jfr6422さんの映画レビュー・感想・評価

jfr6422

jfr6422

映画(1195)
ドラマ(0)
アニメ(0)

初恋のきた道(1999年製作の映画)

3.8

すごく素敵なお話し。村にやってきた教師に恋する少女。彼女のピュアで健気でひたすら真っ直ぐな恋心に、観ていてじわーっと温かい気持ちになる。台詞も少なめで、深い雪の田舎という背景がまたいい。チャン・ツィイ>>続きを読む

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(2023年製作の映画)

4.0

いいね!これは楽しい!ファミコン世代でも十分楽しめました!ちゃあんとゲームの世界がそのまま忠実に表現されているし、ストーリーの中にゲーム中の要素がたくさん散りばめられている。観ていて懐かしかったし、ゲ>>続きを読む

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

3.4

同じホテルを利用する3組。淡々と描かれてるんだけど、何か雰囲気あるんだよなぁ。フロントの二人の存在がいいよね。

Yello(2020年製作の映画)

3.2

新型コロナウイルスが中国から発症したと言われていることからの、アジア系の人種差別。見えないものへの不安が、差別を生み出してしまう怖さと人間の弱さ。でも、それでも、挨拶と笑顔で人は歩み寄れると信じたい。

ロビン・フッド(1991年製作の映画)

3.2

悪と闘い姫を救う、あるある的ストーリー。私はモーガン・フリーマン派。

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

3.6

ドキュメンタリー。服飾アートの世界観、壮大でカッコよく美しい。そのためには厳しい対応も否めないプロの世界。引き込まれる。
生で見たかったなぁ。

トリコロール/青の愛(1993年製作の映画)

3.4

難しかったなぁ。でも何となく引かれる。彼女の心の動き、強い女性であり、反面弱いところも描かれる。ちゃんと理解はできなかったけど、本能的に彼女に共感していた。

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

3.7

イタリアで実際に起きた詐欺事件と、無垢で聖人のようなラザロを主人公に置いたことで、なんとも不思議な世界観になっているね。解説を読むことをおすすめします。
まさに現代に甦った聖人、不思議と浄化されます。

かけがえのない人(2014年製作の映画)

3.5

愛し合っていても別々の道で歩んでいかなければならない…切ないけれど、そんな相手に出会えた二人はまさに運命。
一方で劣悪な家庭環境と父から逃れられないのもまた運命なのか…酷すぎるよ…

ロゼッタ(1999年製作の映画)

3.6

生きるため、何としても仕事につく。決して涙を見せないロゼッタ。淡々と彼女の行動を映し、余計な台詞も音楽もない。バイクの雑な音が印象的。貧困の過酷さの中で強く生きるしかない彼女のラストの嗚咽に、ようやく>>続きを読む

42〜世界を変えた男〜(2013年製作の映画)

3.8

凄いなぁ。凄いなんて言葉で片付けては失礼かもしれない。ジャッキーたちの受けてきた差別、とてつもない忍耐が必用だったはずの中、彼はプレーで証明したね!そして何よりリッキー氏の信念に敬服。相当な意志と強さ>>続きを読む

セイフ ヘイヴン(2013年製作の映画)

3.5

あぁ、よかった、ハラハラしたよ。ケイティには幸せになってほしい。

ワレサ 連帯の男(2013年製作の映画)

3.5

自由のために闘い続けた電気工ワレサ。リーダーとしての彼も凄いけど、何よりも、家族と彼を支え続けた奥さんに敬服。
ロックな音楽の使い方も良かったね。

イングリッシュ・ペイシェント(1996年製作の映画)

3.1

誰に焦点をあてて観てよいのか分からず…切ない恋愛回想録だけど、伝えたかったのはきっとそれだけではないはず。でも私にはそれが分からなかった。

地球の未来のために(2020年製作の映画)

3.6

耳が痛くとも発信し続けなければならないね。もっともっと放送するべきだと思った。

たまご少年の恋(2016年製作の映画)

3.8

素敵な発想のお話しだね。この世界観とても好きだなぁ。卵頭のオッド君、やったね!恋をして大成長だね!ふふふ

ペット2(2019年製作の映画)

3.3

きっと皆それぞれのペットと重ねながら観ていることでしょう。ペットたちが凄い力を持っているのはホントだよね。

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主(2013年製作の映画)

3.4

見たくもないものが見えてしまうのは大変。でもそれと闘う。分かりやすくてこれも悪くない。
ラスト…え、悲しい。。。

天国から来たチャンピオン(1978年製作の映画)

3.4

ジョーはイイ人だな。姿形は変わっても、運命の人とは繋がっていられるといいね。

大逆転(1983年製作の映画)

3.4

金持ちの道楽で人の人生をもてあそんではいけません。エディマーフィーの映画は明るくていいよね。

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.1

電流戦争。もっとエジソンの心境や彼自信をを深く掘り下げるストーリーを勝手にイメージしていたので、途中から誰が何が主役なのか、少し中途半端感があったかな。
ただ、発明と発展にこういった闘いがあったことは
>>続きを読む

恋をしましょう(1960年製作の映画)

2.9

傲慢な金持ちが、結局、金と権力で女性を口説くお話し。
マリリン・モンローはセクシーだけどまだ可愛さも残り素敵でした。

詩人の恋(2017年製作の映画)

3.6

ゲイとかそいういのじゃなくて…女とか男とかじゃなくて…この二人は純粋で…。
心の奥に抱える寂しさや苦しみ悲しみが、この二人の何とも言えない距離感や表情からすごく伝わってきて、とても切なかった。ただ側に
>>続きを読む

最初の晩餐(2019年製作の映画)

3.5

そうだね、考えてみると家族皆で食べた料理、それぞれにいろんな思い出があるね。何気なく当たり前に毎日一緒に囲んだ食卓、そこに家族の形があったんだよね。
じんわり染みる作品でした。

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

3.4

何はさておき、やはり音楽ね!誰もが知ってる曲が盛り沢山。ハチャメチャっぷりはドリフを思い出す。
さあ、ちゃんと納税しようね。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.3

これは…なんとも…難しい。どんな母親であっても子供にとっては唯一の母。だけど…。やはり難しい問題。

ハンサム★スーツ(2008年製作の映画)

3.4

嫌いじゃないです。分かりやすいメッセージで終始微笑ましく観られたよ。
小さな幸せ、たくさん見つけたいね。

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)

3.3

彼のやり過ぎな感はあったものの、それも全てが母への愛情。皆の優しさが伝わってきたね。
東西ドイツ統一後の具体的な生活環境も知れて良かった。

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.9

不思議な世界観だけど、なんか引き込まれてしまう。いいなぁ、これ。彼の真っ直ぐさとアナログなクマ、いわゆる"ダサい感じ"と"洗練された現代"とのアンマッチさがなぜかいい具合。悪役もなく皆イイ人、どこか懐>>続きを読む

カリートの道(1993年製作の映画)

3.4

裏社会から抜け出して新たな夢をつかめるのか…。もう誰も信じられないね…。ラストはずっとハラハラ。
何よりアルパチーノの色気に終始引き込まれてしまった。

グリーンランドー地球最後の2日間ー(2020年製作の映画)

3.0

地球規模の大災害、どこに逃げたとて意味がない気がするけれど…助かりたいと思うのが人の常か。。。自然災害、もちろん恐ろしいけれど、パニック時の人の本性の方が悲しいかな、たちが悪いね…

善き人のためのソナタ(2006年製作の映画)

3.8

この時代の背景、東西ドイツ統一までの難しく複雑な道のり、そして彼らの思いを考えると何とも言葉がでない。
そんな中、ラストの「感謝をこめて HGWに捧げる」この一言に救われた。全てがここに凝縮されている
>>続きを読む

不死身の保安官(1959年製作の映画)

3.7

ははは、これはいいね。マイペースというか、とぼけてるというか、恐れを知らぬというか…とにもかくにも知らず知らずのうちに皆彼のペースにハマってる。敵対する3組を死者を出さずに見事一人でまとめあげたね。単>>続きを読む

エヴァの告白(2013年製作の映画)

3.4

男の歪んだ愛と、強く粘り続けた女。異国の地、引き離された妹を救うために何としても金を稼ぎ生き抜く。彼女はとても強かったね。エヴァの目付きがどんどん強くなって凄みが増していく中、教会での告白時に見せた気>>続きを読む

>|