shoutakoizumiさんの映画レビュー・感想・評価

shoutakoizumi

shoutakoizumi

映画(201)
ドラマ(0)

桜桃の味(1997年製作の映画)

4.7

人間の永遠のテーマでもある気がする
旅というか見つめ直すというか
捨てたもんじゃないなと
胡散臭い押し売りも自我もなくて
すっーて入ってきます

台北ストーリー(1985年製作の映画)

4.4

時間流れが凄く良くて その時代を生きてるような気がしました。

日々迷子な現代人が観たらじわーっと来るような

サード(1978年製作の映画)

4.3

うまく言葉にできないですね

いまの20歳くらいの子が観たらどう感じるのだろう

最後のあのシーン、グッときます。

菊とギロチン(2016年製作の映画)

4.3

もの凄い映画。
時代背景もしっかりと知った上で
今一度観覧したい。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.2

現実的だけど現実的じゃない
映画でしか体験出来ない独特の空気の映画
予告とキャッチコピーの"恋愛"映画でもありその他色んな要素も感じれる映画かと

観終わったあとコーヒーでも呑みながら
余韻に浸ってほ
>>続きを読む

もう頬づえはつかない(1979年製作の映画)

4.0

まず桃井さんが本当色っぽくて可愛くて
それだけでも観れる。

好きな男と、優しい男と風来坊な
彼を引きずりながら進んでいくストーリー

東さんが撮る女優さんは本当色っぽい

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

4.2

観終わったあと胸が熱くなるというか
若松プロの事をまだそんなに知らずに
観ても熱量が必ず伝わってくるかと
とにかく俳優さん達が最高です。

その時代を生きた人達が確かに
写っていてその世代を生きた方に
>>続きを読む

自由が丘で(2014年製作の映画)

3.5

日常的で受け入れやすく
時間軸さえ理解できれば見やすい筈

随所に詩的なセリフが散りばめられていて
詩集のような映画でした。
休日に観るといいかも

水のないプール(1982年製作の映画)

3.7

冒頭のシーンでこの映画の漂わせている
空気が伝わってくるかと思う
アーティスティックだしホラーだしポップだし一瞬で映画が終わった気がする。
若き日の内田裕也さん最高にカッコいいですよ

>|