げんこつさんの映画レビュー・感想・評価

げんこつ

げんこつ

友人に触発され、2018年初旬から突然映画観賞に目覚めてしまいました。浅瀬でパシャパシャほざいています。

映画(27)
ドラマ(0)

マルクス・エンゲルス(2017年製作の映画)

4.2

いやいや、期待通りの作品でした。
最後がちょいと粗かったかな?
でもこういう作品は好きだなぁ…。

秋深き(2008年製作の映画)

2.0

サラ金はどうなったのか?
競馬で幾らの配当があったのか?

詰めが甘く、もったいない。

そんな感想。

佐藤浩市さんの背景も謎ばかり。

もったいない。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

2.5

ドキュメンタリーなのか、違うのか。
超中途半端。
最後に流れたご本人の映像が一番印象深かった。
どちらかに徹したら良かったのではないでしょうか?(偉そうにすみません。)

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

4.3

本日、3本目の観賞。

いや〜、楽しかった。

会場全体が笑いに包まれ、みんなが感情移入しついついまじで応援し、ホロリとし、ハラハラし…。

そして、最後の最後で本当に心温まるシーンが。

昼間に観た
>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

2.5

期待しないで観ましたが、やはり自身の直感を信じれば良かった感じ。

深みがない。
感動もない。

何だかなぁ…。

リアル(2016年製作の映画)

2.0

配役のせいか、女性客が圧倒的に多く、しかも遅れてきて席に着く際も他人の視界を気にせず。また何か食しているのだろうか、ポリ袋を無神経にバリバリと音立てて雰囲気は最悪。こんな奴等が人の親になるかと思うと、>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

4.5

その昔、ダイハードを見て衝撃を受けた時と同じような感じ。
思わず手に力が入ってしまう傑作。
楽しかった!

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.5

歴史が語り継がれていくためには、誰かしらの尽力がないと駄目なんだと改めて思い知らされた内容。
隣国でつい最近になって起きていた現実。圧倒的なパワーで魅了されました。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.5

面白かった!

ようやく【ダンケルク】の意味がわかった!

英語のタイトルがどの部分を指しているかは考察しないとならないけれども、あまりにも邦題と懸け離れていることが残念。

ならば代替案があるのか?
>>続きを読む

監獄の首領(2016年製作の映画)

3.5

ちょうど良いタイミングで機内放送が流れたり、あと数分で終わりなのに、降機せざるを得なかったり…

続きはDVDを買おうとしたら、先の6月6日発売だったり。

なかなか縁のない作品となりました…笑

デトロイト(2017年製作の映画)

3.0

アメリカの差別主義を体験していないからなんとも言えないけれども、おそらくいまだに蔓延っている考えなんだろうな。
で、結局この映画の意思は何だったのかが私には分からなかった。残念。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

2.0

私はこのテイストがどうしても理解できないです。自分には芸術的センスが備わっていないのかな?多分そうなんだろうな。思ってしまったことは、仕方が無い。

米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー(2017年製作の映画)

4.5

さすがTBSの作品。ニュース映像構成もののため、強烈な説得力があり興味深かった。

おクジラさま ふたつの正義の物語(2017年製作の映画)

3.8

いろいろな視点からイルカ漁の是非を問うていて、面白かった。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

ついつい【U・ボート】をイメージしてしまったが、煮え切らなかった…
そもそもダンケルクの話って、日本では世界史で教えていないんじゃないのかな?

アクト・オブ・バイオレンス(2018年製作の映画)

2.5

何となく安っぽい感じ。本気でこの映画が世界的大ヒットをすることを狙って制作されたのか?

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

5.0

複数回観賞しようとしたけれども、終わっていた…。
台本が読みたい。
石原さとみさんの役が安っぽい。他の方ならば…。

ヒューマン・ハンター(2017年製作の映画)

1.0

人物説明、背景がかなり雑なため、誰が何の立場で物語が推移しているのかが、わからなかった。

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

5.0

何人殺そうと、真の愛情に飢えているスクヒの甘く切ないラブストーリーに、毎回胸打たれまくっています。
また実は見落としているシーン、聞き漏らしているセリフがいかに多かったかを思い知らされ、観れば観るほど
>>続きを読む

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

3.0

もう少しノンフィクションならではの緊迫感が表れていたら良かったかな?

ザ・メイヤー 特別市民(2017年製作の映画)

3.5

日本料理屋のシーンで、「大阪から取り寄せた納豆だから食べなさい。」という台詞が代表するように、推敲が足りない感が否めないです。