沈丁花さんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

沈丁花

沈丁花

ハマる映画、ハマらない映画。
どっちもあるから楽しい。

映画(58)
ドラマ(4)
  • List view
  • Grid view

君の名は。(2016年製作の映画)

4.5

『私たち、入れ替わってる!?』
までの疾走感ある展開が大好き。

『ご・は・ん!はよ来ない!』
って起こしてくれる四葉ちゃん大好き。

『馬鹿にしやがって…!』
って父に掴みかかるも、お前は誰だと言わ
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

結婚式のシーンが最高。

風が強くなって、雨も降ってきて、
急いでパーティーテントの方へ移動して、
ようやくテントに入ったら、今度は雨の重みでテントが崩壊。
せっかくのドレスもケーキも台無し。
着飾っ
>>続きを読む

神と共に 第二章:因と縁(2018年製作の映画)

3.0

インパクトに欠ける。

続編に向けて新たな種を撒く必要がある為か、
内容にまとまりが無く、イマイチ。

第一章で描かれた「母への懺悔」が切なすぎた一方で、本章はそれぞれのキャラクターの描き方がやや浅い
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最後に愛は勝つ、ですね。

下北沢の小劇場でやってる舞台を映像化しました、みたいな世界観。

ストーリーはツッコミ所満載。
人間から概念を盗んで、地球のことがざっくり分かったら侵略開始って…
3日で侵
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.0

心(inside)の機微を美しい映像で紡いだ一本。

眠る度に完全な別人へと変貌する。
そんな特異すぎる体質を持つ男が、ある日恋に落ちた。
女は真実を受け入れ、彼を愛することができるのか。

突拍子も
>>続きを読む

ワンドゥギ(2011年製作の映画)

3.0

小さくあたたかい世界で、
一人の少年が愛や夢を見つけるお話。

とにかく主人公の男子高校生が良い子なのです。
彼を取り巻く大人たちも、口は悪いが心優しい人ばかり。
そのため、言い方は悪いがパンチが足り
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

くそ夫vsくそ妻。

妻のサイコ度数が高く、夫は完敗。

クライマックスがどこか分からないうえに、
妻のサイコっぷりが中途半端。
2時間半という尺も長すぎるし、魅力的なキャラが皆無。

goneしたま
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.0

壮大なガガ様のPV。

ガガ演じるアリーのサクセスストーリーの裏で、
彼女を導いた大物シンガーの辿る道が切ない。

人は皆すべからく老いて、その輝きの質は変わる。
過去の栄光の翳りに負けず、新しい道を
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.5

料理シーンの音が良い。
音フェチにはたまらない。

仕事とは?
家族とは?
そんな普遍的なテーマを陽気に描いた一本。

良くも悪くも無難。

それだけが、僕の世界(2017年製作の映画)

4.5

現代版レインマン。

イ・ビョンホンが素晴らしい。
野暮な髪型、粗暴な振る舞い。
その中に抱える深い孤独。

THE俺様イケメンキャラ専門かと思っていたら大間違い。
彼の演技に泣いて泣いて泣き尽くした
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

1.0

きっつい。

見始めて1時間経っても、まだ主人公が
我が儘放題で癇癪を起こしている。

子どもの泣き叫ぶ声、
お母さんのヒステリックな怒り声、
とにかく不愉快極まりない。
ファンタジーアニメ映画なんだ
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.5

15年間の監禁理由。
犯人のキャラクター。

肝となるこの二点が気に入らなかった。

犯人を追う、という大きなテーマに着目すると、
同じく韓国映画のチェイサーに軍配が上がる。
こちらは犯人が完全なサイ
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

防音ばっちりの音楽ホールに住めばよかったのに。
お父さん、娘の補聴器を作れるスキルがあるなら、遠くでデッカイ音を出させる遠隔操作マシーンも作れたでしょうに。

遮断するものが何もないド田舎に住みながら
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

街のヤンキーvs盲目老兵士。

「年金貯め込んでる退役軍人の家で盗みを働こうぜ~」
「イイネ!」

で、いそいそと忍び込んでみたら、
老兵士が強すぎてあっという間に仲間が殺され、
主人公(♀)は必死で
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.0

カンニング、という子どもの矮小な『ズル』を
まるでスパイ映画のテーマのように仕立てあげた一本。

スタイリッシュな映像ではあるが、
スローモーションの多用にはやや辟易とした。
上映時間が90分程度だっ
>>続きを読む

ロープ/戦場の生命線(2015年製作の映画)

4.0

停戦直後のバルカン半島。
砂漠地帯の生命線である井戸に、ある日死体が浮かんでいた。
主人公率いる支援団体員たちは、
死体撤去のため奔走するが、次から次へと行く手を阻まれる。
果たして彼らは無事死体を引
>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

5.0

連続殺人鬼VSデリヘル元締め(元警官)

徹頭徹尾、陰惨極まりない。
しかしながら、圧倒的演技力と演出の巧さ故か、
目を背けたくても目が離せない。

2時間強という長さだが、
中弛みすることなく、凄ま
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

5.0

二度目の鑑賞にして、
これは勝利中毒者の話だったのだと気づく。

仲間を裏切ろうとも、男を金で買おうとも、スローンの心は決して満たされない。
心身が擦りきれようが、その手に勝利を掴むまで彼女に安寧の日
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

強すぎる元CIAのオジサンが、
元同僚で友人だったオバサマを殺され、
その復讐に燃える映画。

実はコイツが黒幕でした!
の「コイツ」が想定内かつ小物過ぎて残念。
前作の敵が魅力的だった分、「お前がラ
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.5

強すぎる元CIAのオジサンが、
痛めつけられた若い売春婦のために、
ロシア系マフィアをぶっ潰す映画。

デンゼル・ワシントンって、いつからスティーブン・セガール枠に…?
と我が目を疑うほど、めちゃ強い
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

5.0

これは映画の革命なのでは?
面白すぎて、レンタル期間中何度も見返しました。

サスペンスのトリックそのものも一流だが、
「パソコンの画面のみで映画が進む」
という演出方法が、革新的で舌を巻くほど秀逸。
>>続きを読む

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)

3.5

清く正しく勤勉に生きた消防士が、
地獄で生前の罪を暴かれる。
家族を愛し、仕事を愛し、ひたむきに生きた男が犯した、
ただ一つにして最大の罪とは。

-------

SFファンタジーと、アクションと、
>>続きを読む

|<