恭介

恭介

洋画の字幕派
ノンジャンルの雑食派
尊敬する監督はリドリー・スコット
最近はレンタルでマイナーな作品を物色する
楽しみを覚えた(笑)
評価の分かれ目は3.3が普通
4越えはかなりお気に入り

  • List view
  • Grid view

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.2

最初に言いたいのは

誰だこんな題名付けた奴は?

忘れ物?地雷を忘れ物?
内容とのギャップがあり過ぎて、この邦題に決めた奴にひとこと言いたくなる

と言うのも、戦争を題材にした映画で、観ていてこんな
>>続きを読む

マン・ダウン 戦士の約束(2015年製作の映画)

3.6

かなり我慢を強いられる映画。

しかし後半、その我慢が報われる映画。

主演のシャイアをはじめ、キャストもなかなか豪華。なのに知名度が低いのは勿体無い。

最初から時間軸が掴みづらく、現在?未来?これ
>>続きを読む

ザ・ボーダーライン 合衆国国境警備隊(2016年製作の映画)

3.3

国境を警備するボーダーラインパトロール警備員三人の物語。

主に陸路を使って麻薬を密輸するのを取り締まるのが仕事?なのかな?

登場人物は僅かでほぼ三人の劇

三人のうちの一人がちょっと崩した玉木宏に
>>続きを読む

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.6

まとめて鑑賞まとめてレビュー3

ちょっと現実味のあるフェイス・オフ
みたいな内容。夫の愛情表現の仕草とかも
似ててニヤっとなった。

突拍子もない設定なんでご都合主義的なお話なのかなぁと観る前は不安
>>続きを読む

セル(2015年製作の映画)

3.0

まとめて鑑賞まとめてレビュー2

惜しいっ!

携帯からのパルス?信号で人間がゾンビ化する序盤から畳み掛けるようなテンポでグイグイくる感じに、おーっ、久しぶりのB級感満載で斬新なゾンビ映画かっ!
キュ
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.0

ドライブ、オンリーゴッドときて本作。

ニコラス監督の映像とイメージでグイグイ押してくるハッタリ感が、どうも右肩下がりで落ちてきて代わりにメッキ感が増してきてる気がする。

まず、ストーリーがよく言え
>>続きを読む

バタリアン(1985年製作の映画)

3.8

ロメロ追悼鑑賞2

バタリアン(笑)
久しぶりに鑑賞。

語感とインパクト重視なハッタリ宣伝の東宝東和の真骨頂な邦題だが、原題はリターン・オブ・ザ・リビングデッド。

ロメロのゾンビ映画のマスターピー
>>続きを読む

インビジブル・エネミー(2015年製作の映画)

1.8

んー

ハイライズを観た時にも思ったけど
やっぱり自分はベン・ウィートリーとは
合わないな(笑)

予算が少ない中で、ソリッドなシチュエーションを創作し工夫しようとしているのはよくわかる。ただ、ベン(
>>続きを読む

トゥー・ラビッツ(2011年製作の映画)

3.1

最初から最後まで監督の

僕、頑張ってますっ!

感が画面から結構な勢いで放出されてる
映画
あ、悪い意味・・・ではない
と、思いたい(笑)

これがこの監督の独創的な表現方法なのか
彼がが今まで観て
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.3

またまた遅れてシネコンにやってきたので迷わず鑑賞。

いやぁこんなにも人、日常を丁寧に丹念に描写している映画を観たのは初めてかも。
全く駆け足感がない。これでもかっ、ってぐらい丁寧に描いている。それで
>>続きを読む

ゾンビ/ダリオ・アルジェント監修版(1978年製作の映画)

4.5

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド
ドーン・オブ・ザ・デッド
デイ・オブ・ザ・デッド

夜、夜明け、昼間からなるゾンビ映画の金字塔にして元祖となる三部作を撮ったキング・オブ・ゾンビのジョージ・A・ロメロ
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.7

観終わって、よくこの企画に映画化のゴーサインがでたなぁってのと、よくこの役者さん達を集めたなぁってのがまず頭に。
ジェイクとライアンが出演決めたから通ったのかな?

直球SFスリラー過ぎるんでつい(笑
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.9

キャラクター紹介がいらないパート2らしく開始早々から飛ばしまくるジョン・ウィック。

理由は車を返して欲しいから

もうこのチャイルデッシュで純粋なハートを持つ伝説の殺し屋、という前作のマンマな設定を
>>続きを読む

シンクロニシティ(2015年製作の映画)

3.0

あぁ憧れのタイムマシーン。

実際、綺麗事を抜きにして、手に入れたら間違いなくまずお金、女性、出世に使うだろうなぁ(笑)

そんな人間本来の欲望に正直な主人公がタイムマシーンを開発し使っちゃう男の話。
>>続きを読む

ヤギと男と男と壁と(2009年製作の映画)

3.5

こんなに出演者達が豪華なのに、不覚にも存在すら知らなかった(笑)
ジャケ借りして正解。

最初にテロップで、大半は史実に基づく、とでたので鑑賞中は頭の中で、えーっ
嘘だろこんなのってグルグルまわってた
>>続きを読む

エンド・オブ・トンネル(2016年製作の映画)

3.8

いやー予想外に面白かった
前知識もなしに鑑賞して期待値が低かったのもあるが、これは当たり

話の内容と主役の俳優が遠目にみたらJ.バトラーに見えなくもないからこのタイトルなのかな?
どちらかと言えばJ
>>続きを読む

サルバドールの朝(2006年製作の映画)

3.6

スペインの歴史的背景を鑑賞者が知っているという前提で創られているのか?

または敢えてその部分を省略し、鑑賞後にもこの実話に興味をもたせ各々で深く知って貰う為の手法なのか?

監督の意図は分からないが
>>続きを読む

ディーパンの闘い(2015年製作の映画)

3.7

トニー・ジャーの後にこの映画

自分の雑食性というか作品選びの振り幅に
感心する(笑)

内戦下のスリランカから脱出する為に、偽装家族となった男と女と少女、三人の物語

全くの赤の他人の三人が言葉もま
>>続きを読む

ドラゴン×マッハ!(2015年製作の映画)

3.3

ごめんなさい、ごめんなさい

トニーがジャーっ!と出てきてジンがウーッ!って叫ぶアクションだけを観るジャー印ムービーと勝手に思い込んでました。

意外な面その1
捻りはないが難病モノと潜入捜査モノをミ
>>続きを読む

リメインダー 失われし記憶の破片(2016年製作の映画)

2.0

予告編も含め、前情報なしでジャケットだけでレンタル。



・・・・・・

(笑)


映画・・・ではない、かな(笑)


プロットはシンプル

男、事故?で瀕死の重傷から復活
記憶が曖昧
事故?をお
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.9

メル・ギブソンが戦争映画・・

あのパッションやアポカリプトで見せた容赦ない人体破壊描写のメルギブが・・

戦地の悲惨さや凄惨さは、戦争映画の流れを変えたスピルバーグのプライベート・ライアンと、上映時
>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

3.9

かなり遅れてシネコンにきたので
予告編以外の前情報なしで鑑賞。

もう公開時期は終わっているので
レンタルで鑑賞しようと思う方は
同じように前情報なしで鑑賞する
ことをオススメする。

なので以下の文
>>続きを読む

ロスト・エモーション(2015年製作の映画)

3.5

コヴェナントに一抹の不安を感じてはいるが、リドリー・スコットの名前がついてる映画は観なくてはいけないので(笑)

感情を抑圧された近未来、という設定自体には目新しさはないが、ここまでピュアな愛、という
>>続きを読む

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-(2011年製作の映画)

3.6

事実を基にした映画、と言われる映画を観るとほぼ毎回、マジかぁ?!とおもわされる。

まぁ映画化するぐらいだから、それだけの題材なんだろうが、いい意味のマジかぁ?ならよいが・・・

本作は間違いなく悪
>>続きを読む

ザ・スクワッド(2015年製作の映画)

1.0

勝手にシリアス気味なハードアクション系と思い込みレンタル。

オープニングで、あぁっ・・笑

いや、勝手に思い込んだ自分が悪い。
だから頭を切り替えて仕切り直し。


・・・・おい、コラ(笑)

以下
>>続きを読む

スーパーチューズデー 正義を売った日(2011年製作の映画)

3.5

主役から脇を固める役者さん、好きな俳優ばかりでているので、その演技を観てるだけで引き込まれる。

ライアン・ゴズリング
ジョージ・クルーニー
ポール・ジアマッテ
ジェフリー・ライト
マリサ・トメイ
>>続きを読む

A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー(2014年製作の映画)

3.6

もともとドキュメンタリー好きというのもあり、ふと観たくなる。

毎日5杯ぐらい飲むコーヒー好きなのもあり、たまたまレンタル店で見つけて迷わず借りた。

スペシャリティコーヒー

恥ずかしながら初めて聞
>>続きを読む

ある戦争(2015年製作の映画)

3.8

予算的な理由か、最近の戦争関連映画の流行りなのか、演出のスタイルとしては既視感のある映画。

手持ちカメラの不安定さ、少し色味を落としたザラついた映像、そして極力音楽を排した静けさ。

本作はその手法
>>続きを読む

ヴィクター・フランケンシュタイン(原題)(2015年製作の映画)

3.2

日本でもかなり知名度のあるXメンとハリポタが共演してるのに、本国でパッとしなかったせいか、小規模扱いな本作。

かなりハードルをさげて鑑賞したせいか意外にも楽しめた

デ・ニーロ主演の頃から忘れた頃に
>>続きを読む

ヘッド・ショット(2016年製作の映画)

3.1

ザ・レイド シリーズのインパクトには及ばないがハチャメチャなアクションは健在、なイコ主演最新作。

簡単に言うと、ジェイソン・ボーン+死亡遊戯みたいな構成。
よくある過去の出来事と現在の出来事を交錯さ
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.9

不死身、という要素を過去のXメンシリーズで存分に発揮してたウルヴァリン。

俊敏な動きでザクザクと貫き、撃たれようが立ち上がり、銃弾がポトリと身体から落ちる。その爽快感に似たもので多くのファンを獲得し
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.1

ヴィルヌーヴは本当に物語の導入部、掴みが上手い。開始早々、スクリーンに釘付けになる。

短編である原作を脚本にする労力もさる事ながら、ここまで見応えのある作品に昇華させたヴィルヌーヴをまたしても賞賛せ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.3

正直、前作は前評判を聞きすぎてかなりハードルが上がってしまい面白いけど、他のマーベル作品に比べ、そこまで突出して面白いかなぁ・・・という感想だったが。

いやぁ今回は参りました(笑)
極力、情報をシャ
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.7

オープニングの空撮から人に寄っていく魅せ方で掴みはOK!

盲目最強親父という設定と、本来なら押し入った三人が悪くヤラれても同情の余地なし、な話を盲目親父の秘密をつくることで、チャラにしている脚本が秀
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.9

バイオやアンダーワールド、最近長寿シリーズものの鑑賞が続いてて月日が経つのが早いなぁと感傷に浸る日々(笑)

ワイスピなんて1作目は出演者より監督のロブ・コーエンの名前で観に行った記憶がある。
ストリ
>>続きを読む

アンダーワールド ブラッド・ウォーズ(2016年製作の映画)

2.9

バイオハザードとセットで鑑賞。
デジャヴのように共通点が多い2つのシリーズ。

ソニピ製作、強い女性の主人公、異形の者との戦い、主演女優が綺麗、そして監督と結婚(笑)

それとまた、今までシリーズを全
>>続きを読む