masakuroyさんの映画レビュー・感想・評価

masakuroy

masakuroy

登場人物が3、4人しか出てこない静かな映画が好きです。 傷ついて打ちひしがれた人が再生していく映画が好きです。

映画(16)
ドラマ(0)

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.5

臼田あさみが超絶いい女でした。

甘酸っぱく、ほろ苦い青春の残り香がほのかに漂ってくる、ホットレモネードのような優しい映画です。

ブログで感想書いてます。

http://masakuroy.com
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.6

マナーが人を作るんだ。 アゲイン

マーリン最高

ブログで感想書いてます


http://masakuroy.com/archives/3446

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.8

作中に出てくるダニエルの履歴書に「権力には媚びないが、隣人には手を貸す」という一節があるんですが、ダニエルの性格を表していてとても好きです。・・・

私もダニエルみたいに生きられたらいいなと思いました
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

-

世界観が半端ない映画だった。

独特な気味の悪さ。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

どんな人間にも裏表がある。
深い。

こういうさびれたアメリカの閉鎖的な街を舞台にした映画大好き。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.4

これから何度も繰り返し見るであろう、人生の友となるような一作。

ブログで感想書いてます。

http://masakuroy.com/archives/2529

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

-

神木隆之介さんって本当に素晴らしい役者さんですね。

俳優さんの熱演が光る映画。

倉科カナさんのお姉さんが好き。

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

-

原作漫画は読んでないんだけど、素晴らしい映画だった。

人のあたたかさとか、登場人物の将棋へのひたむきさに胸が熱くなった。

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.8

西川美和監督の映画の余白が本当に好き。
過剰な演出が全くなく自然なのがいい。
もっくん、竹原ピストルさん、子供たちの演技も素晴らしかった。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.9

この映画は二人の人間の心が通じ合う様を誠実に、真摯に描いた傑作だ。

実際、この物語は男女でも成立するし、たまたま恋に落ちた相手が男だったというだけなのだ。

男同士のまぁまぁ過激な場面があるので「エ
>>続きを読む