juneatkinsさんの映画レビュー・感想・評価

juneatkins

juneatkins

映画で知って学んだことは数知れず。自分の記録+レビューを書くことで自分の意見を言う練習をしています。

映画(507)
ドラマ(0)

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.5

小さい頃なりたかった大人って、どんなだったろう、と、昭和の懐かしい風景を見ながら考えちゃいました。
それにしても阿部ちゃんのダメ男ぶりがすごい。私もこんな亭主はダメだけど、母親にとってはやっぱり可愛い
>>続きを読む

わが母の記(2011年製作の映画)

4.1

最初映る女性は、誰?と思いながらスタート。最後にああ、そうだったんだ、母の愛の深さ、と涙。今で言う認知症なんでしょうが、昔は家族がみんなで支えてたんですね。宮崎あおいちゃんは高校生役でもなんの違和感が>>続きを読む

アロハ(2015年製作の映画)

3.2

ただのラブコメかと思ったけど、アメリカとハワイの歴史も垣間見て、へぇ、そうなんだというストーリーもあって楽しめました。素の鞘に戻ってよかった!

抱きたいカンケイ(2011年製作の映画)

3.8

いいね〜アストン・カッチャーは相変わらず育ちのいい純な青年だし、ナタリー・ポートマンは今までの役とは違ってめちゃくちゃ可愛い❤️久しぶりのラブコメ楽しみました。

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

4.2

ちょうどタイミングよく観たせいもあり、まさに自分たち夫婦と照らし合わせました。「正しさ」より「優しさ」って本当だわ。

ディパーテッド(2006年製作の映画)

2.6

はぁー!?これで終わり⁈ というエンディング。ストーリーはハラハラドキドキ、フランク怖すぎて、さすがジャックニコルソンだけどBloody過ぎてついていけず。女医に渡した封筒はどうなったの? ああ、この>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.4

ストーリー性もエンタメ性もなく、モノクロで、メイドと働いている家庭の日常が淡々と描いている。だけど、なぜか惹きつけられるのは、映画というよりドキュメンタリー的な作りのせいかな。子どもたちはいつも無邪気>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

3.7

2015年くらいにドイツがほかのヨーロッパ諸国よりたくさんのイスラム系移民を受け入れてることは知ってたし、メリケルさんの寛容な政策に敬意もあったけと、国民はどう思って受け止めてるんだろう、ってずっと思>>続きを読む

家族はつらいよ2(2017年製作の映画)

4.0

やっぱり今回も揉め事が起こって、それでも家族会議の招集がかかると、ぶつぶつ言いながらもみんな集まる、それだけで家族っていいな、と思う。さりげないツボに笑い満載で時々涙。蒼井優ちゃんが光ってました。あー>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

いやぁ、ビックリしました、フレディの歌う姿ホンモノみたい😳ラミ、凄い!
久しぶりに身体が熱くなりました、目頭もまた。一緒に足踏みしたくなりました。
フレディの生い立ちは全く知らなかったのですが、歌詞の
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.8

戦争映画は好んで観ないですが、クリストファー・ノーラン作とあって観たかった作品。彼特有の時間軸が交差して臨場感があります。これだけの若者一人一人には家族があり祖国への愛があり、それを奪う、やはり戦争は>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.0

ウォーターボーイズ、フラガールなどスポ根ものですが、予想どおり爽やかなエンディング。みんな、卓球うまいなぁ。

アルゴ(2012年製作の映画)

4.0

プレビュー観た時は怖い! と思って観てなかった映画。目が離せない、ドキドキ、凄かった。はぁーよかった。

しあわせのパン(2011年製作の映画)

3.2

好きな人と好きな暮らしを二人で〜できればサイコーだな、しかし現実はなかなかねーと見終わったあと思ってしまった自分が残念。
おとぎ話のようですが、心はあったまりますし、何よりムチャ、パンが食べたくなりま
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

3.8

えっ😳やっぱりそうなるんだ! で終わったけど、逃げた僕の涙にじーん、ときました。ジョゼは強い、そして大人だ。
学生時代サガンを読んで、ずっとタイトルが気になってましたが、やっと観れた。ジョゼのセリフが
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.0

1か月も経っちゃった!やっと鑑賞👌
席座ったままの鑑賞は苦しい、バブリー世代ですから、踊りたくなりますね😅
それにしてもアンディガルシア、わかりませんでした😳渋くなった。Cherももはや年齢不詳です
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.7

だらしなーい女性がボクシングを通してドンドン強くなってく。ボクシングトレーニングのシーンは「ミリオンダラーベイビー」を思い出しました。なんてったって安藤サクラの演技がすごい。ひとつひとつの表情に訴える>>続きを読む

家族はつらいよ(2016年製作の映画)

3.6

とにかく笑った😂
まぁ、普通こんなに会話はないけど、アルアルのセリフにユーモアが入って頷くことしかり。橋爪さんのおじいちゃん最高!
家族構成は「東京家族」と一緒だけど、職業とかは変わってて、面白みが増
>>続きを読む

おやすみなさいを言いたくて(2013年製作の映画)

4.2

レベッカのangerが手に取るようわかる。紛争地帯で理不尽に生きる人を撮る写真家として、また妻母として生きる女性としてのジレンマ。社会的責任と家族は比べられない。ましてや子どもを犠牲にできる母なんてい>>続きを読む

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

4.0

ナチス時代に奪われた芸術品の数々、その背景にある人々の悲しい歴史に胸が痛みました。マリアとランディのコンビが素敵。最後に実話とわかってビックリしました。ストーリーが魅力的、クリムトの絵をまた違う眼で見>>続きを読む

Re:LIFE リライフ(2014年製作の映画)

3.8

チャラいけど心優しくユーモアに溢れて笑顔が素敵。いつまでもどこまでもいっても私のヒュー! 今回はいろんな映画タイトルも出てきて2倍楽しめました。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

ああ、この気持ち、わかるわかる、と懐かしさを思い出すとともに、自分が子どもたちを送り出した時のことも思い出して、母親に感情移入して最後は泣けました。

つぐない(2007年製作の映画)

4.0

予備知識なしで鑑賞。最初はどんな話かよくわからなかったのですが、戦争シーンからだんだん引き込まれていきました。ちょっとした出来心で愛する人たちの運命を変えてしまった少女の苦悩。映像と音楽がさらにその痛>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

2.8

ストーリーも映像もなかなかだったのですが、演技がコミカルなのかシリアスなのか、イマイチ、気持ちが乗らなかった。音楽は感動的だけど演技とマッチしてない、シラけてしまいました。

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.5

これが実話なんて驚くほどのラブストーリー! 律、じゃなくて、佐藤健くんのかっこよさに泣けました。

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

機中で鑑賞、笑いをこらえるのに必死🤣ラブコメ王の私のヒューは、ただのコメディ役者になってた!

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.4

この男性が誰か興味津々で観てましたが、ああ、そうだったんだ〜ってじーんときちゃったです。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

2.7

うーむ🤔私はこの手の作品はダメかも。途中で寝てしまいました。

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

4.0

底辺の生活からまたまた途中どんどん落ちていってどこに希望があるんか、と思ったけど、ラストシーンでメチャホッとしました。観てよかった!
ねえちゃん、ねえちゃん、と言う菅田将暉の弟がホント可愛い。今はなか
>>続きを読む

追憶の森(2015年製作の映画)

4.2

Time誌で渡辺謙とマシューマコノヒーが共演と読んで興味津々で鑑賞。ストーリーを全く知らなかったけれど、煉獄、と聞いて、ああ、ナルホド。夫婦愛をモチーフに美しい物語でした。樹海も美しい。そばにいる人に>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.7

過去と現在がどう繋がるのかと興味津々で観ましたが、最後、ナルホド❗️ニノくん贔屓で見たかった作品ですが、それ以上に西島秀俊さんのよさがとてもよく出てました。料理好きなんで、ひとつひとつのレシピを一時停>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.8

パディントンベアは子どもの頃から馴染みあったけど、ストーリーは知らずに鑑賞。とっても面白い。映像もCGが入って迫力があるし、なにより、いろんな人がいても仲良くやってこう、というメッセージがわかりやすい>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.0

ペットそれぞれの表情がすごい。楽しめもした。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.2

アメリカンポップス大好きにはたまんない。とにかく声だして笑っちゃうほど、みんな楽しくて素敵❤️1番はカメレオンのおばちゃん❗️

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

2.0

アナログ人間なんで話の理解についていけず、いやぁ〜あり得んでしょ、と思いながらも、未来にはアリなんか、と思うとなんだか気持ち悪い。人間関係の構築って温度とか感触とか五感で感じるものが必要だと思うんだよ>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.2

サイコー! 人間の尊厳、人をレスペクトするってこういうことか、と改めて思った。そして人生にはユーモアが絶対に必要。ドリス大好き❤

>|