aririさんの映画レビュー・感想・評価

ariri

ariri

NO MOVIE NO LIFE。大作映画からミニシアター系まで、ジャンル問わず見たい映画をつらつらと。音楽も好きです♫心の一本は「ゴースト・ワールド」

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.6

犯人は知っていて、オチは知らないという何だか微妙な状態でw鑑賞。

原作は未読(見てたかもだけど、大昔で忘れてしまっているw)なのでプロットについては小説を読んでみないと何とも言えないのだけど、映画と
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.2(2013年製作の映画)

3.7

だいぶ前に見て書き損ねてたので記録。

ニンフォマニアック=色情狂
どぎついタイトルだけど、内容は人間の欲や依存に関する真面目なストーリー。芸達者な役者揃いなんだけど、私的にかつての可愛かった「リト
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.6

アメリカには「アンハサヘイター」なる「アンハサウェイって何か嫌い」な人達がいる。この映画では、そんなヘイター達もきっと好きになる!的触れ込みがあるらしいが、どちらかというと今まで割と好きだったアンが何>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.8

旧作は見ずに鑑賞。最近ストレンジャー・シングス的な80年代のジュブナイル物リバイバルの波が凄いが、今作もグーニーズやスタンドバイミーの流れを汲んだ少年少女達の成長冒険ホラー。

不良からのイジメ、毒親
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.6

アメリカ南部の田舎でのどこかユルくて優しい強盗劇。

チャニテ兄貴がかつてはフットボールの英雄だったのに今は離婚して仕事も無くし落ちぶれてたり、アダム弟はイラク戦争で片腕無くしてひっそりバーテンしてた
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.7

今までのダークなDCから一新したのは良いが、各超人エピソードの掘り下げ方がザックリで大集合!的なテンションに今一つ…。敵を含めCGだらけなのも物足りなかった…。そしてこれは完全に好みの問題だけど、DC>>続きを読む

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(2015年製作の映画)

3.4

サム・ロックウェルとアナケンさんが好きなら見て良い映画。それ以外の人は多分見なくても良い映画ww

「キャメロットガーデンの少女」の鮮烈な印象以降、ずっと好きなサム。色んな映画でちょいちょい踊ってくれ
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

今まで何だか中途半端だったソー・シリーズだけど、今回はノリの良さとコメディに振り切った結果、大成功!「移民の歌」最高ー!アーアアアー♫♫♫

ロキに至ってはかつては「またか…ぐぬぅ…」みたいな感じだっ
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

3.8

ソン・ガンホ!コン・ユ!イ・ビョンホン!といったキャストの豪華さだけど、個人的にはハシモト役のオム・テグの演技が絶妙!顔面力もよし!ビンタの仕方がどうなってんのか分からなくて逆に面白くwww嫌すぎるw>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

とても現代的らしい人種問題を含んだスリラー?ホラー?評判には聞いていたけど、予想以上に面白かったー!(鑑賞後に予告見たけど、見てなくて良かった…情報はかなりシャットダウンして見た方が面白い)

昔なら
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

【繊細でロマンチストな男の復讐は精神的に辛い】

元夫の小説の劇中劇の展開が中盤辺りから少しリアリティに欠ける気がしたけど、でも見終わって考えて見るとあれは主人公に対する復讐劇だからいいのかな、とも思
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.8

今までリアル系アクションというと男性主人公ばかりで、女性のアクションは主に美しいスタイリッシュ系ばかり。しかしこの映画はリアルなCQC女性版をシャーリーズ姐さんがボコボコになりながら限界まで見せてくれ>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.9

「何だか腑に落ちない…」

ドゥニver.のブレラン世界情景は美しかったし(3DIMAX鑑賞)前作の「レプリカントとは?人間とは?」の先というより謎を残したまま「自らはどうありたいか」という点をジョー
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.8

前評判も高かったので期待して行ったが、予想以上の素晴らしい政治エンタメ映画でかなり面白かった。

ミス・スローンは天才的な知略と身近な仲間でさえ駒として扱う残酷な人物。だが矢面に立たされた部下の女性へ
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.4

ディズニーやプリンセス系って殆ど見ていないけど、結構話題にもなってたしなーと鑑賞。

お城の中のキャラは楽しいし、雪の情景やセットや衣装は美しかったけど、何かこう…野獣の顔造形が人間に近くてマイルドで
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.8

「プロメテウス」がなんでやねん感MAXだったので今作は原点回帰のようなホラー・テイストやデザインにグロ美しさが戻っていたのは良かった。

とはいえクルーは良く分からない未開地にヘルメット無しで探索する
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.4

「コヴェナント」予習最終章。
見終わった一言。
「なるほど(?)これは酷い」w

こういう映画では「あるある」だと思うが、それにしても登場人物皆が皆好き勝手に行動し過ぎwww「コヴェナント」に繋げる為
>>続きを読む

エイリアン2 完全版(1986年製作の映画)

3.8

私的に映画全体のトーンやデザインは1が好きだけど、2のキャメロンらしいアクション大作っぷりもこれはこれで良き。

ガンガン戦うリプリーの姿、個々のキャラのアクの強さwwバンバン出てくる様々な武器に80
>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

4.2

テロリスト討伐に最新鋭のドローンを使う軍事的作戦についての映画。劇中で使われていた鳥型の小型ドローンは、既に現実でも使用されているらしく、実際は蚊レベルの大きさまであるらしい…。

一人の民間人の少女
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9

音楽とカーアクションの融合!
塚口サンサン劇場で爆音上映見たけど、もっと前で見ても良かったと思う位爆音で見たい映画。

ベイビーも彼女役のリリー・ジェームスも可愛いかった!監督史上アクションは今までで
>>続きを読む

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2015年製作の映画)

3.6

実在したアメリカの天才作家トマス・ウルフと、彼を発掘した敏腕編集者の友情物語。本人はかなり奔放で自己中で人をイライラさせる問題児だったようだが、男前ジュード・ロウが演じてるので何か許せるw

二人の絆
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.9

死体を相棒にサバイバル。という発想も凄いけど、映画を見たらそれはあくまでツカミに過ぎず、全体的に予想の斜め上を行っていたw普通にサバイバル感動モノを想像して行くと、見終わった後に?????になるwww>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

4.0

「コヴェナント」予習。
全くの初見!予想以上に面白かった。H.R.ギーガーによるグロいながらも荘厳なデザインの数々は今見ても凄まじい美しさ。そして、序盤の姿を現さないエイリアンに対してのホラー的緊張感
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.0

「ベイビー・ドライバー」
監督復習タイトルその2。

「ショーンオブザ…」と違ってこっちのペグ兄さんはバリバリの堅物エリート設定。相棒はおなじみアホさ増し増し愛すべきおデブちゃんニック・フロスト。前半
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.5

「ダンケルク」鑑賞記念に再鑑賞。恐らく数年ごとに見返してるのでw多分今回3〜4回目?で、やっと夢の多層構造(どの層が誰の夢なのか、とかも)についてある程度理解出来たかも…多分?ww

ストーリーは勿論
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

ノーランが戦争映画?と初めは疑問だったけど、蓋を開けてみれば確かにコレは戦争映画。それもノーラン節がバリバリ効いている戦争映画。

ハンス・ジマーの鳴り響く音響と一緒に映画の間中「撃たれそう」「溺れそ
>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.8

「ベイビードライバー」まだ見れてないので、復習…と言っても3回目くらい?w

Zな連中とのファーストインプレッションまで30分位あり、久々に見ると思ってた以上に志村後ろー状態な呑気な日常っぷりが(いい
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.0

パターソンに住むパターソンという名のバス運転手の男の1週間。ほぼ変わらないルーティンの中で過ごしながら、毎日は少しずつ微妙な違いがある。反復と変化。

反復と変化。それは劇中パターソンが作る「詩」の「
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.9

ダーイゾーンビパーニーック!!

現代のゾンビは感染も超スピードだし、走りも超早い!!!!おまけに群れながら大量に降ってきたりする!めちゃくちゃ怖いし、逃げれる気がしねーーーー!!!と思いながら楽しん
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.5

途中までは割と緊張感あるミステリーといった感じなのたけど、何となくでも中盤に犯人に気付いてしまうし、後半主人公が家に押しかける所あたりから展開が正直粗が目立つストーリーになり何だか残念…。エミリー・ブ>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.1

デデデデーン♫
このイントロを聴くだけで、体内の血中濃度が2倍位になる。

強く。正しく。美しく。ワンダーウーマンになる為に生まれてきたんじゃないかという程、ハマリ役なガル・ガドット様を2時間見るだけ
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.6

アメインジグはなー…とか思ってたら2は見てなかった事に気付いた金曜ロードショー。

映像やカメラワークが綺麗だったので、映画館で見たら楽しかっただろうなぁ。闇堕ちデハーン君がとても良かったので(cv.
>>続きを読む

われらが背きし者(2015年製作の映画)

3.6

ストーリーは面白いのだけれど、低評価も結構あり。それを見るとやはりユアン・マクレガー演じる大学教授が何故そこまでロシアンマフィアの家族を助けようとするのか?という点。確かにそこは気になった。でもまぁ「>>続きを読む

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years(2016年製作の映画)

3.7

ビートルズファンという程ではなくある程度の曲なら知ってるレベルの私でも楽しめた初心者にも易しいドキュメンタリー映画。

話としては知っていたけど、実際映像で見るとそりゃあんな鬼日程のツアー(しかも客の
>>続きを読む

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

3.7

この映画のヤングアダルト定義で言うと自分はちょうど真ん中あたり(30代半ば)なので、20代の頃の考えは思いを馳せれるし、40代になったら自分も感じるであろう事を予測出来て面白かった。

A・ドライバー
>>続きを読む

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964年製作の映画)

3.7

ピーター・セラーズが一人三役を務める、アメリカとソ連の核攻撃を巡るブラック・コメディ。

ソ連の放射能の残留期間の話などその後に起こったチェルノブイリ事故を考えると現実のがシャレにならない状況になって
>>続きを読む

>|