junさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

jun

jun

洋画と海外ドラマがメインです。

映画(577)
ドラマ(11)

タイムトラベラーの系譜 ルビー・レッド(2013年製作の映画)

3.3

タイムトラベル能力に目覚めた女子高生の冒険を描く三部作の1作目。
1作目は謎を提示するところまでで、その回収は2作目以降に期待。

恋愛要素が強めのファンタジー。
パートナーの男の子が、それまで付き合
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

ゾンビ映画風コメディ。
シナリオで楽しませてくれる良い作品です。
面白かったです。

低予算じゃなかったら、そこまで話題にはならなかったんじゃないかな、とは思うけどね。
2019.3.17鑑賞(201
>>続きを読む

猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014年製作の映画)

3.8

猿の惑星、リブート版の2作目。
猿インフルにより荒廃した人類社会と、高い知能を備えて社会を築き始めた猿たち。双方の交流と反目から、次作へとストーリーが進むのかな。

安定した良い作品だと思います。
2
>>続きを読む

聖☆おにいさん(2018年製作の映画)

2.5

ゆる~いショートストーリー集。
わざわざ映画にする必要があったのかなぁ・・・?

2019.3.3鑑賞(2019年4作目)

セル(2015年製作の映画)

3.0

携帯電話の電波によって感染する、新しいタイプのゾンビ映画・・・と思いきや、徐々に不可思議な世界観にまぎれこんでいきます。

前半はスピーディーな展開に大興奮。
後半は不思議なキャラに困惑。

スティー
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.8

閉鎖空間で人間の狂気にさらされる恐怖。

盲目の老人宅に押し入るが、退役軍人である彼の反撃にあう3人の若者。
これだけだと老人を応援したくなりますが、その老人が抱える狂気が、この映画の恐怖の源泉。
>>続きを読む

ナイト ミュージアム エジプト王の秘密(2014年製作の映画)

3.3

「ナイトミュージアム」第三弾。
大団円の最終章として、きれいに纏まっていたと思います。
2019.1.1鑑賞(2019年1作目)

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD(2015年製作の映画)

3.0

「進撃の巨人」実写版後編。
基本的な感想は前編と同じ。

原作との乖離は、さらに激しくなり、もう名前が同じだけの別キャラ。
2018.12.31鑑賞(2018年62作目)

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2014年製作の映画)

3.3

「進撃の巨人」実写版前編。
原作を知っていて、かつ原作との乖離を気にしない、という人であれば、結構楽しめると思います。(自分のように。)

設定説明が少ないので、原作を知らないとついてこれないでしょう
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.0

実際に起こった原油流出事故をもとにしたパニック映画。

「大丈夫だろう」ではなく、「何かあるかもしれない」という感覚で物事を考えないと、どこに事故リスクが潜んでいるか分からないですね。
これは、自動車
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

2.7

新垣結衣と瑛太が卓球のミックスペアを組む話。

コメディタッチのオーソドックスな展開、
全く上手く見えない卓球シーン。

ガッキーは可愛いね、というだけかなぁ。
2018.10.28鑑賞(2018年5
>>続きを読む

最高の花婿(2014年製作の映画)

3.8

フランスのコメディ映画。

敬虔なカトリック教徒の家庭に育った四姉妹。
彼女たちの結婚相手が、イスラム教徒、ユダヤ教徒、中国人と、両親は複雑な心境。そして末娘が連れてきた婚約者は黒人。

人種や宗教と
>>続きを読む

マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり(2015年製作の映画)

4.0

デートの相手と間違えて声をかけられたナンシー。
そんな出会いから始まるラブコメディ。

とっても楽しくて、最後にほっこりする、良い映画でした。
2018.8.20鑑賞(2018年57作目)

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.8

「ブレード・ランナー」の35年ぶりの続編。
ストーリー上のつながりがあるので、前作を観てからの方がより楽しめると思います。

本作は、言うなれば、とても切ない愛の物語?
2018.8.19鑑賞(201
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.2

トランスフォーマーシリーズ第5弾。

オプティマスプライムが敵に!?
という謳い文句だったのに、オプティマスの登場シーンがとても少なくてビックリ。
そして、対トランスフォーマー部隊は場をかき乱すだけで
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.3

東西冷戦末期のベルリンで、シャーリーズ・セロン演じるMI6の凄腕スパイが大活躍。そんなスタイリッシュ・アクション映画。

ストーリーは、「二重スパイは誰だ」という謎もあって少々難しく、置いていかれ感も
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.3

アガサ・クリスティ原作のミステリー。

超有名作品で、犯人は分かっているので、どうしても評価は低め。
とは言え、美しい映像と豪華スター競演で、十分に楽しめました。
2018.8.16鑑賞(2018年5
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

スティーヴン・キング原作のホラー映画。

ホラーですが、恐怖というより、急な登場などによるビックリの方が多かったです。
2018.8.14鑑賞(2018年52作目)

テッド 2(2015年製作の映画)

3.5

パロディと下ネタ満載のコメディ第二弾。
たまに、やり過ぎでしょ、というところもあるけど、基本的におバカな笑いを楽しむ映画。

それにしても、リーアム・ニーソンのシーンの意味が分からない・・・。
201
>>続きを読む

パパvs新しいパパ(2015年製作の映画)

3.8

ウィル・フェレルとマーク・ウォールバーグ共演によるファミリー・コメディ。実父と継父が、どちらが子供たちに好かれるか張り合って、どんどんエスカレートしていきます。

コメディ要素満載、ちょっぴり家族愛。
>>続きを読む

特捜部Q Pからのメッセージ(2016年製作の映画)

3.8

デンマーク警察 未解決事件捜査班「特捜部Q」の刑事が活躍するシリーズ第3作。

序盤は「3作目はイマイチかな」と思っていたら、いつの間にか物語に引き込まれていました。
原作小説は続編もあるので、映画化
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.7

トム・クルーズが、状況に流されながらも上手いこと成り上がり、最後に転落する話。
邦題のサブタイトルが内容と合っていません。
2018.7.15鑑賞(2018年48作目)

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.7

「ジョン・ウィック」第2章。
否応無しに殺し屋の世界に引き戻されていくジョン・ウィック。

前作の5日後から始まる続編で、本作でもキアヌ・リーヴスが無双します。
第3章にも期待。
2018.7.15鑑
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

「キングスマン」の続編。

前作に引き続き、音楽とアクションが楽しい作品です。
しかも今回は、エルトン・ジョンも大活躍!

映画としての楽しさは、前作の方が上だとは思いますが。
2018.7.15鑑賞
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.5

アメコミのヒーロー映画。
ワンダーウーマン誕生の物語。

アメコミ作品で、第一次世界大戦が舞台なので、仕方ないのかもしれないけど、ドイツ軍が単純な悪役というのは、一方的過ぎるかな。
アクション映画とし
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

スター・ウォーズ エピソード8。

世代交代しながら、信念は引き継がれていく。
そんな話なのかなぁ。
2018.7.14鑑賞(2018年44作目)

ラン・スルー・ザ・ナイト(2016年製作の映画)

3.3

絵画の贋作ビジネスをめぐるロシア製サスペンス。

主人公の女性カメラマンが、まるでスパイのように活躍します。素人が活躍し過ぎじゃないの、という気もしますが、結構楽しめました。
2018.7.7鑑賞(2
>>続きを読む

28週後...(2007年製作の映画)

3.3

「28日後」の6ヶ月後。
ゾンビ(ウイルス感染者)は全て餓死し、復興が始まったイギリス。
しかし、保菌者が発見され・・・。

今回も、ゾンビが走り回ります。
そして、子供たちが、悪気なく被害を拡大させ
>>続きを読む

28日後...(2002年製作の映画)

3.3

人間を凶暴化させるウイルスが蔓延したイギリスを舞台にした、サバイバルホラー。
まぁ、快足で追いかけてくるゾンビ映画、ですね。

ゾンビは怖いけど、人間も怖い、そんな内容でした。
2018.7.7鑑賞(
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.5

美女とサメの死闘。
シンプルな構成の中に、主人公の苦悩と再生も織り込まれて、アッという間のエンディング。
今更サメ? と思いましたが、結構いけるもんですね。
2018.7.6鑑賞(2018年40作目)

ドラキュラZERO(2014年製作の映画)

3.5

串刺し公は、如何にしてドラキュラになったのか。
そんなダークファンタジー。

串刺し公をダークヒーローとして描いていて、現実でも自国を守った君主という評価のようですが、この映画での行動は、単に個人とし
>>続きを読む

ハイランダー/悪魔の戦士(1986年製作の映画)

3.0

不死身の戦士が、最後の1人になるまで数千年の時を戦い続けている。
そんなSFアクション。

全編、殺陣が微妙で、残念でした。
良かったのは、主役を食ってしまうショーン・コネリーのシブさと、QUEENの
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.3

人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の実写映画。

期待せずに観たからか、「意外と面白い」です。
とは言え、長大なストーリーの一部なので、原作を知らないと分かりづらいだろうと思う一方で、原作好きには違和感
>>続きを読む

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮(2015年製作の映画)

3.3

「メイズ・ランナー」シリーズ2作目。
前作で迷宮を抜けた彼らの前に現れたのは、謎の組織WCKD。

前作以上に迷宮要素はなく、ゾンビ映画のよう。
それなりに面白いけど、普通のアクション映画になったよう
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

3.8

シリーズ第7弾。
今度の敵は、ジェイソン・ステイサム。ヴィン・ディーゼルやドウェイン・ジョンソンとの肉弾戦!
そして、車が空を飛ぶ!

7作目になっても面白い、すごいシリーズ。
さようなら、ポール・ウ
>>続きを読む

パージ:アナーキー(2014年製作の映画)

3.5

パージ第2弾。
今年もやってきた、12時間限定、全ての犯罪が合法となる夜。
前作は邸宅内の攻防でしたが、今回は街中を走り回ります。

前作より、立場の異なる多様な人々が描かれていて、なかなか楽しめまし
>>続きを読む