ぽかりさんの映画レビュー・感想・評価

ぽかり

ぽかり

言葉が冷たくなりがちですが、つまらなくてそうなっているのではない事が多いです。レビューの星は自分の中での相対的な数字なので、低くなりがちです。

映画(22)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 史上最悪の2日間(2014年製作の映画)

4.1

一度、地上波かなんかで見て、
それを完全に忘れていて鍵泥棒のメソッドを見たからという理由でレンタルビデオ屋で借りて鑑賞。
鍵泥棒のメソッドのメゾットを見てから見ると数倍楽しめると思う。リンクしてるとこ
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

4.0

男友達3人で行ったが、3人とも泣いた。ネタバレになるため言わないが、3度ほど泣ける場面があり、最後の1つはもうやばかったです。実話だからこその良さもある。あまり触れてこなかった「泣ける映画」を好きにな>>続きを読む

悪夢のエレベーター(2009年製作の映画)

2.9

キサラギの様なものを想像して観たが、観終わった印象はちぐはぐな感じだった。たしかに予想外の展開ではあったがそれに徹し過ぎている様な気がした。思っても観なかった展開をさらにひっくり返して、、とそういうの>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

1.5

漫画で読んでいれば楽しめたのかもしれないが、いきなり映画から見てしまったので、(おそらくいろんな場面がカットされていたのだと思う)ストーリー性がほとんど感じられなかった。ウイルスが発生してパニックにな>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

良脚本。色々うまくできている。
冒頭の普通のホラー映画の部分のクオリティの低さやよくわからない部分をすべてうまく伏線として回収している。監督が主演とヒロインに説教する場面や、カメラマンが変わるところは
>>続きを読む

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

4.4

ネタバレにならないためにあまり内容は書けないが、うまくできていると思った。買うおにぎりはなんでもいい、裏口のドアを蹴る、神さまこの話だけは見ないでほしいなど複線のようになっていたものもあるし、瑛太のミ>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

1.9

世界観が不思議で好みが分かれると聞いていたが、自分はついていけませんでした…。
途中で飽きてしまい少し時間を置いてから最後まで見ました。
複数の話がオムニバスになっているような繋がっているような形式。
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.2

前半のスピード感やワクワク度は凄い。派手さもさすが洋画と言った感じ。ただ3つめのショーのあたりからペースも下がり、グダグダした印象。謎が謎のまま終わったし、謎の恋愛だし、ぐるぐる回って終わったし。
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

2.5

僕とさくらちゃんのシーンはほのぼのしていて良かった。主人公の性格も面白い。ヒロインは可愛い。しかし別れはもう少し変化が欲しい。タイトルも、インパクトの割には途中から予想がついた。

万引き家族(2018年製作の映画)

2.2

この映画を100パーセント楽しむには自分はまだ子供すぎたかもしれません。キャストもいいし、色々考えさせられるものがあるのはわかったが、終わり方も曖昧なまま終わってしまったように感じた。

アフタースクール(2008年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

キャストに惹かれ、見ました。
ミスリードがものすごくうまい。
一本の映画の中で複数回騙されます。いい人だと思っていた大泉洋の家に堺雅人がいてビックリアンド混乱。最後の仕掛けも見ていて面白い。種明かしは
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

2.7

泣ける映画を求めて友達と見に行ったが、うまくいかなかった。
良かったのは松重豊の話。思わず泣いてしまった。しかしそれ以降の話は、いまいち話が弱い気がした。最後、有村架純の話に至っては、予想していたもの
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

あまりホラーを見ないのでワクワクしていたのもあり、最初の排水溝のシーンは少し怖かったが、それ以降は基本大音量と驚かせるものが多かった気がした。
後半覚醒する辺りもよく分からんし、最後の倒し方もよくわか
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.4

みんなが勧めるから、という理由で見てしまったが、実際面白かった。何回も見るようなものでないが、1回目は楽しんで観れた。
竹内涼真がカッコいい、、男でも惚れます。いつかあんな男になります。

君の名は。(2016年製作の映画)

2.6

みつはのお父さんが協力してくれるところはじんときたが、ストーリー自体はまあ普通。絵も綺麗だし音楽もいいからそういう面は良かった。途中時間軸がわからんくなった。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

一流殺し屋、売れない役者、婚活中の編集者。この3人が心地よく交わっていく。役者も良い。
アフタースクールと同じ脚本家というのも頷ける。
ストーリー、設定も勿論、小ネタなどもある。「ギリギリありです」な
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

4.0

面白い。よくできてる。
想像を裏切られた。始まりから終わりまで色々惹かれるものがある。写真家の素性、記者の正体、その彼女など常に先が気になる展開。最後の最後にタイトルの理由に納得する仕組みも良かった。
>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

3.1

何度やり直してもその都度どんどん悪い方向に変わっていくという設定は面白いと思った。
伏線など細かなテクニックはないが、次がどうなるのか気になる。

カラスの親指(2012年製作の映画)

3.9

伏線などもあるが小ネタが多い。話の完成度はすごく高い
小説を読めばもっと楽しめるのかもしれない。それでも終わってからネットで色々調べて、「あーあれはそう言うことだったのか!」となる場面も多い。
時間は
>>続きを読む

キサラギ(2007年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

息つく暇もなく展開が進んでいき飽きがこない。最後の小栗旬の「ファンを一番大切にしていた」のシーンは少なからず心動かされた。最初の自己紹介からの伏線などが多く散りばめられていて複数回観ても楽しめる。>>続きを読む

ソラニン(2010年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

最後のライブのシーンは良かったが、ストーリー自体は予想がつく場面もいくつかあった。
ストーリーとしては
死んで、ギター覚えて立ち直って終わり、という感じ。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.0

コメディーだと思ったが、案外社会派の映画だった。ドキュメンタリー形式の場面もあったり、製作者の言いたいことが伝わってきたり。ちゃんとドイツのことを勉強していれば、十二分楽しめたのにとは思った。