みちみつるさんの映画レビュー・感想・評価

みちみつる

みちみつる

ジェントルメン(2019年製作の映画)

4.1

OPの時点ではい、この映画好き!と確信👍笑
キャスト、演出、音楽、台詞回しなどすべてがスタイリッシュでカッコいい✨

脚本も面白い!
厄介な奴らや組織が複雑に絡み合い、展開は二転三転。
最後の最後まで
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.6

午前十時の映画祭で鑑賞。

名曲ムーンリバーが流れる中、クロワッサンとコーヒーを手にティファニーのショーウィンドウを覗くオードリー・ヘプバーン…
この冒頭シーンを大画面、大音響で観られて満足😊✨

>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

3人目の子どもを流産で失った夫婦。喪失感からエスターという孤児を養子に迎えるが…?

不思議な魅力で大人たちを欺くエスター。見た目はとっても可愛い🥰けど中身が怖すぎっ😱
序盤から数々の伏線が散りばめら
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

4.5

人々から“PK”と呼ばれる奇妙な男。人間社会の常識が全く通用しないPKの目を通して“宗教”に鋭く斬り込む!

センシティブな問題を扱いながら、ポップでコミカルなエンタメ作品として楽しめる✨
様々な風刺
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(1988年製作の映画)

3.8

殺人鬼の魂が乗り移った殺人人形チャッキーが暴れまくる!

コメディ寄りかと思ったら意外にも本格的ホラー演出で想像よりも怖面白かった😆
日本人形とは違うアメリカンな怖さ。
80年代ホラーの雰囲気が良い👍
>>続きを読む

ザ・ロック(1996年製作の映画)

4.0

“午前十時の映画祭”で鑑賞。

これぞ王道アクション👏
カーチェイスにガンアクション、迫るタイムリミットに爆発🔥と、緊張感が途切れずハラハラドキドキ。

最強の囚人&化学者という凸凹コンビも渋い👍
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.9

季節労働をしながら車上生活をする人々=“ノマド(遊牧民)”の生き方を描く。

実際のノマドの人々が多く出演しており、ドキュメンタリーのように静かに、淡々と物語は進む。

美しい自然と対比するように苦し
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

4.5

“人工生命体マリガン”が住む架空の地下空間を舞台にした長編SFストップモーションアニメ。

映像制作経験のない監督が独学で製作を開始し、脚本・キャラクターデザイン・撮影・音楽・声優等をほぼすべて1人で
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

4.2

“ゾンビランド”と化したアメリカで生き延びる主人公の珍道中を描くホラーコメディ。

娯楽性が高いため、とても楽しく鑑賞できた😆
コメディシーンも面白く、キャラクターも魅力的、演出もスタイリッシュでカッ
>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ある“秘密“を持つ少年コールの治療を始めた精神科医のマルコム。2人は次第に心を通わせるようになるが…

静かに物語が進み最後に衝撃の結末が待ち受ける。
ホラーに分類されるためゾッとする場面もあるが、純
>>続きを読む

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(1994年製作の映画)

4.0

とある記者からインタビューを受けた吸血鬼ルイは自身の半生を振り返る。

耽美で妖艶な世界観。
人間(??)ドラマとしても面白い。
吸血鬼になっても人間の“魂”を持ち続けようとするルイの葛藤が丁寧に描か
>>続きを読む

死霊のはらわた(1981年製作の映画)

3.8

郊外の古い山小屋を訪れた男女5人に悪霊たちが襲いかかる。

冒頭から疾走感あるカメラワークで期待が高まる。
その後も不穏な音楽やカメラワークで恐怖心を煽る…が、何故か笑いを誘う場面も🤣
ド派手な恐怖演
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

4.0

地味な女子高生と連続殺人鬼が入れ替わるホラーコメディ。

殺し方のレパートリーが多い上、エグいが「こいつムカつく💢」と思った奴らが着実に殺されるのでなかなか爽快😂

青春、友情、恋愛、家族愛の要素もあ
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.7

1980年代のアメリカで、農場経営を夢見る韓国系移民一家の日常と苦悩、葛藤を描く。

家族関係の描写や移民生活の困難さが非常にリアルに感じられたのは監督の実体験が基になっているからか。
家族のその後を
>>続きを読む

モンスターハンター(2019年製作の映画)

3.6

原作未プレイ。
IMAX3Dで観るともはやアトラクション。画面から飛び出し目前に迫ってくるモンスターに大興奮✨
前半はパニックホラー??として、後半は異世界の武器でモンスターに挑むアクションとして楽し
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 最終章 第3話(2021年製作の映画)

4.2

今回も安定の面白さ&クオリティ!!
無謀な突撃を捨てた知波単の奮闘が素晴らしかった👏夜のジャングルでの戦車戦もアツくてカッコいい!
自分の推し高校も大活躍してくれて嬉しすぎる🥰専用BGMに胸が高鳴るな
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

4.2

ソ連最強の戦車“T-34”たった1両でドイツ軍に立ち向かう戦争アクション。

実物のT-34戦車を使用し、役者が操縦までこなす徹底っぷり。
着弾の際の金属音や衝撃、乗組員への影響までリアルに再現。
>>続きを読む

28日後...(2002年製作の映画)

3.9

感染した生物を凶暴化させるウイルスがロンドンで流出。28日後、主人公は誰もいない病院で目を覚ますが…

感染スピード爆速!猛スピードで追いかけてくる感染者に恐怖😱でも結局、1番怖いのは正気を失った人間
>>続きを読む

THE JUON/呪怨(2004年製作の映画)

3.7

キャストには米国人が多いが、監督 清水崇、舞台 日本、伽椰子&俊雄も日本版と同じなのでほぼJホラー。
ストーリーはビデオ版1および劇場版1をベースに再構成。
そのため呪怨ファンにはお馴染みのあのシーン
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

4.3

シン・エヴァ鑑賞前に復習。
初見時は「は???」って感想しか出てこなくて楽しめなかったけど、改めて観たら思ったより…いや、かなり面白かった。公開当時は残念ながら理解力が幼稚園児並だったので🤣

元は1
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

4.5

シン・エヴァ鑑賞前に復習。
TV版との分岐点とも言えるほど、ストーリー展開がガラッと変わる。エヴァにしては珍しく大衆向けでエンタメ性高し(それでも良くわからないシーンあるけど…笑)
今まで意識してなか
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

4.0

シン・エヴァ鑑賞前に復習。
公開時は高校生だったのでもう10年以上経つのか…当時は完結までこんなにかかると思ってなかったな😅笑
ライトなファンなので多く語れないけど、やはり序のワクワク感は異常。初号機
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

正直、自分はあまり深く考察せずにシリーズを楽しんでいたライトなファンだけど、それでも感極まって泣いた。
にわかなりに、いちアニメ好きとして学生時代から観続けてきた作品がついに、本当に終わってしまうんだ
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

4.7

南北戦争以前の黒人奴隷制度という社会性の高いテーマを扱い、惨く不快な人種差別描写が多いが、説教臭さを感じさせずスカッとする娯楽復讐劇に昇華しているタランティーノの手腕に感服!
2時間45分と長尺ながら
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.6

ファンタジー色強いイメージだったので第一次大戦が舞台なのは意外。

やはりヒーローアクションは迫力があって面白い。スレンダーな美女がゴリゴリ肉弾戦で軍隊を圧倒するのがかっこ良く爽快感たっぷり。
中盤ま
>>続きを読む

バタリアン(1985年製作の映画)

4.0

『映画“Night of the Living Dead”は実際の事件を元に作られた』という設定で始まるストーリー。
コミカルなシーンもありつつ、ホラーとしてもしっかりグロい!怖い!面白い!
“Nig
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.8

“家族”を題材としたホラー。

もっと奇抜かと思いきや意外にも古典的なホラー演出!不気味な音、映像の作りが繊細で高い芸術性を感じる。

予測不能な展開に終始ネットリとした不安や恐怖がまとわりつく。
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.8

サイコスリラー映画の金字塔。

脚本、演出、演技などあらゆる点で凄まじく完成度が高い!
無駄なシーンが一瞬たりともなく、息を呑む展開の連続。

レクター博士は猟奇殺人鬼ながらカリスマ性と色気たっぷりで
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.9

アクアマンを演じるジェイソン・モモアがとにかくカッコいい!
海中でのバトルアクションも新鮮で面白い!美しい映像で描く海底王国の世界観も素晴らしい。水族館好きな自分にはたまらなかった🦈

そして親子愛、
>>続きを読む

プラネット・テラー in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.8

ロバート・ロドリゲス監督がB級感たっぷりに描くゾンビ×ホラーアクション!

登場人物全員キャラが濃すぎる!
グチャグチャにグロテスクで気持ち悪いのに何故か笑いがこぼれる不思議…(笑)
しかしアクション
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.9

多くの作品でオマージュされ、多大な影響を与えたホラー映画の金字塔。

不穏な音楽、カメラワークで徹底的に恐怖心を煽る。
印象的なシンメトリーは映像的には美しいがそれ以上に不気味で恐ろしい。
有名すぎる
>>続きを読む

輪廻(2005年製作の映画)

3.9

『呪怨』の清水崇監督渾身の輪廻転生ホラー。

とあるホテルで起きた無差別殺人事件。その事件を題材とした映画の主役に大抜擢された新人女優に降りかかる前世の因縁を描く。

散りばめられた数々の謎が明らかに
>>続きを読む

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年製作の映画)

3.8

とにかくぶっ飛んだ映画!!これに尽きる。
タランティーノ脚本らしいイカれたクライム・ムービーかと思いきや…!?トンデモない展開が待ち受ける。
好き嫌いがハッキリ分かれるであろう名(迷??)作。
鑑賞時
>>続きを読む

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

4.5

人生とは何か?生きる意味とは何か?という哲学的な問いを投げかける。
1年の始まりに観るのにピッタリな作品!
人生に“目的”を見出そうとがむしゃらな大人たち、あるいは人生の“目的”を見失い生きる気力を失
>>続きを読む

女優霊(1995年製作の映画)

3.8

映画の撮影所内で起こる怪奇現象を描く。

『リング』の、そしてJホラーの原点とも言える偉大な作品。
黒髪ロング&白ワンピース姿で、貞子の原型とされる幽霊が登場。

古き良きJホラー的恐怖演出がたまらな
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

4.5

10数年ぶりに鑑賞。
これは完全な大人向けアニメ!男のロマンがふんだんに詰まっている。

見た目は豚なマルコだが、佇まいや台詞回しがカッコよくてダンディーなオジサマに見えてくる不思議。
戦争の経験から
>>続きを読む

>|