腕さんの映画レビュー・感想・評価

腕

映画(1654)
ドラマ(3)
アニメ(0)

監獄の首領(2016年製作の映画)

3.1

塀の中のハイパーヤバおじさん

途中から連ドラみたいな撮り方になってた

プラネット・オブ・ピッグ 豚の惑星(2019年製作の映画)

3.4

とんでもなく下品でどうしようもない感じの裏に潜むとんでもない意味を孕んだ『ような』作品

強めのおっぱいがいっぱい

スターフィッシュ(2018年製作の映画)

3.8

脳みその使ってない部分にじわっと入り込んでくるような感覚。
劇場で観なかった事を悔やむ

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

3.7

クレイジージャーニーの向こう側

サンリオピューロランドの真逆みたいなハイパーギガスラムで繰り返される抗争。
時代は変わっても人と街は変わらないのね。

金と暴力で全てを奪ってきたボスが相方の送別会で
>>続きを読む

偽りの隣人 ある諜報員の告白(2020年製作の映画)

3.3

隣の家から盗聴24時

諜報員と民主主義を掲げる次期大統領候補。
軍事国家下での顔の見えない柔らかい友情が心地よい。

パキッとしてるパートとだらけたパートのメリハリが効いてて面白い。
当時の政治事情
>>続きを読む

イン・アンド・アウト(2015年製作の映画)

3.0

ヤバヤバ屋敷に閉じ込められ

犯罪者集めて誘拐目論んだらえれぇ目に合うお話。

結構露骨なジョークを交えた変なホラー。
雰囲気もテンポも良くて結構期待したけど節々のおふざけにイマイチ刺さらず。
見たこ
>>続きを読む

無双の鉄拳(2018年製作の映画)

3.3

マドンソクが顔面グーパンで沈めていく

嫁拉致されて取り返すお話。
開幕5秒でクソゴリのマドンソクが出てきて既に相手が可哀想。

助っ人の2人の間抜けっぷりコメディも良い塩梅。
相手ボスのイカれた小物
>>続きを読む

虚栄の果て(2022年製作の映画)

3.0

特に何も起きないバクラウ

メキシコ西部のハンター一派の家に流れ者が来るお話。

閉鎖的な集落のいざこざがベースで聖書モチーフと思わしき演出がチラホラ。
終盤以外は派手な場面はないけど撮り方が抜群に上
>>続きを読む

ヘルホール ー悪霊館ー(2022年製作の映画)

3.1

めちゃくちゃ頑張って作ったで賞

イカサマ悪魔払い調査で潜入した修道院がやばかったお話。

展開自体は良くも悪くも王道。
ミイラ取りがミイラになる的なアレ。

ただ、演出?見せ方にかなり力入ってた。
>>続きを読む

オールドピープル(2022年製作の映画)

3.0

老いバイオ

老人を労われ若造が!!!!ってな感じで老人達が襲ってくるお話。

序盤の介護施設の心地悪さが不快指数MAXすぎる。
ギリ自我保ってる年寄りの『人間に近い何か』感が最高にキショい。

あま
>>続きを読む

ホテルレイク(2020年製作の映画)

2.4

面白かったけど何が面白かったか思い出せん

序盤はええ感じにゾクっとしたけどおばちゃん出てきてから萎え萎え。
もっと、こう!さァ!!!あるじゃん!!!!!こう、こういう!!!さぁ!!!!!!おい!!!
>>続きを読む

ヨコクソン(2018年製作の映画)

2.8

ゴリゴリ時代劇なのに急に暗視モードになってめっちゃ笑った。

バカバカ死ぬし意味不明な儀式もあるけどドラマ向けな気がした。
ホラー版の大奥

パピヨン(1973年製作の映画)

3.7

汗くっせぇオジさん大脱獄物語

「アドベンチャー」というか「脱獄」っていうジャンルっぽい感じ。
実話ベースの自伝小説が元だけあって、リアル。すげ〜〜〜リアル。
めちゃくちゃ捕まるし何年間も独房ぶち込ま
>>続きを読む

容疑者X 天才数学者のアリバイ(2012年製作の映画)

3.3

天才数学クンが一目惚れした人の罪に加担するお話

ピュアピュアすぎる数学クンがあの手この手で無実を証明していく。
さりげない伏線回収と無表情な数学クンの読めない思考にグッときた。

一目惚れした隣の人
>>続きを読む

降霊 KOUREI(1999年製作の映画)

3.2

撮り方めちゃくちゃ上手いし除霊師が哀川翔なのは絶対違う。お前は殺す側やろがい

ゾンビアーミー ~死者の軍隊~(2015年製作の映画)

2.0

完全POVにして、あと10分短くして、ゾンビじゃなかったら多分良くなる。
頑張って!!!!!!!!!!!!!

必ず捕まえる(2017年製作の映画)

3.2

枯れたオヤジ2人が連続殺人犯を追うお話

何だかんだで仲良くなる凸凹感が楽しい。
コメディしてるとこはちゃんと面白いし、死体はちゃんと腐って蛆這い回ったり生々しい傷とかちゃんと映してくれる。

意外性
>>続きを読む

ヘヴィメタル/ヘビー・メタル(1981年製作の映画)

3.7

一昔前の海外の童貞オタクの頭の中覗いてるみたいで最高!!!

オクトパス(2000年製作の映画)

2.0

潔いタイトルとは裏腹にそこまでガッツリ映らない。

カメラワークが良い感じで思ったより緊迫感あってワクワクした。
細々したツッコミ所はあるにしても見応えはしっかりあったと思う。
ラストあたりの盛り上が
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.5

人生を全クリした男のお話

羨ましい通り越してよく分からん感情になる。何これ

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.7

ずっと「いいねェ…イイねぇ…ウンウン…」って感じだった

Evaporation(原題)(2021年製作の映画)

3.3

ぐちょぐちょの何かがぐちょぐちょの何かに何かしてずっとぐちゃぐちゃしてる復讐モノ。

お手製たっぷりのゴアゴア感がたまらない。
「シナリオ?知るか!ゴア!ゴア!ゴア!」な人が作ったそういう人向けの作品
>>続きを読む

ザ・シスト/凶悪性新怪物(2020年製作の映画)

3.1

デキモノ切除機の特許取るで!←わかる
除去効果分かりやすくするためにデキモノ巨大化させるで!←??
除去出来たけど中からバケモン出てきて人を襲いまくる!!!←?????

整形外科の気狂い先生がバケモ
>>続きを読む

香港人肉厨房(1992年製作の映画)

3.0

骨が硬くて電ノコ買いに行くの良いな。おっぱい

インクレディブル・バルク(2012年製作の映画)

-

いいかい坊や。こういうので本気で笑えるのが大人なんだよ。いいかい坊や、こういうので笑える大人になるんだよ、いいね?

>|