恭介さんの映画レビュー・感想・評価

恭介

恭介

洋画の字幕派
雑食でジャンルは選びません。
基本、B級路線や弾けた内容の映画を
愛してます。

しかし、その反動でメッセージ性が
強いドラマや、実話路線が無性に
観たくなり、バランスを取ってる
みたいです。

観る前の期待値を超えたかどうかで
評価がかなり変わります。
平均値は3.3。

フォロー、コメント大歓迎です。必ずフォローバックしますのでよろしくです(^ ^)

映画(266)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

スコーピオン(2001年製作の映画)

3.3

懐かしトンデモアクション映画14

むかーし、あ、コレ観てみたいと思ったがいつの間にか記憶の彼方に飛んでしまってた作品。
たまたま見つけて即、鑑賞。
因みに今回が初見です。

カート・ラッセル、ケビン
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

予告からホラーのイメージが強かったので
劇場で観ようかどうか迷ってたけど、エミリー・ブラント主演なのと、たまたま時間が空いたので初日に鑑賞。
しかし、IT/イットと比べるような予告はよくないぞ(笑)
>>続きを読む

アビス(1989年製作の映画)

3.8

懐かしトンデモアクション映画13

アクションではないけどキャメロン作品の中では飛び抜けてトンデモ作品(笑)

本作は劇場公開版とキャメロンこだわりの完全版の二種類が存在する。約30分長い170分完全
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

3.7

懐かしトンデモアクション映画12

バレリアンを観た時に、フィフス・エレメントを超えたトンデモ映画(褒め言葉)と思ったが、今回ひっっっさしぶり!に鑑賞してみたら、本作の方がやはり上だった(笑)さすが中
>>続きを読む

ザ・ロック(1996年製作の映画)

3.8

懐かしトンデモアクション映画11

ほんと久しぶりに鑑賞。気持ちいいぐらい勢いと力技で突っ走る王道中の王道なアクションムービー。この作品もいろんな意味でジャンルを確立した作品。

まず、アクションジャ
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.8

いやーこれは評価が分かれてるのも
無理はないと思った(笑)

昨年で銀幕デビュー30周年を迎えたプレデター。シュワ主演の第1作目で私達の前に現れた彼は擬態能力とハイテク武器、そして忍者のような動きをみ
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.4

観たかった作品で地元で上映してるとは知らず、気がついた時には昨日が最終日(笑)滑り込みセーフで鑑賞。

雰囲気的にはスリービルボードのような、あぁまだまだ終わって欲しくない、この映画に浸っていたいと思
>>続きを読む

エグゼクティブ・デシジョン(1996年製作の映画)

3.9

懐かしトンデモアクション映画⑩

これは観てない方にはオススメしたい作品。
なかなかのトンデモ設定なんだが、ここまで緊張感を出してくれたら没頭できるので全く気にならない。
沈黙の戦艦が海のダイ・ハード
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.3

まだまだ未知の領域が残る深海。
空気がある陸に比べ、そうそう簡単に行く事が出来ない世界なので、まだ見ぬ生物に出会う可能性は充分にある。

存在は知っているが滅多に見られない生き物に出会っただけでもワク
>>続きを読む

沈黙の戦艦(1992年製作の映画)

3.0

懐かしトンデモアクション映画⑨

当時、かわぐちかいじさんが描いた渾身の潜水艦漫画「沈黙の艦隊」が大ヒットしており、自分も単行本は必ず買うほど愛読していた。思想的にはかなりぶっ飛んだ感じだか、妙に説得
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

ピクサーのアニメは第1作目のバグズ・ライフから劇場に足を運んでた。

しかし自分の偏った趣向のおかげで、最近は全て自宅鑑賞。
だって字幕で公開してる劇場がないんだよーっ(´Д` )
モンスターズインク
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

台風前に行ったからか、IMAXのデカイ劇場で3人とか贅沢な鑑賞(笑)

マーベルの中ではスパイダーマン以上に、シリーズのなかでも独立性が高く、非常にミニマムな世界観で活躍するヒーロー、アントマン。サノ
>>続きを読む

クリフハンガー(1993年製作の映画)

3.7

懐かしトンデモアクション映画⑧

記念すべきスタローン完全復活作品!

ロッキー4でラングレンと死闘を繰り広げた為にパンチドランカー状態になってしまったのか、それ以降の迷走ぶりがいたたまれなかった我ら
>>続きを読む

レッド プラネット(2000年製作の映画)

3.5

懐かしトンデモアクション映画⑦

なんなんやろ?この映画。
何故か
な・ぜ・かっ
自分でも分からんけど、この作品は
自分にとって中毒性のある映画(笑)

2年おきぐらいに必ず観たくなってしまう
不思議
>>続きを読む

ザ・コア(2003年製作の映画)

3.3

懐かしトンデモアクション映画⑥

いいですよね!こういう奇想天外で夢のある物語は( ̄▽ ̄)

宇宙はもう語り尽くされた!深海は製作に金がかかる!ならば誰も見た事のない地中に行こう!というシンプルかつス
>>続きを読む

ツイスター(1996年製作の映画)

3.3

懐かしトンデモアクション映画⑤

ヤン・デ・ボン
デ・ヤン・ボンでもなく
ボン・デ・ヤンでもない、一度聞いたら
忘れられないヤン・デ・ボン監督第2作目。1作目はもちろん、みんな大好き
スピードだ。
>>続きを読む

ラスト・アクション・ヒーロー(1993年製作の映画)

3.3

懐かしトンデモアクション映画④

これはいろんな意味で記念碑的で
まさにトンデモにふさわしい作品。
久しぶりに鑑賞。

当時絶頂期を迎えていたシュワ。
同じくシュワとはプレデターでコンビを組み、ダイ・
>>続きを読む

U-571(2000年製作の映画)

3.5

懐かしトンデモアクション映画③

トンデモって事はない(笑)
潜水艦映画は面白い作品が多い。
何故だろう?

レッド・オクトーバーを追え!
Uボート
K-19
クリムゾン・タイド
そして本作のU-57
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.3

観たかった作品で、かなり遅れて地元のシネコンにきてくれた。いや、期待通りの
作品で満足。

難解そうだがストーリー的には至ってシンプル。元海兵隊、元FBI潜入捜査官の経歴をもち、今は訳ありの人探しをし
>>続きを読む

ハイランダー/悪魔の戦士(1986年製作の映画)

3.3

懐かしトンデモアクション映画②

すでにカルトの域に達している感がある
ソードバトルアクション。

首を切られる以外は何をされても死なない 人々。出会えば何故か剣で決闘をし、相手の首を跳ねるまで戦う。
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

なぁトム。次のミッションなんだけど
どんなスタントがやりたい?

んーそうだなぁ・・・
あ、ヘイロージャンプ!あれ1回やってみたかったんだよねーっ!ヤバくね?アレ。
確実に漏らすよ俺(笑)
あとね?こ
>>続きを読む

ブルーサンダー(1983年製作の映画)

3.5

懐かしトンデモアクション映画①

青い稲妻・・
そう、あいつはブルーサンダー
奴が12機あれば全米を制圧できる
(ロイ・シャイダー談)

なんておおらかな時代だったんだろ
ロスの街中で本物のヘリを飛ば
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.3

夏と言えばカレーだね!と同じぐらい

夏と言えばジャック!
サマーと言えばパイレーツ!
猛暑と言えばカリビアン!

てな訳で、今更感がハンパないですが
やっと観たシリーズ第5弾の最後の海賊。

パイレ
>>続きを読む

ガーディアンズ(2017年製作の映画)

3.0

もうね?なんでしょう、この
私達映画ファンの器の広さを試すような
作りは(笑)
まるであなたは真の映画ファンですか?を問うリトマス試験紙のような作品(笑)
ロシア映画恐るべし!ですよ。

ま、そんな大
>>続きを読む

ロボコップ2(1990年製作の映画)

3.0

いまさらロボコップ!しかもパート2!
何故、今見直したのか?
それはこの作品の存在価値が消されてしまうかもしれないからだ。

今更感が漂うこのご時世に、ロボコップ第1作目の正当な?続編となる「ロボコッ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8

第二弾の良いところは、メインとなる登場人物や物語の軸となる設定の紹介がいらないところ。だからオープニングからダッシュでスタートが切れる。


以下、盛大なネタバレあり。



いきなりモササウルスとT
>>続きを読む

アンチヴァイラル(2012年製作の映画)

3.0

さすがクローネンバーグの息子(笑)

初期の頃のクローネンバーグ作品を現代にアップデートしたような作風はお父さんからの影響なんだろうなぁ。

シーバースとかビデオドローム的なビジュアルが少し感じられて
>>続きを読む

ブリムストーン(2016年製作の映画)

3.1

いやー重い。
なかなかのヘビィ級。

色んな意味があるみたいだけど、本作ではブリムストーン=灼熱地獄、的な感じ?
ちょっとあからさま過ぎるけど劇中、娼婦の館の店名がインフェルノって意味ありげに付いてい
>>続きを読む

マーシャル 法廷を変えた男(2017年製作の映画)

3.8

定期的に観たくなる実話モノ。しかも好物の法廷劇で、主演は宇宙最強の敵サノスと闘っている真っ最中の黒豹国王C.ボーズマン。

その彼が演じるのは後に、アフリカ系アメリカ人として史上初の合衆国最高裁判所判
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.3

韓国ムービーのお家芸である、有無を言わせぬ怒涛の勢いで突っ走るアクション映画。

新感染を観た時にも思ったが、この手の作品を生み出せる土壌と力技を持ち合わせている韓国映画界が素直に羨ましい。

もちろ
>>続きを読む

パピヨン(1973年製作の映画)

4.3

チャーリー・ハナム主演でまさかのリメイクが公開されると聞いて、何年ぶりかに再鑑賞。ベン・ハーのリメイクと同じぐらい驚いた。

いや、45年前の作品という年月を全く感じさせない傑作というのを再認識。
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.8

新スター・ウォーズフェスティバル
第4弾。マニアではないが帝国の逆襲からずっと劇場で観ているのでそれなりに思い入れはある方だ。

帝国の逆襲の頃は小さかったから、ストーリー云々よりスノーウォーカーがカ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.1

ようやく鑑賞。劇場で見逃してかなり後悔した作品。

年に数本、出会えるかどうかの
鑑賞中まだまだ終わって欲しくないと思わせてくれる映画。

最近では、マンチェスター・バイ・ザ・シーとかノクターナル・ア
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

4.0

実話を基にした法廷劇。スピルバーグ監督も支援してたようだが、勉強不足で知らなかった。教えてくれてありがとう、映画。

アメリカのホロコースト研究家の女性、リップシュタットはホロコースト否定論者であるア
>>続きを読む

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

3.2

良くも悪くもヨーロッパコープ印、と言うかベッソン印のアクション映画。

一連のリーアム・ニーソン主演作をはじめ、ほんと可もなく不可も無く、無難な作品を量産しているベッソン。
そう言うと聞こえはいいが、
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.3

好物なんですよ、こういうある程度のバジェットを掛けた大作風トンデモムービーは。

しかも監督は一時期、エメリッヒと黄金時代を築いたデヴリン君だ。
パニックディザスタームービーと言えばこの2人!とまで定
>>続きを読む

>|