sさんの映画レビュー・感想・評価

s

s

20150614

映画(356)
ドラマ(0)

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.3

1年程前、小松菜奈があきら役だと知って「めっちゃイメージ通りじゃん」と思った。大泉洋が店長役と知って「...遠くはないけどなんか違うな...」と思った。
結果、どっちもハマり役でした。

あきらの普段
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.5

罪に大きさはあるのか?
罪を犯した人間は幸せになってはいけないのか?
殺人も事故もバッシングも同じ罪ではないのか?

簡単に正解が出せるテーマではないし正解なんて存在しないのかもしれない。

だからこ
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.8

仕事関係のバリキャリがこの映画をやたらと薦めてくるので見ました。

原題通りの感情、恋愛も家族愛も上手い具合にバランスのとれたとても良い映画だった。個人的にはなぜこんな邦題つけたんだという感じ笑

>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.8

ずっと見たくてようやく見れた。
とても好きな映画だった。

偏屈ジジイと少年の交流する話が好みなのかもしれない。グラントリノも好きだし。

ヴィンセントがまだ出会って間もないオリヴァーに
『シートベル
>>続きを読む

ストロベリーショートケイクス(2006年製作の映画)

3.6

10代の頃に見た時は淡々としてるなーとしか思わなかった。

答えを出すことから逃げて毎日を過ごす。
何も変わらないし切なさだけが日々残る。答えを出してたとえ望んだものではなかったとしてもこの空虚な毎日
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.3

環境が人格を形成する。
狭い世界での常識が広い世界では非常識だなんてことはよくあること。

トーニャの周りの人間はクズばかり。
ただトーニャがそんなに可哀想だとは思わなかった。
それは実話に基づいてる
>>続きを読む

NANA(2005年製作の映画)

3.2

あの虹を渡って あの朝に帰りたい あの夢を並べて 二人歩いた GLAMOROUS DAYS

2018.05.03

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.5

柳楽優弥×菅田将暉×小松菜奈
キャストだけ見れば自分好みの100点
タイトルはナンバガの曲の引用

『楽しければええけ』
この一言にすべては集約されている。
いちいちメッセージ性とか求めるなよ。楽しけ
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.6

『ダークナイト トリロジー』第1作目

アメコミに苦手意識があったので今まで見てこなかったがノーランだからなのかとても好きな感じでした。

バッドマン誕生の経緯がすごく作り込まれてて人間ドラマでもあり
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.4

松岡茉優さんが好きな映画だということで見ました。

実際こんなことがあったら怖いなと思いつつもジムキャリーだからなのか怖さはあまり感じない。

予定調和な人生などつまらない。
リアルに生きたい。

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

3.3

とにかく11歳のエルファニングがめちゃくちゃかわいい。

ハリウッドスターの主人公は派手な生活に見えてどこか空虚な毎日を送っている。
そこに元妻と暮らす娘が来て一緒に生活することになる。この父と娘の日
>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

3.4

原作が好きなので不安だったが映像演出共に良かった。小松菜奈可愛すぎる。

エンディングの映像もサカナクションの音楽も良すぎた。

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.5

個性豊かなでバラバラな家族がひとつになっていく。
黄色いワゴン車が良い味出してるなー。
みんなでワゴン車押して飛び乗るシーンは何度か出てくるけど何度見ても良いな。
ラストの飛び乗るシーンは各々の成長が
>>続きを読む

天才マックスの世界(1998年製作の映画)

3.2

ウェスアンダーソンの初期作品。

初期からウェスアンダーソンのセンスが溢れてる。
マックスのクラブ紹介が好き。
マックスは今でいう意識高い系だね。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.7

ピクサーの映像の完成度はすごいな...。

自分の夢を認めてくれない家族。
最終的には家族に夢を認めてもらえたけど、そうならなかった場合自分はどちらを選ぶのだろうかと考えさせられる作品でした。

GO(2001年製作の映画)

3.1

今見ても窪塚洋介がかっこよすぎてやっぱりカリスマだなと思う。
ミスチルの「youthful days」はこの原作の2人をイメージしてるんですね。

『お前らは俺が怖いから在日とか名前付けなきゃ不安でし
>>続きを読む

ヒミズ(2011年製作の映画)

2.4

原作は好きだけど園子温が苦手なので今まで見るのを躊躇してた。やっぱり苦手でした。
ただ、染谷将太と二階堂ふみはすごいや。

ショート・ターム(2013年製作の映画)

4.6

とても良かった。

子供や大人に関係なく人には弱さがある。
弱さと向き合う勇気、寄り添ってくれる人の優しさを兼ね備えた時、弱さは強さに変わる。そして、また別の誰かに優しさを与えることができる。

マー
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

自分が許せないから他人も許せない。
他人が許せないから怒りという感情が湧く。さらにその怒りが怒りを生む。負の連鎖。誰も幸せにならない。

自分を許すことで他人に優しくなれる。
その逆もまた然り。

ドラえもん のび太の創世日記(1995年製作の映画)

3.2

第16作目

おそらく母親に初めて映画館に連れて行ってもらって見た映画

録画したビデオも持ってて何度も見たなとしみじみした。
ただ大人になってから見ると地球の歴史に興味を持てる良いテーマだがもっと丁
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

老若男女誰が見ても楽しいような映画

まず曲が良すぎる。初めてサントラ欲しいと思ったくらい。

『お金なんてなくてもあなた達が居ればそれで幸せ』なんて言うようなミシェル・ウィリアムズが妻なんて...め
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.4

閉鎖された世界は欲望に満ち溢れている

また同じことを繰り返すんだろうな。

>|