まいてぃさんの映画レビュー・感想・評価

まいてぃ

まいてぃ

映画(365)
ドラマ(0)

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

もっと部下に任せたらいいのに、悪役のボスが一番頑張ってて嫌いになれない。

銀魂(2017年製作の映画)

3.0

初っ端のギャグからも分かるように、小栗旬の代表作は花男なんだよな。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

ついでにスーパーマンとかが出てきても、あんまり違和感がないんじゃないかな。よく出来てる。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

ゼンデイヤを楽しみにしてたのに。出番が少なくそこが残念。

春を背負って(2014年製作の映画)

2.5

心に傷のある奴しか山に行ってはいけないのかと疑いたくなる。

ヒッチコック/トリュフォー(2015年製作の映画)

3.5

鳥が好きなんだけど、どさくさに紛れて雀も混じってた気がする。見直したい。

少林寺三十六房(1977年製作の映画)

5.0

俗世とは一切交わらない少林寺の武を、外の世界に解放する話。ブラックパンサーと一緒の話だな。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.8

ワカンダテイストの部屋づくりみたいなタイトルで雑誌で特集が組めるよ。

地獄愛(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

グロリアが一線を超えて殺害を起こし、この世界から別の世界の住人になった、ある種の違和感を演出するためにミュージカルを取り入れたのは面白かった。

私たちの愛は無限よってグロリアは唄うが、男は一切唄わな
>>続きを読む

ウェディング・テーブル(2017年製作の映画)

4.1

題材からもおバカなドタバタコメディーかと思ってたら、マークデュプラスが脚本に入っているからか、ハッピーニートのような人情物コメディーの仕上がりだった。良かった。

キャリア・ガールズ(1997年製作の映画)

3.8

マイク・リーのすーちゃん、まいちゃん、さわ子さん。痛みが伝わってくる。

激動の昭和史 沖縄決戦(1971年製作の映画)

4.2

岡本喜八の戦争物は、高揚感とは無縁でただただ虚しくなる。素晴らしい。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.7

物理的に絶対勝てそうにない敵が現れると、一休さんみたいにとんち勝負になるパターン。悪の塊みたいな奴が、ぽっきり心折れたのが面白かった。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.5

子供たちが父親に対して、文句を言う時にしつこくエスペラント語を使うところ面白かったな。何言ってるか全然わかんないんだけど。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.5

UFOが降りてきた場所なんだけど、日本はなぜか北海道。何か意味があるのかな。

あと各国で情報共有をしなくなって、通信途絶していくんだけど、日本だけはアメリカと最後まで繋がってないとリアルじゃないと思
>>続きを読む

特捜刑事 スパルタン(2004年製作の映画)

4.0

映画自体すごく面白かったんだけど、このパッケージの写真。ヴァルキルマーは、1回もこんな格好をしてなかったよ。謎だな。

ワンス・アポン・ア・タイム/天地大乱(1992年製作の映画)

4.6

天地黎明からいかにして足場の悪い所で闘うかがコンセプト。今作で極まれりという感じ。何回も見てるけど、傑作としか言いようがない。エンディング曲の男兒當自強はジャッキーチェンバージョン。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.8

最後のあの大量のサイケデリックな花が咲くところが気持ち悪い。ジーンワイルダーのウィリーワンカが唄いながら出てくるかと思った。

極道の妻(おんな)たち 決着(けじめ)(1998年製作の映画)

3.0

ラストの決め台詞が"死ね"の一言で、中条きよしの眉間に一発銃弾をぶち込むところだけ、クールだった。

ヴェンジェンス/報仇(1970年製作の映画)

3.8

白衣大侠。復讐にいたるきっかけがクソしょうもなくて泣ける。

>|