JUNPEIさんの映画レビュー・感想・評価

JUNPEI

JUNPEI

映画(175)
ドラマ(0)

ストーン(2010年製作の映画)

2.8

このジャケット見て思うけど、
エドワード・ノートンの顔、なに?!
なんか違和感があるなぁ。
目の焦点かなぁ…。

そんな思いはさておいて観て
みましたが、このキャストたちで
この内容かよ!?というやつ
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.5

ビートルズの曲は偉大だなぁ。
改めてそれを感じました。

そして、このパラレルワールド、
実際にそうなってても自分は
知らないから、ともすればあり得るし
発想は面白いなぁと思った。
知らんもんは知らん
>>続きを読む

ナンシー(2018年製作の映画)

3.3

スリラーなのか、サイコなのか、
不穏な感じはあれど、、、
思ったより怖くなかった。
(感想、子どもか!?)

小さくまとまった話で、登場人物も
少なめで、不穏な雰囲気の中の
人間ドラマといったところで
>>続きを読む

大逆転(1983年製作の映画)

3.5

調子こいてたらしっぺ返しを
くらい、足元をすくわれた!の極み。

ストーリーは王道。
しかし、あり得へん。
でも、この時代ならあり得るかも
と思わされる雰囲気が好き。
そして、みんな優しい。
最後の証
>>続きを読む

マーシュランド(2014年製作の映画)

3.2

圧倒的評価!という謳い文句、
なんぼのもんやねんと思いまして。

見てみましたら、「なかなか」と
いう評価でした。

ミステリーならではの不穏な
感じと、ショーンペンみたいな
感じを出した俳優のせいで
>>続きを読む

激突!(1971年製作の映画)

3.5

結局なんなん?!という話。
あおり運転の極みを見た。

荒さや粗さがだいぶ目立つけれど
引き込まれる。
さすが、スティーブン。

主人公も「なんなん?!」と
思っとるから、こっちも、
「なんなん?!」
>>続きを読む

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男(2014年製作の映画)

3.3

勝手なイメージですが、なんだか
トランプ大統領を見ているような
強いアメリカの頃を見た気がした。

才能があるミュージシャンの伝記は、
往々にして貧困からのスタートで、
成功して孤立して孤独になって
>>続きを読む

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

3.5

ひっさびさに鑑賞。

やっぱり不穏だなぁ。
意味が分かりそうで分からない。
他の方のコメントを見てみよう。
ずーっと謎を維持しつつ、見る側の
興味も維持し続けて進む感じは
スゴいなと、思う。

以前見
>>続きを読む

17歳(2013年製作の映画)

3.3

フランスの映画特有の、もっと
エッジのきいた「なんじゃそれ?!」
と思わせるような感じを期待したが。。

ヤラしい感じかなと思っていたら
やっぱりがっつりヤラしかった。
こっちは期待通りだった。

>>続きを読む

ザ・ファン(1996年製作の映画)

3.4

ウェズリー・スナイプスが見たくて
見ました。(そんな事ある?!
せめて『ブレイド』やろ?!)

内容的にはありそうでありえない話。
デニーロがケープフィアーばりの
イカれたヤツだから、逆に可哀想に
>>続きを読む

ビバリーヒルズ・コップ(1984年製作の映画)

3.3

見てそうで見てなかったシリーズ。

メチャクチャや。
人ん家忍び込んで、銃打ちまくり!
なかなか弾当たらんし。

なんか、あぶない刑事も影響受けて
いるのではないかと言う、途中の
音楽の差し込み方は時
>>続きを読む

グリーン・カード(1990年製作の映画)

3.3

終わりよければ全て良し、の
最たるところでしょうか。
だからといって、鑑賞後にスッキリ
する訳でもなく、アメリカン
ニューシネマのように後は
こちらで考えるんだけれど、
高められる途中で終わられると
>>続きを読む

ステップフォード・ワイフ(2004年製作の映画)

3.2

先に原版の方を見ておいて良かった。

先にこっちみると、だいぶ展開が
早いし雑やから、なんのこっちゃ?!
としかならないなと思った。

ただ、原版の方とはオチが違ったので
見る価値があったかな、と思う
>>続きを読む

ステップフォード・ワイフ(1975年製作の映画)

3.5

TSUTAYAに行くと、同名の作品が
2本並んでた。ニコールキッドマンの
リメイク版と、この原版が。
Filmarksで調べると、どうやら原版の
方がスコアが高い。
ならばということで、こっちを
見て
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.4

フランスの女ってやつはよぉー!って
いうやつでした。

ジャケットのあおり文句からして、
もっと恐ろしいシリアルママ的な
イメージをしていたんですが、
まぁまぁ淡々と描かれてまして。
登場人物、見た目
>>続きを読む

完全なるチェックメイト(2014年製作の映画)

3.2

ジャケットの写真が良い!
それで興味を持って見てみました。

内容は、実話なので、思いのほか
盛り上がりに欠けてしまってるなぁと
いう印象。本人の人格がイカれとる
から「天才って往々にしてこんな
感じ
>>続きを読む

虹蛇と眠る女(2015年製作の映画)

3.1

虹蛇と眠る女……眠ってましたかね?

全編を通して「聖なる鹿殺し」の
ような、不可思議な不条理なという
感じではどうやらないようで、
事件に対してのリアクションに
終始したような。
全然スッキリしない
>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.3

トムクルーズがクールというか
動きのキレる初老というか。

前作見てからのこのシリーズ、
もはや暴力的な寅さんというか、
暴力的な裸の大将というか、
根無草が右往左往するシリーズを
見ているようで、結
>>続きを読む

ぼくらの七日間戦争2(1991年製作の映画)

1.2

これはこれは…なっかなかやぞ!

前作が相当良かったから、比較して
これだけ評価が下がった、というのは
特になく、シンプルにヒドい。
初監督作品なんだろうか…。

内容的に、常に『なんで?』が
つきま
>>続きを読む

陰謀のセオリー(1997年製作の映画)

3.4

国家レベルの陰謀は面白いけど
恐ろしいですね!!
テレビシリーズのスタートレックの
艦長が出てきて興奮しました。
懐かしや懐かしや。
また、この頃ぐらいのジュリア
ロバーツ、ええ感じやね。

内容的に
>>続きを読む

花嫁はエイリアン(1988年製作の映画)

3.3

花嫁はエイリアンだけど、口の
中から口が出てくるタイプでも、
口が四方に開くタイプでも、
もちろんタコ型でもない。

こんな面白くてキレイな女性なら
そりゃ惚れるわな。
コメディとしては特に面白くない
>>続きを読む

ピースメーカー(1997年製作の映画)

3.5

ラストに向けて緊迫する演出が秀逸。
そして、結構身体を張ったスタントや
リアルで飽きないアクションが
楽しかった。
ジョージ・クルーニーの余裕感や
ニコール・キッドマンの若さと
美しさは、見ていて嬉し
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.6

テネット見て、久々にメメントも
見たくなりまして。

演出がホンマに秀逸。
脚本も、ともすれば時間軸通りに
組み立てて演出変えたらそれはそれで
いいサスペンスになるだろうに、
それなのに見る側をさんざ
>>続きを読む

ティエリー・トグルドーの憂鬱(2015年製作の映画)

3.4

こりゃ確かに憂鬱。
誰が悪いと言うことも言えない
ような中で、脱出のしようもない
現状に、真綿でじわじわと首を
締められているかのような生活。
これは国を問わず、問われる問題かと
思います。。
どう切
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.7

劇場にて4DXで見ました。
やっと見れましたが…
文字通り、理解に苦しみました。
もう分っからん!!
あと2、3回見るか、解説聞き
ながら見なきゃ分からんよ。
何回見ても難解っていうダジャレを
言いた
>>続きを読む

テキサス・チェーンソー ビギニング(2006年製作の映画)

3.0

不条理なバイオレンスが満載で、
若い頃なら面白いと思えたのかも
しれないが、40代にもなると
もう「何しとんねん?!」しかない。
こんな家族おったら怖いねぇ〜。

死霊のはらわた(1981年製作の映画)

3.0

小学校低学年の頃、幼なじみの家で
見ました。
幼なじみの、だいぶ年の離れた
お兄ちゃんが見せてくれた映画。
見せられた意図は不明。
その時は何かわからんが不気味で、
女性が森に犯されるところで門限の
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.0

再鑑賞。

映像や造形が楽しい。
シャーリーズセロンが美しい。
以外は、特にという印象。

なぜか頭の中で「アバター」と
ごっちゃになっていて、もっと
初見は面白かった印象がありました。


余談:今
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

3.7

この監督の作品は、冒頭から
スゴい引き込まれる!
そんなに目まぐるしくテンポ良く
展開が変わるとかがなくても
じーっと見入ってしまう。
そして、時間があっという間。
不思議だな。この監督の作品こそ
>>続きを読む

アウトロー(2012年製作の映画)

3.4

予告編が面白かったので、
ついつい観ちゃいました。
いやぁ〜、予告編って上手く
出来とるなぁ〜とつくづく
思います。
相当ハラハラドキドキする内容が
待っているのだろう、と。
しかも、主演はトムクルー
>>続きを読む

KIN/キン(2018年製作の映画)

3.0

まずはジャケットをご覧ください。
くまなくご覧ください。

この映画の大半は、ジャケットの
下1/3にあるロードムービーで、
派手なSFを期待するとしっぺ返しを
くらいます。私もしっぺ返しを
くらった
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.6

アクションシーンが楽しい。
操られている感がうまくて、
即座に巻き戻してまで見て
しまうほどに。

これホント、決して遠い未来の
フィクションではなく、それこそ
つい最近、イーロンマスクが
脳埋め込み
>>続きを読む

悪魔を見た(2010年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

期待しすぎたか…。
深みがありそうでないような、、

犯人が殺す動機も、刑事が生かす
動機もあまり見えないからか、
ただただ2人で遊んどるのか?!
とも思えてくる。

そして、まわりにとばっちりが
>>続きを読む

ジャッキー・コーガン(2012年製作の映画)

3.3

なんだろう…
『平成のタランティーノ』と
いう印象を受けた。
全部がタランティーノっぽくて…。
ダラダラな会話劇と派手なアクションで
緩急つける感じ。
しかし、『っぽい』なので、
面白みはそれほどでも
>>続きを読む

リグレッション(2015年製作の映画)

3.2

ホラーというより、やはり人間が
怖いという話か。
信仰という思い込みは、こんなにも
人間を強くもすれば弱くもするの
だなぁ、と。
そして、思い込みで人が生き死にする
のは悲しいなぁと思う。
そしてそし
>>続きを読む

ザ・マスター(2012年製作の映画)

3.5

とにかく演技が素晴らしい!!!

この境地の演技が出来る方が、
地球上でどれだけいるかと考える。
リバーフェニックス亡きあと、
ホアキンがこんな役者になるとは
思いもしなかった。
フィリップシーモアホ
>>続きを読む