未解決事件を基にフィク
>>続きを読む

アーミー・オブ・シーブズ(2021年製作の映画)

4.0

天才鍵師、難攻不落の金庫を開けていく話だったけど、凄く面白い。
最高に芸術的!
金庫がカッコいい!

セバスティアンがなんか愛らしくて、好きにならずにはいられない!

テンポ良くすすんでいくストーリー
>>続きを読む

ダニエル(2019年製作の映画)

3.0

ジャケットの美しさと、内容があまりにかけはなれた作品でした。

幼い頃の空想の友達が、成長した自分の前に再び現れる。そして、助言から悪魔のささやきへ…。
結末は最悪な結果。

後半はダニエルが悪魔にし
>>続きを読む

アレックス・ライダー(2006年製作の映画)

3.0

少年がMI6のスパイになって、活躍する話。
スパイ活動で集めた情報を基に悪い奴をやっつける!わかりやすい内容。

ユアン・マクレガーがちょっと出てるけど、あまりに出番が少ない。

スパイキッズに似てる
>>続きを読む

KCIA 南山の部長たち(2018年製作の映画)

4.3

韓国大統領をKCIAの部長が暗殺する話。実話に基づくフィクションとの事。

イ・ビョンホン作品は大好きなので、やっと鑑賞できた。

自国の歴史の闇を映画にするのは、さすが韓国。
大統領中心に色んな人の
>>続きを読む

コンフィデンシャル/共助(2017年製作の映画)

3.8

北と南の凸凹コンビが最高!
大切な者を守るために、なんでもするかっこ良さ!

コメディーもあり、スピード感のあるアクションもあり、飽きずに観られる。

ヒョンビン、ユ・ヘジンやっぱり素敵な俳優さんです
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.0

綺麗で可愛い町並み、当時の服装に目をうばわれる。

旦那さんの暴力的、高圧的態度にはイライラする場面も多かった。

手押し車にモードを乗せ広い草原を家に向かって2人で走る姿は愛が溢れていた。大好きなシ
>>続きを読む

特捜部Q カルテ番号64(2018年製作の映画)

4.0

コペンハーゲン警察、特捜部Qが事件を解決していく。
強制不妊手術をする医師。
現在と過去の事件の繋がり。
女性収容所に強制入所させられた少女。

過去と現在を交互に描写するけど、混乱せず、わかりやすい
>>続きを読む

39 刑法第三十九条(1999年製作の映画)

3.8

刑法第39条がテーマの作品でしたが、色んな事件が関係してくる、なんとも重たい作品でした。

心神喪失。
心身耗弱。
罪に問わない。
被害者、被害者家族にはなんとも酷い法律。

犯人柴田の本当の人格は?
>>続きを読む

ブレイン・ゲーム(2014年製作の映画)

3.8

並外れた予知能力で、ある難事件を解決する話。

面白かった。
アンソニー・ホプキンスが出てたし観たけど、好きな感じの内容でした。

「究極の愛の行為はこのうえなくつらい。」
でも殺したらあかんよなぁ。
>>続きを読む

夏、19歳の肖像(2017年製作の映画)

2.8

19歳の大学生が事故で入院し、その病室から見える向かいの豪邸の美女に恋をするところから始まる話。

ただのストーカーに見えた。

事件か!!
と思いきや、結局勘違いやったり…

私にはあんまり合わへん
>>続きを読む

象は静かに座っている(2018年製作の映画)

3.5

なんとも不思議な感覚。
自然光での撮影がゆえの、薄暗さや、優しい明かり。

カメラアングルも、長回しも、観ていて引き込まれた。

家庭環境の悪さ。
娘家族との同居。
学校での事件。
親友の自殺。
それ
>>続きを読む

記者たち~衝撃と畏怖の真実~(2017年製作の映画)

3.8

真実を追い書き続けた新聞記者の話。

あのテロの日をまだ鮮明に憶えている。
あの戦争も、まだ鮮明に憶えている。
本当に恐ろしい。
テレビを通してやったけど、本当に怖かった。

あんな事が起こってたなん
>>続きを読む

死ぬまでにしたい10のこと(2003年製作の映画)

3.8

若くして余命2ヶ月と宣告され、残りの時間に何をするか?と言う話。

貧しいけど、愛に溢れた家族。
本当は優しいお母さん。
初めての恋人。
優しい主治医。

余命宣告以外、彼女はラッキーなぐらいに人に恵
>>続きを読む

海がきこえる(1993年製作の映画)

3.0

ジブリ作品はほぼ鑑賞済みでしたが、これだけなぜか観れてなかった。
やっと今回鑑賞。

絵はキレイで大好き。
高校生活、青春がリアルに描かれてた。

主人公のワガママな感じは苦手だったかな。

ボウリング・フォー・コロンバイン(2002年製作の映画)

3.8

マイケル・ムーア監督ドキュメンタリー作品。
銃社会アメリカの実状や、市民の声。
残酷な事件。
アメリカでの銃犯罪の多さ。
家族を守る為に銃を持つ人。
安心するために銃を持つ人。

コロンバインの乱射事
>>続きを読む