ギャオスさんの映画レビュー・感想・評価

ギャオス

ギャオス

鑑賞記録なので簡潔な感想のみ
駄作ほど筆が進みます

映画(151)
ドラマ(0)
  • 151Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.5

音がとても印象的。
字幕がつかない隣の部屋の会話や小鳥のさえずりなど台詞以外の音で溢れている。
Netflix映画なんだけど、やっぱ映画館で観たほうが良いなぁ

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

すこーしセンチが過ぎるけど許そう。
間違いなく最高のSF映画の一つだ。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

テンポがメチャメチャ良い。だけに、注意して観ないと大事なところを見落としてしまうかも。
特に何かが起こるわけではないのだけれど雰囲気良い映画。
欲を言えばゆっくり魅せてくれる推しのシーンが欲しかった。

百円の恋(2014年製作の映画)

3.5

思ったよりスポ根でした。
安藤サクラのステップが良いね

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.5

益代&由美子剣店のインパクト強め

思ったより悪くないKAIJU映画でした

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.0

うーん、これは名作。

観終わって、これシェイプオブウォーターと似てる!って思ったら同じ監督でした。

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

4.0

きれいな青春だなぁ
ストーリー云々は抜きにしてもとにかく画が良いので観る価値ありです。
あんな美しい性描写があるかねえ

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.5

フレディの顔に違和感あり(笑)
知ってる曲がバンバン出てきて気持ち良かった。特にラストのライブエイドのところはめちゃめちゃ良い。

んでもこの手の映画だとジャージー・ボーイズのほうが雰囲気が好きなんだ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

これは良いゾンビ。
邦題考えた人サイコーです。

人間ドラマとして成立させてるところが韓国映画のクオリティーの高さ。
ゾンビ相手にヒャッハーしないのが◎

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.5

ツッコミどころは満載ながらも王道のサメ映画。
抑えるところは抑えてるのでニヤニヤできる。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

普通
改めて初代のアイデアと映像クオリティーの高さを思い知った。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.0

2時間ドラマに毛が生えた程度の映画。
作りがテレビ的で音楽がうるさい。

好きな俳優が出ているならば観ても良いとは思うけれども、別に映画館で観なくても良い。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

好きな監督の新作なので期待を持ちすぎたかも。ブッ飛んだ感じが抑えめ。
良い映画ではあったと思うけど…

一つ言えるのは、映画館で観るべきだった。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.0

前評判ほど悪くはなかったが、イラッとするというか、はあああああ???っというシーンがいくつかあった。

スター・ウォーズとしては最低、映画としては普通。
新しい発想が全くない。これはファンが作った映画
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.5

楽しめないことはないが、こんなにも高評価の理由はわからなかった。

戦いのシーンはとても良い

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.5

熱狂する要素が今のところなくて少しさみしい。

王の凱旋観たらバーフバリ!バーフバリ!ってなるんかなぁ

仄暗い水の底から(2001年製作の映画)

3.0

悲しい話だなぁ。
雨とか染みとか水関係の描写は好き

プレデター(1987年製作の映画)

3.0

昔の映画の爆破シーンは何度見ても良い。
プレデターの性格?がよくわからない

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画のどこが高評価なのか全くわからない。久々に気持ちの悪い物を観た。

セリフの言い回しのほとんど全てが気持ち悪い。人物から自然と発せられるものがなく、シーンに応じてこのセリフを言わせてやろうとい
>>続きを読む

モーターサイクル・ダイアリーズ(2003年製作の映画)

4.0

2度目の鑑賞
ガエル・ガルシア・ベルナルが好きなので贔屓目な点数

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.5

個人的に難解というか答えの出ない映画は好きじゃないんだけど、画が良かった。
絶対的な正解はなく、それこそ観た人がどう思うかに委ねられるということで。
色々とレビューや考察を読んだうえで思うのだけど、ど
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

ありきたりではあるのだけれど、ほっこりにっこりできる良い映画。

悪いところがなく、万人にすすめられる点も○

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

これは◎。作りはシンプルで笑いどころが多数、映画館で観るって良いねぇと感じさせてくれる。単館で観るともっと良かったかも。

前評判どおりに楽しめました。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

差別が日常的にある光景ががが
いろんな意味で怖い。

もっとコメディタッチだと思っていたけど全然そんなことありませんでした。

愛の渦(2013年製作の映画)

2.5

まったくエロくない。なぜならこれはギャグだから。3Pでも4Pでもなく個々のセックスをクルクル映してるとこなんてとてもシュールです。

映画としては…。舞台だとまた違うのかな。

最初の緊張感とかリアル
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.5

幻獣たちの見た目がいまいち。
時間の使い方が下手くそに感じた。魔女狩り団体をもう少し丁寧に描いたほうが良かったのでは…

まぁファンタジーのワクワクもあり、全体的には十分楽しめました。