Jさんの映画レビュー・感想・評価

J

J

ドイツ在住。写真家。映画の中にごく稀にある静止画なシーンに心を打たれる。それだけで点数が上がる時もあれば、シーン以上にストーリーが秀逸だと気に入る傾向にある。☆4.5以上は自分の中で95点以上の感じですごくシビアにつけたい(希望)。ズバッと書くつもりです。

映画(844)
ドラマ(0)

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

3.9

追憶は人を黙らせる。

でも本当はそうじゃない。誰かに伝えたくても、それを話すために涙を越えなければならなかったり、人を選ぶからだ。

物語は、丁寧に作ってあって、とてもよかった。自分を巡る旅は誰だっ
>>続きを読む

二十世紀少年読本(1989年製作の映画)

4.6

監督を後ろに、大切な人と見たこの映画は一生忘れないだろう。その時間と空間は不思議な雰囲気を醸し出していて、現実感がなく、どこかへ旅立たせてくれるようだった。

僕にまとわりついている死の肌触りは、確か
>>続きを読む

夢みるように眠りたい(1986年製作の映画)

4.6

時間と空間を飛び越えるロマンに溢れた作品。監督のただならぬ情熱と映画製作に集まるモンスターたちの競演。

妖しく研ぎ澄まされたモノクロのシーンは、フォトジェニックで、、ああスチールでいたかったと思って
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

1.1

あれ面白そうなのに、、

久しく面白くないアニメ映画(⌒-⌒; )

冗長すぎる間とか、テンポとか、そこだけきちっとして、もうちょっと展開増やすしかないでしょ。

タイムリープものは、恐ろしく情報量の
>>続きを読む

恋する惑星(1994年製作の映画)

4.3

あー素晴らしw

出会いの奇跡、別れの意味、そういうことを人生で体験しだしてから、ぐっと現実の物語も映画のように華々しく、切なくて、時間と空間の中で千差万別に起こっている。

そんな人生の、ほんの一瞬
>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

4.9

何か大きなものを失ったことのある人には、涙なしでは見られない映画。人は傷つき、倒れても、世界は待ってやくれやしないし、心が本当に疲弊してるときに助けの手を差し伸べてくれる人なんて、そういやしない。>>続きを読む

グリーン・デスティニー(2000年製作の映画)

3.9

ワイアーアクションの流行りのど真ん中映画。
昔見たときの感動から比べて今見て見ると、少しおぼつかない感じもあるけれど、こんなシーンを作り上げていった映画としては最高!

物語としては、少しアクションよ
>>続きを読む

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

3.9

現実こそ地獄だ!さー映画を撮ろう!

こりゃ、、、琴線にふれまくるクソ映画。
この熱量もってなかったら映画なんて撮れないよね。
すげーーー

頭ぐちゃぐちゃだわ、映画監督って

超青臭い自慰行為を見せ
>>続きを読む

アキハバラ@DEEP(2006年製作の映画)

3.0

アメリカンなガレージ青年たちをニッポンのアキハバラへということだろうけど、、、サベイランスという映画みたいだったな。

テンポとか展開とかは悪くないんだけど、
なんかちょっと違う感じ。

なんだろな。
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

4.4

恋の誕生と死。
そしてその死は生き続ける。

長い映画だが、
とてもシーンが丁寧で、没入感がある。
アデル筆頭に他の登場人物も、どれもリアリティがあって、
演技には思えなくなってくる。

はぁ、、愛と
>>続きを読む

ファウスト(2011年製作の映画)

4.2

高尚な作品だわね。
これ、とんでもなくすごい作品だわ。
とっても現実的で、その中にごく自然に、悪魔がいる。
ゲーテのファウストは、とても当時からしたら、
とってもSF的でファンタジックだったから、
>>続きを読む

存在の耐えられない軽さ(1988年製作の映画)

4.4

小説のすごさを知りつつ、映画は遠ざけていたのだが、、

ようやく見た。今見てよかった。
小説とは違った見せ方だが、原作に負けないくらいの
パワーをはらみ、ヴィジュアル表現でできるセンセーションがあった
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.4

Look down!

オペラ座の怪人のエネルギーを知ってるだけに、この映画はなんだか避けて来た。たぶんエネルギーが必要かなって。

でも、今日ようやく見ることができたけど、
やはり揺さぶられるなぁ、
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.6

これは、かつて見ていた人からしても、なかなかな出来栄え。
キメラで来たか、、

最後は、ちょっと色々to muchな演出を感じるけど、
きっと最初から見て来た人たちへのファンサービスとかかしら。
むね
>>続きを読む

クラッシュ(2004年製作の映画)

4.4

巨大都市LAに感じる、
苛立ちや人種差別を浮き彫りにした作品。

こんな超連続で事は起こらないのかもしれないけれど、
大都市の中に感じる焦燥、見えない人種で区切られた壁、
貧富の格差、、夢に絶望、あら
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.1

巧妙な脚本に感服w

シーンを劇的に表現しすぎず、あくまでも単調を装う。
そこがさらに巧妙さを生み出し、シーンを楽しませてくれる。

あなどるなかれ、とりあえず楽しめ。

集中してみないと置いていかれ
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.5

すごいすごいすごいすごい。
こんな映画、絶対見なきゃダメだわw

言葉がチープになるくらい、度肝を抜かれる。

映画は出尽くしてなんていない。
優れた脚本とシーンと、そして時代が重なれば、
いつだって
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

1.7

なんじゃろね、、

酷評されても、なんか面白そうなポテンシャルを感じていたんだけど、、
キムタクくんはとりあえず置いておいたとしてもさ。。

でも、そうね、なんだかね、、
これだったらIzoくらいの方
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.5

あれ、面白いのは面白いんだけど、、

メインストーリーが実写になって、テンポが遅くて
ちょっと残念な感じにw

でも面白いからまぁとなるだろうけど、、
実写になって油濃くなっただけに、
テンポよく、サ
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.8

家族ってさ、
いつから大事なものを失うの?
人は生き続けると大事なものを失い続けるのかしらね。

再生の物語なのか。
はたまた試練の物語か。

大事な何かを思い出させてくれる物語。

うん。いい映画。
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.8

おもろいw
テンポがよい。途中でグダるけど、まぁいいのでは。
とりあえず物語がしっかりしていて、構造も展開もしっかりあるから、あとは演技派実力派俳優陣が見せてくれて楽しめる。

物語はいいづらいから、
>>続きを読む

天使のいる図書館(2017年製作の映画)

3.4

こりゃ、主人公のキャラがちの映画やね。
がつんと重い悲劇的なものがあるわけでもなく、
淡々と図書館で起こる物語が紡がれる。

悪くはない。超面白いというわけではないけれど、
浸っていたくなるから、それ
>>続きを読む

MARS ただ、君を愛してる(2016年製作の映画)

1.7

むむ。
美しく光を描いてるけど、、そこがいいくらいねw
映画いらないって感じかしら、、知らないけど。
恋愛映画って、こういうのばかりだといらないね。

PとJK(2017年製作の映画)

2.3

設定乙。

まぁなんだ、どんな身分でも立場でも、愛に国境がないのと同じように、とりあえず、くっつきあえるということね。妄想甚だしいけれど、そんなことも世界のどこかでは起こるということだから、まぁよしと
>>続きを読む

傷だらけの悪魔(2017年製作の映画)

3.4

いじめ。

因果応報という言葉があるけれど、
いじめって時折そのようなことで説明できるのだろうか。
世界の狭さに気付ければ、いい。

ただ誰が一体それに気づけるのだろうか。
そこが一番のポイント。
>>続きを読む

ピーチガール(2017年製作の映画)

3.1

物語の展開が、ちと多いというか、
もしくは小さくいくつか大筋が分けられていて、
それぞれのつながりの部分がどうにも、、

これもドラマで見た方がいい感じ、、映画的まとまりが少し薄いかな。

それぞれキ
>>続きを読む

一週間フレンズ。(2017年製作の映画)

3.5

こういう記憶もの、、

確実にコンフリクトも起こしやすいし、
物語の展開も様々できて面白くなりやすい。

恋愛の切なさをなんども見ることができたのは、
到達するために必要な布石だね。

いい恋愛映画で
>>続きを読む

ReLIFE(2017年製作の映画)

3.6

なかなかどうして、いい映画だった。

結構ありきたりな感じだけど、その予定調和の中に転がってくれる物語は、きっといつでも色あせることなく甘酸っぱくて、いいよね。

今を大切に。

銀の匙 Silver Spoon(2013年製作の映画)

2.3

知らない世界へ入っていくとなると、それなりに説明的なシーンが多くなってくる。そこが少し微妙な感じだったけど、漫画漫画しすぎてないドラマが感じられて、これはこれでよかったな。

あれ、でもそれくらいの印
>>続きを読む

裏切りの街(2016年製作の映画)

3.7

なんとなーく、わかります。

なんとなく生きることができる、世の中だからね。
なんとなく生きていることが悪く見えるのだろうけど、
なんとなく生きていることはごく普通のことかもしれない。
なんとなく生き
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

4.0

またこれまた、心に突き刺さる恋愛映画。。

もうね、、ルビー最高ってなる映画だわ。。

物語としては、楽しい時は最初だけ。
あとはコンフリクトや山あり谷ありじゃないと続かないね。
単調で平和な物語なん
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.9

およそ理解しがたいかもしれない。
それにも関わらず、一体なんだろう、この苛立ちは。
それでもこの映画が明らかに映画を超えて文学となっているのはわかる。いやそもそも映画の中に文学が入らせてもらっていると
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

4.0

ヒーローなんて、一見人を殺戮しているイメージはないんだけど、
ヒーローって言うくらいだから、、、

でも史実に出てくるようなヒーローって本当はただの殺戮マシンみたいなもんじゃない?とか人よりかっこよく
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.0

人知を超える期待はやはりAIには起こりうることなのか。
アクションや悲劇的展開から劇的に物語が動くわけじゃない、脚本ありきの会話劇。とてもゆったりとラグジュアリーな時間の流れ方。面白いけれど、この静寂
>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

4.3

非常に難しい作品だけど、、
AIについて、ある程度普通に受け入れてからの準備が必要かもしれない。
とはいえ、ごく普通にロボットが日常に入り込んでいる世界のお話は、、ドキュメンタリー風の入り口からとても
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

これはLAの人間模様やハリウッドの特殊性なんかちょろっと知ってると鳥肌立つかもwロスは、車社会で渋滞も多い。しかしながら個々の車に閉じこもっているわけだから隣や近くの人と交流なんてもってのほかだ。自分>>続きを読む

>|