じょん

じょん

色々観ます。STAR WARSシリーズが特に好きです。

エルム街の悪夢(1984年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

途中はそんなに怖くなかったけど、最後が結構怖い。結局逃れられないという怖さ。

グラディエーター(2000年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます。

映像が綺麗かつ迫力満点で、世界史好きにはたまらない作品。本作の悪役のコモドゥスは殺されて清々するレベルのクソッタレシスコン野郎だけど、愛に飢えて心が歪んだ悲しい人間だとも思った。マクシムスは最後には復>>続きを読む

運命のボタン(2009年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます。

つまらないってほど悪くはないけど、オチがどういうことか分かりにくい。

シャッフル(2007年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

オチが「それでいいの?」って少し思ったけど、ストーリーも好きな部類だし結構良かった。

ケープ・フィアー(1991年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

ロバート・デ・ニーロの演技が凄まじ過ぎた。ケイディの復讐は完遂されなかったが、ボーデン一家はこの恐怖を永遠に忘れられないだろうと思った。徐々に嫌がらせをエスカレートさせ反撃に出た相手を罠に嵌めるケイデ>>続きを読む

ある日どこかで(1980年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます。

タイムスリップ✖️恋愛だと、どうしてもハッピーエンドにはなりにくいけど、これもその典型だった。というか、これの影響を後の作品が結構受けてるのかもしれない。1980年の作品だから結構古いけれど、まあギリ>>続きを読む

ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強(1991年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます。

フリーザの兄クウラがメインの敵だが、クウラ自身の戦闘シーンはそれほど多くない。前半は悟空を圧倒していたものの、超サイヤ人に変身するとすぐに逆転されてしまった。しかし、残虐な悪役としては強く印象に残った>>続きを読む

007/ドクター・ノオ(1962年製作の映画)

3.0

めちゃくちゃ昔に見たことあったのを思い出したので、記録。退屈せずに見れた。

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます。

雨と雪が、人間と狼というそれぞれ別の生き方を選び進む過程が印象的だった。やはり、自分で自分の生き方を選ぶキャラクターは魅力的。

ムカデ人間(2009年製作の映画)

2.0

狂気しか感じない作品だった。続編はもっとヤバいらしくて、一周回って気になる。

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

話自体は普通だけど、猿たちの強さが映像でうまく表現されてて、迫力があった。それと、主人公のチンパンジーのシーザーが猿たちを率いて人間に反旗をひるがえす過程も面白かった。

PLANET OF THE APES 猿の惑星(2001年製作の映画)

3.8

全体的には面白い。セード将軍が凶暴な軍人って感じでいいキャラしてたと思う。

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.6

謎解きよりもアクションが多いけど、結構面白い。イギリス、フランス、ドイツ、スイスとヨーロッパ各地を飛び回って謎を追い、戦う展開はハラハラする。原作もちゃんと読みたい。

ラマになった王様(2000年製作の映画)

3.8

傲慢な人物が人とのふれあいの中で変わっていく王道なストーリー。結構好きな作品。

13日の金曜日(1980年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます。

ホッケーマスクの彼は登場しなかったが、それなりに楽しめた。王道ホラー映画という感じだった。割と古い作品だが、後のホラー映画の多くはこれの影響を強く受けてるんだと感じた。他にも色々シリーズがあるらしいの>>続きを読む

>|