恭介さんの映画レビュー・感想・評価

恭介

恭介

映画(391)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(2022年製作の映画)

3.9

内容的に

ストレンジ&ウィッチ
怒りのマルチバース

みたいな感じかな?

スパイダーマンではちょっと
コメディリリーフ的な存在感を発揮
してたストレンジ。

スパイダーマンと一緒にしでかした事は
>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

3.8

もちろんリアルタイムで観てないが
夕方の再放送から初代とセブンのマニアの
自分としては色んな意味で待ちわびた作品。

怪獣百科とかウルトラマン関連の
書籍は殆ど持っていた。

ま、ゴジラと違ってこれは
>>続きを読む

アーミー・オブ・ザ・デッド(2021年製作の映画)

3.8

ザック・スナイダー監督も
先日観た6アンダーグラウンドの
マイケル・ベイ監督と同様
独特な映像表現を確立しており

本編の至る所にザック印が刻印されて
いる。この印鑑を持ってる監督の
作品からは個性と
>>続きを読む

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

3.8

ベイやんっ!

すげえイキイキしてるじゃんっ笑

いやもう水を得た魚とは
本作のベイやんの為にある言葉だ。

多分ネトフリの偉いさんは
本作を依頼するにあたり
著名監督の名前が欲しかったから

もうア
>>続きを読む

THE BATMAN-ザ・バットマンー(2022年製作の映画)

4.2

DCお得意の突然変異的作品。

ジョーカーの世界観を引き継いだかの
ようなリアリズムコミックムービーの
決定打。

ティム・バートンから
ノーラン、そしてマット・リーブスと
コミックの荒唐無稽な装飾を
>>続きを読む

モンタナの目撃者(2021年製作の映画)

3.5

うん、確かに2人でやる
仕事じゃなかったかな(笑)

ボーダーラインの脚本で注目を浴び
初監督作のウィンド・リバーで
監督の手腕をも披露した
テイラー・シェリダンの2作目。

原作は未読だけど
山火事
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット(2021年製作の映画)

4.0

ザックが本作の製作途中でまさかの
DCユニバースから撤退を表明。

ザックと製作を担当している奥さんの
身に起こった余りにも悲しい出来事。

そしてまさかまさかのライバルである
マーベルユニバースから
>>続きを読む

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

3.5

だ・・・

ダメだった(笑)
今回は合わなかったっ

いや、前作のアイスブレイクの時も
何か引っかかるものはあった。
毎回細かいトコは気にしちゃダメなのは
重々承知してるんだけど・・

細かい点じゃな
>>続きを読む

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.8

とうとう・・・

ついに・・・

ようやく・・

サブスク解禁してしまった・・(笑)

全くその気じゃなかったのに
携帯会社からタイミングよく
サブスクと提携したお得なプランの
案内がきて。

え?お
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

3.8

またしてもDCとワーナーの
節操のなさが功を奏した悪党集団の
続編?リプート?新機軸?作品。

デヴィッド・エアー版は万人受けを
狙って興行収入を気にし過ぎたあまり
エアーの良さも、キャラクターの良さ
>>続きを読む

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.6

オリジナルは未見
前情報なしで鑑賞。

これまたなんとも・・形容し難い(笑)

アクションでもなし
サスペンスでもなし
ドラマでもなし

舐めちゃいけない親父No1の生物兵器
リーサル・ニーソン主演だ
>>続きを読む

gerry ジェリー(2002年製作の映画)

2.0

あの名作、グッドウィル・ハンティング
のガス・ヴァン・サント監督と
マット・デイモンが再び組んだ作品。

マットはオーシャンズ11の後、
ボーン・アイデンティティの前の
まだまだ若かりし頃の作品。
>>続きを読む

ダ・ヴィンチは誰に微笑む(2021年製作の映画)

3.7

1枚の絵が約510億円。

しかも真偽が定かでない絵に。

そんな価値が跳ね上がる物は
美術品ぐらい。

なんかバブルの時代でも
よくこの手の話は出ましたよね。
ジャパンマネーが世界中の美術品を
金に
>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

4.2

いやぁぁぁぁぁぁぁー・・・





参りましたっ

SONYとmarvel
恐るべしっ
アヴィ・アラッドありがとうっ(笑)

一切の情報をシャットアウトして
観に行った甲斐があった。

まだ未見の方
>>続きを読む

オーガストウォーズ(2012年製作の映画)

3.0

何かの作品の中で流れてた予告編を
観て、ロシア映画の底力を感じたので
借りてきた。
ちゃんと観てた訳じゃなく流し見して
たから映像のインパクトしか記憶になく

もちろん実話をベースにした映画
なんて知
>>続きを読む

エベレスト3D(2015年製作の映画)

3.8

全ての決定権は山が握っている。



もうねぇー

寒いのが大の苦手なんですよ。
だからこの時期、手足の指なんかもう
カンカンに冷えちゃって

風呂に入ろうものなら、足の指先が
ダチョウ倶楽部もびっく
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.3

名作と言われる作品や
途方も無い興行収入をあげる作品は
映画産業の流れをも変えてしまう。

その作品が属するジャンルの中で
流行り、の主流となり数多くの
模倣作品が乱発され、一時代を
築いてしまうほど
>>続きを読む

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

3.9

思い起こせば

2018年の劇場鑑賞一本目は
キングスマン ゴールデンサークル
だった。

あれから4年・・2022年。
今年の一本目の劇場鑑賞は
キングスマン ファーストエージェント!

・・・あ、
>>続きを読む

ブギーナイツ(1997年製作の映画)

4.0

皆さま明けましておめでとうございます!
2022年もいい映画に出会えます
ように!

新年一発目の作品はブギーナイツ!
時間配分を間違えて年跨ぎに
なったけど(笑)

新しい年を迎えるにあたって
色ん
>>続きを読む

レッド・オクトーバーを追え!(1990年製作の映画)

3.9

潜水艦って

誰が考えて建造したんだろ?

見えないんですよ?前が。
昔なんか耳だけで操舵してたんですよ?
工具落としただけで敵に感づかれる
とか、どんだけ静かにしてなきゃ
なんないの?

でね、鉄の
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.2

もう、なんかねー

イヤになるぐらい
いいトコだらけの映画なんですよ(笑)

いいトコ挙げだしたらキリがない
ぐらいドラマとしては最高の映画。

人種差別による、いや〜な気分になる
シーンはいっぱいあ
>>続きを読む

マネーボール(2011年製作の映画)

3.9

野球を知らないから面白さが
分からないかも、ってだけで
見逃してたら勿体ない映画。

日本の野球界以上にアメリカの
メジャーリーグは過酷で残酷だ。

残酷って言葉は適切ではないなー。
超実力主義?かな
>>続きを読む

プレデターズ(2010年製作の映画)

3.6

プレデターって

かなり日本人の武士道に通ずる
キャラクターな気がする。

とにかく強くなりたいが為に
強い奴と戦いたいが為に
あらゆる星に修行の旅に出ている
イメージがある。

擬態で身を隠すのも忍
>>続きを読む

パッション(2004年製作の映画)

3.5

このパッション。

2004年の全米年間興行ランキングで
第3位。約3億7千万ドルの興行収入。

因みに2位はサム・ライミの
スパイダーマン2で差は僅差。

因みに1位はシュレック2(笑)
4億ドル以
>>続きを読む

ディセント(2005年製作の映画)

3.5

ディセント
下降、堕落、血筋とか

洞窟に降下とか
地底人の血筋とかに掛けてるのかな?

あ、地底人って言っちゃった(笑)

そうっ!この映画は
若いのかアラサーなのか微妙な
お年頃の女の子6人が洞窟
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

4.0

つい最近、ドント・ルック・アップの
ディカプリオを観たもんだから・・

ディカプリオ若っ(笑)

まさにレオ様(ハート)な男前ぶり
だけど終始、眉間にシワを寄せた
苦悩ぶりが更にハートを鷲掴みに
され
>>続きを読む

マトリックス レザレクションズ(2021年製作の映画)

3.7

だ・か・ら、キアヌさーんっ

マトリックスより
コンスタンティンの続編を・・(笑)

って事で、世界最速公開の初日に
行ってきましたよ、アンダーソン君っ

とりあえず、一見さん完全拒否の
会員制老舗料
>>続きを読む

イベント・ホライゾン(1997年製作の映画)

3.3

まだバイオハザード以前でミラと
仲良し夫婦コンビを組む前の
ポール監督が放ったSFホラー。

今やちょっとしたカルト作品だ。

公開当時としてはかなり尖った内容の
ホラーで、なんだかんだと数年おきには
>>続きを読む

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

4.3

ネタバレなしっ

はぁーいやぁー

年の瀬に良い映画に出会えた。
まだマトリックスとキングスマンが
控えてるけど、暫定2021年No1だ(笑)

やっぱ小まめに劇場の情報は
仕入れておくべきだねー。
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

4.2

タラちゃんにすれば珍しく時系列を
いじらずストレートにストーリーが
進行する西部劇。

相変わらず自分の好きな要素や
好きな映画、俳優さんをブッ込んで
一見、闇鍋のような話に見せかけて
きっちりコース
>>続きを読む

地獄の変異(2005年製作の映画)

3.4

・・・・

地獄の・・

地獄の・・変異?へんい?


もう完全に開き直って邦題つけた感
145パーセントなタイトル。

しかし、その目論見通り
釣りタイトルに引っかかる俺みたいな
奴もいてる(笑)
>>続きを読む

ピッチブラック(2000年製作の映画)

3.8

我らがディーゼル兄貴の出世作にして
初の当たり役を得た作品

ピッチ・ブラック=めっちゃ暗闇
・・・多分、そんな意味(笑)

この作品に出てくるキャラクターが
リディックだ。
そう、本作はリディックの
>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

3.8

いやぁー初見の時はツボったなぁ。

ホラー映画の定説、というか
お約束的な流れの本流って
やっぱり13日の金曜日なんだなぁと
本作を観て改めて思った。

そう言う意味に於いてはホラー映画と言う
ジャン
>>続きを読む

スターゲイト(1994年製作の映画)

3.3

ユニバーサルソルジャーの
スマッシュヒットで勢いにのる
エメリッヒ監督と盟友デブリン君のゴールデンタッグが放つメジャー第2弾!

次作のコンビ決定打で、エメリッヒが
破壊王の称号を手に入れた
インディ
>>続きを読む

ランボー(1982年製作の映画)

3.8

ランボー・・

ビデオスルー作品で
ランボー者、なんて便乗タイトルが
出るぐらいインパクトあるタイトル。

このランボー
ある意味、映画界に於いて結構
重要な作品なのである。

まず、当時ロッキー以外
>>続きを読む

ハプニング(2008年製作の映画)

3.7

サイン、レディ・イン・ザ・ウォーター
ときてハプニング。
ちょっと待てっ、個人的に
シャマランブーム到来か?(笑)

数年に一度のシャマランブーム

なーんだかねー。やっぱ彼の作品は
クセになる魅力が
>>続きを読む

>|