レイチェルさんの映画レビュー・感想・評価

レイチェル

レイチェル

映画(48)
ドラマ(0)

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

3.8

素晴らしい!不条理な世界ですよね、で終わらせない。きっちりまとめて繋がった。脚本の妙かな。人はみな、当たり前すぎることって確認しないって事。多分これは低予算映画、お金をかけなくてもここまで面白くできる>>続きを読む

ジャック・サマースビー(1993年製作の映画)

4.3

南部の大地主である夫のジャックサマースビー(リチャードギア)が南北戦争から6年振りに帰還。別人の様に優しく人道的。違和感を感じながら妻ジョディフォスターは夫と共に町を立て直す事に尽力するが…彼を偽物邪>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

2.8

いい雰囲気になったところで「また明日来て」と帰されたが彼女は失踪。オタク青年アンドリューガーフィールドは独自に調べて彼女を探すが…
世界は様々な陰謀で溢れているという考え方が大好きなアンドリューが深み
>>続きを読む

シェルタリング・スカイ(1990年製作の映画)

3.8

結婚10年目の危機かな、作曲家と作家の夫婦がパーティーのホスト役の男性と戦後すぐ北アフリカに旅行。妻はこの男性と夫は現地の女性と関係してしまうが… それで夫婦が微妙な空気になるがアフリカという土地>>続きを読む

レスラー(2008年製作の映画)

4.0

鬱映画の巨匠(褒めてます)ダーレンアロノフスキーの傑作を初見。ミッキーロークがピークを過ぎて早20年のプロレスラー、髪を染め、日サロで焼き、痛み止めを打ち、試合に臨む。試合前に対戦相手と打ち合わせをす>>続きを読む

ネコのミヌース(2001年製作の映画)

3.6

引っ込み思案でインタビューが苦手な新聞記者のティベ。そもそも仕事選びを間違えたね。ひょんなことから人間の娘に変身したネコのミヌースちゃんと同居。ネコのネットワークのお陰で特ダネゲット、そして…
ミヌー
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.0

バーで喧嘩を売られたかと思いきや一緒に写真いいですか?と大人気のアクアマン。ジェイソンモモアがカッコ良すぎる。海の王国アトランティスの王女と地上の灯台守の男との間に生まれたハーフ、アクアマン。アトラン>>続きを読む

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと(2008年製作の映画)

3.8

ジェニファーアニストン目当てで観ました。夫のオーウェンウィルソンもすごく良い味出していましたが個人的にはエリックデインがタイプなのでチャラい脇役でも嬉しいです、なんて言っていられないくらいマーリーの演>>続きを読む

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

3.5

「七人の侍を観たことは?あれこそ俺が目指すものだ」とブラッドリークーパー。俺様キャラ炸裂のブラッドリークーパーが天才シェフ。あんなに怒鳴ったら料理にDNAが飛びますね。空腹を満たす料理でなく味わう料理>>続きを読む

ナチョ・リブレ 覆面の神様(2006年製作の映画)

3.3

今夜、僕の部屋で一緒にトーストかじりませんか?という誘いは初めて聞きました… ジャックブラックが修道院の食事係。子供達に良い食事をとの思いで賞金目当ての覆面プロレスラーになる話。ギャグ漫画みたいに笑っ>>続きを読む

サンタクロースになった少年(2007年製作の映画)

3.8

サンタクロースだって初めからおじいちゃんではなかった、子どもの頃の物語から始まります。最高に素敵なクリスマス映画でした。イーサッキ、いつしか固く閉ざした心を開いてニコラスと本当の親子みたいに…泣けます>>続きを読む

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

3.8

クリストファーウォーケンが重鎮で登場して嬉しい。フォーシーズンズの事はあまり知らないけど凄く面白かった。内輪揉めが多くてハラハラ。トミーがクズすぎてイライラ。「シェリー」ができて売れ出した辺りでまずワ>>続きを読む

ティム・バートンのコープスブライド(2005年製作の映画)

4.0

ティムバートン監督のストップモーションアニメ、ジョニデが声優で最高すぎる。親同士の決めた結婚で落ちぶれ貴族の娘と婚約した成金魚屋の息子。鈍臭くて結婚のリハーサルで誓いの言葉が言えない。森で練習している>>続きを読む

ヒア アフター(2010年製作の映画)

3.8

久しぶりのイーストウッド監督は悲しみの後の再生を描いた感動の物語。3つの異なる話がいつしか繋がり希望が生まれるのがとても素晴らしかった。津波の被害者で死後の世界を垣間見たニュースキャスターの女性。幼い>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.5

映画を観る時まず音楽に心を奪われる事が多いです。「ロッキー」や「未知との遭遇」の様に超有名な音楽が多数紹介されていました。「ピンクパンサー」や「007」など古い映画音楽は特に素晴らしい!映画音楽にルー>>続きを読む

ドリーマーズ(2003年製作の映画)

4.0

仲良しというレベルを遥かに超えた男女の美しい一卵性双生児が大学で映画オタクの美しい青年と出会い両親が留守の間に三人で昼も夜もない生活を送る物語。「これは何の映画?」とジェスチャークイズに答えられないと>>続きを読む

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

4.5

3時間の長編の最初1時間はたっぷりと出征前の幸せな時間。仲間の一人が結婚、お酒飲んで騒いだり鹿狩りに行ったり。しかし不安は隠せない、紳士で勇敢なデニーロが全裸で走るシーンが悲しい。ベトナムではいきなり>>続きを読む

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.0

ジャケの可愛い雰囲気に騙されてうっかり家族団欒なんかに観たら大火傷ですから要注意。エンジェルは母親にしか見えない息子。母親の妊娠の経緯は不明。それだけならまだ分かるけどエンジェルを感覚で捉えてしまう盲>>続きを読む

ときめきに死す(1984年製作の映画)

3.0

タイトルに惹かれて久しぶりの邦画。不思議な人達だらけだった。高い報酬で男の世話を頼まれた自称歌舞伎町の元医師杉浦直樹、謎の男沢田研二、派遣された女樋口可南子、3人の奇妙な生活。ジュリーは鍛え方が不思議>>続きを読む

母は誰でも女である(2014年製作の映画)

3.6

母と娘って女同士の特別な感情があって、すごく好きなんだけどすごく嫌いだったり複雑でめんどくさい。母親であってもなくても全ての女の人が色々感じる作品だと思いました。どちらかに共感、あるいは共感できない、>>続きを読む

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.6

面白かった!殺されたエージェントの脳を移植された男の話。ケヴィンコスナーが感情を持たない極悪非道な犯罪者だけどエージェントの記憶がどんどん蘇り…
ラストまでハラハラドキドキの展開。ストーリーもオチもわ
>>続きを読む

ラブ&ドラッグ(2010年製作の映画)

3.9

コメディというより純愛物だった。彼にチャラ男でいて欲しい訳が切ない。病人に情けをかけてる、なんて酷い言葉で爆発したあたりから苦しくてたまらない。本当にそんな気持ちが微塵もないと言えるのかと疑ってしまう>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

3.8

そろそろクリスマス映画を。ベネ様も捨てがたいけど吹替で大泉洋グリンチを鑑賞。「今日はしばれるね」って北海道弁でしょ笑。シンディールーの「みんなが大事な物はあたしも大事だから」って素敵すぎる。全部が全部>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.8

プランB制作とのこと社会派ですねブラピ。父親の視点、息子の視点、それぞれが書いた本が原作の実話ということを美しいジャケで表現。ティモシーシャラメが本当にビューティフルボーイで顔を見ているとストーリーが>>続きを読む

セックス・アンド・ザ・シティ2(2010年製作の映画)

3.5

アブダビへの超豪華な旅行を観るだけで大満足。サラジェシカパーカーのファッションが大好きで前作もドラマも全部鑑賞済み。今作も全シーンお洒落で楽しい。大人になってからこんなに仲良しの友人がいたら最高。結婚>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.8

内覧に来る人達が失礼すぎてイラッとしました。…エレベーター無しのアパートの5階に住むモーガンフリーマンとダイアンキートン夫妻は、流石に階段がキツいので引越しを考えて40年住んだ眺めの良い部屋を売ろうと>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

4.0

誰が二重スパイなのか。当ててみたいと思いながらかなり慎重に鑑賞。考えられる予想としては大抵の場合一番あり得ない人がそうなんだけどその場合その動機が重要で、様々な可能性がある。と、ごちゃごちゃ考えたが初>>続きを読む

ダーク・ブラッド(2012年製作の映画)

4.0

リヴァーフェニックスの遺作を鑑賞。ダークブラッドとは"血の濁り"かな。妻を亡くして砂漠で世界の終わりをひたすら待っているリヴァー。そこへ車の故障で1組の夫婦が現れ… この後亡くなるの?リヴァー、って>>続きを読む

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分(2013年製作の映画)

3.2

トムハーディのひとり芝居、車を運転しながらいろんな人と会話するうちに状況がわかってくる。彼の行動は責任感に基づいているかに見えるけど沢山の人を不幸にしてる。たった一度のことで全てが覆る、多分その時は軽>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.0

不眠症のエドワードノートンは沈黙と忘却と暗黒の世界へと堕ちていく…以前観た時とは全く違う印象。人生の残り時間を意識する。北欧家具とかブランドの服とかモノを全て失った時、人は自由になれるのかな。ブラピは>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.2

久しぶりに鑑賞。異世界は神々のリゾート施設だった。センは随所で礼儀を学び処世術を学ぶ。ハクがとてもカッコよくてアニメなのにうっとりする。助け方が二枚目すぎる。ハクのおにぎり食べたい。小さな頃も秘かに助>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.0

すごい、これは長尺の映画が苦手な私がすっかり引き込まれてあのラストにやられてしまいました。途中まで誰も救われない悲劇だと思ってしまうけどジェイクギレンホールが大活躍。ヒュージャックマンの勇み足ブチ切れ>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

4.0

ドアーズの「The End」で始まる今作。地獄の戦場で常軌を逸した将校マーロンブランドを抹殺する任務を受けたマーティンシーンは単独で戦地へ。合流した部隊の隊長の狂気を目の当たりにして任務に疑問を持ち始>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.3

必ず歩いて来るんですね。誰かに移すには、あの手を使うしかないのですね。恐ろしいアレは自分にしか見えないのですね。という設定は面白いけどちょっとダレました。これもゾンビ映画なのかな。色んなゾンビがいたけ>>続きを読む

西の魔女が死んだ(2008年製作の映画)

4.0

梨木香歩の原作が大好きです。今作はそのイメージを保って素敵に映像化されていました。中学入学後間もなく登校拒否になったマイはイギリス人の祖母の家で1カ月ほど過ごす事に。祖母の祖母は魔女でした。そういう家>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

4.0

たった1日の出来事なんですね。大好きすぎるアニメ映画。主役二匹の友情も良いけれど一番好きなのはウサギが陥落するところ。強がってワルぶっていても結局は愛されたいのね。ウサギが愛おしくてたまらない。きっと>>続きを読む

>|