じゅんさんさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

じゅんさん

じゅんさん

浅く広く〜(((o(*゚▽゚*)o))) 気になった映画をジャンル問わずみております。
レビューの書き方が常に迷走中(笑)

映画(660)
ドラマ(0)

ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で(2016年製作の映画)

3.5

単に時系列がバラバラになっているだけではないとわかった時、混乱。明確な真実が見えないまま終わってしまった感じがずるい。

エル・トポ(1969年製作の映画)

3.6

なんとなくわかるような気もするけど、やっぱりよくわからない!
なんとなく観てるとまったくわからないけど、真剣に観るとすごく疲れる映画。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

ヨシカ可愛すぎ!サンになりたい立候補したい(笑)単なる恋愛ストーリーではなく、自己のあり方ついても深く語られていてかなり惹きつけられるストーリーでした。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.7

ストーリーを知らない状態での鑑賞。謎解きもさることながら、それぞれの思いが重なり合っての結末、名作と呼ばれるのも納得。映像も綺麗でキャストも豪華なのでとても観やすかったです。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.2

わかりやすくて良い!これだけ壮大なスケールでシンプルすぎるストーリー!気持ちが良い!!素晴らしい!!潔い!!父バーフバリと比べて息子バーフバリのほうがきちんと弱く設定されてる細かさも好きです。

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.8

こういう事って本当にあるんだな、ということを知ることができたので、この映画を観て良かったと思います。なによりモレッツさんの熱演がすごかった。

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.3

過剰な表現が多過ぎて疲れるし笑ける。登場人物たちの関係とかもつれ具合とかはすごくおもしろかった。

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.2

家族のごたごた、街のごたごた、友情と愛情。終着点はどこにむかうのか、、。物語への引きこみ方がうますぎる。あっという間の4時間でした。

リュミエール!(2016年製作の映画)

3.8

世界初の映画ってどんなのだろうという興味のみでの鑑賞、字幕版でうとうとしながら。BGMと、いい声のナレーションの相乗効果で眠気が、てか夢をみているような感覚でしたね。はい!撮影された映像の構図が絵画の>>続きを読む

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

3.9

病気のこと家族のこと生きるということ、実際に撮影された映像で進行していく様子、環境の変化がリアルに伝わってきた。魂は救われている。その言葉の重みが凄まじかった。

オリーブの樹は呼んでいる(2016年製作の映画)

3.7

おじいちゃんへの愛だけで暴走しちゃう孫アルマ可愛いじゃあないか。
切なくて熱い家族のお話でした。

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方(2015年製作の映画)

3.6

主人公もっと若いとおもってて観始めがっかりしたけど←、そこに面白さがつまってた!ちょいちょい出てくるダニエルくん、エズラさんにも笑わされた。

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.3

急にファンタジーな展開に、、あんた誰なの!?
50年、100年と時代を重ねていく様子がイメージできるラストはなんとなく良かった。なんとなく。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.6

クズ男とダメ女、ずぶずぶ。自分のことを客観視するのは難しい。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

字幕版で鑑賞。キャラクターたちの動きがものすごく可愛い!予告とか観てて冷たいイメージをもっていましたが、たくさんの愛につつまれていてとても暖かいお話でした。

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.0

映画音楽の歴史と作曲家たちのいろんな想いを知ることができました!そして、なんといっても数々の名曲を名シーンと合わせて聴けるのはすごく良かったです。あと、ハンスジマーのファンになりました。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.7

遺体の身に起こった不可解な出来事をひとつひとつ解いていくにつれ恐さが増していく。終盤のバタバタがいかにもホラーって感じでちょっと残念な気もするけどかなりビビりながら観れました。

ラプチャー 破裂(2016年製作の映画)

3.0

全体的にオーバーすぎる演出が気になりましたが、ストーリーはなるほどなぁという感じ。監視したり誘拐するのはわかるけどそもそも素質をもってる人をどうやって見つけだしてるのか、恐怖を感じないだけの人を増やし>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.5

美女と野獣にそれほど思い入れもなくディズニー版もはじめて観るので、なるほど〜と、これがディズニーの美女と野獣なんだな〜と。お城と村が意外と近かった。

ウィンター・ドリーム~氷の黙示録~(2016年製作の映画)

2.2

観はじめて数分でダメだこれは、と気づく…それ正解!美術だけすごい!あとはダメ。冒頭で丁寧に説明してくれた設定をすべてぶち壊して無理矢理ストーリーを進めていくスタイル、ダメ絶対!

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.6

FBIをもまいてしまうおじいさん達の豊富な経験値、恐れ入りました!てか、走り方(笑)

まともな男(2015年製作の映画)

4.0

苦笑いしながらお父さんもうおよしなさい、ってなりました。つじつまが合わなくなったら消せばいいんだ!んー、観終わってからのむずむずした気持ち、どうしてくれるのか!

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

不気味な雰囲気が漂い続ける、謎がとけた時のもやもやがとれてスッキリした気持ちとじわじわくる怖さ。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.4

ここ!というシーンの緊張感のなさ、ご都合主義のストーリー展開にすこし退屈しました。もっとスターでウォーズをしてほしい!!

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.3

結末、展開はおもしろかったけど誰がなにやってるのかわからない!!てかヒートアップしすぎ!みんな馬鹿すぎ!

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.0

クセが心地よく感じてきたらもうだめだ。ホドロフスキーの親父越え。ふわふわとしたものがグッと地につく感覚をたっぷり味わえました。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.1

子供にとってなにが大切でなにが幸せなのか、大人が決めていいものじゃないんだなと。実の親子ではなく叔父と姪という関係だからこその絆みたいなものもすごく感じられました。あとはメアリーの表情やしぐさがいちい>>続きを読む

(2016年製作の映画)

3.0

これといって突出したものもなく展開も読めすぎるありふれたサスペンスでした。長谷川京子さんの唇が1番の衝撃でした。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.7

恋愛SF青春カルトムービー!全然普通じゃないことが起こってるけど、なんかまぁ行き着くところは同じなのかなと。女の子に話かける方法というか生き方を学べるお話でした。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.7

新キャラクターどどんと登場で今後の展開がますます楽しみになる作品!サイボーグがかなり気になる!あとはやっぱりワンダーウーマン!ガルガドット最高ですね、たまらんですね。だけどバットマン好きとしてはかなり>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.9

愛と意地の物語!勢いで突っ走ってる感も持ちつつしっかりと計算しつくされた展開に見事に持ってかれちゃいました!登場人物のキャラがそれぞれ強すぎて誰をみてても楽しめました!ゆでたまごが無性に食べたくなる~

灼熱の肌(2009年製作の映画)

2.9

アナデアルマスのおっぱい、です。
飲み込まれるかとどまるか、失敗もまた経験値。

泥棒野郎(1969年製作の映画)

3.6

架空の強盗犯のドキュメンタリー。ずっとバカやってる映画。飽きずに最後まで観れたのが不思議なくらい(笑)ところで今日は雨ふってる?