juneatkinsさんの映画レビュー・感想・評価

juneatkins

juneatkins

映画で知って学んだことは数知れず。自分の記録+レビューを書くことで自分の意見を言う練習をしています。

映画(495)
ドラマ(0)

しあわせのパン(2011年製作の映画)

3.2

好きな人と好きな暮らしを二人で〜できればサイコーだな、しかし現実はなかなかねーと見終わったあと思ってしまった自分が残念。
おとぎ話のようですが、心はあったまりますし、何よりムチャ、パンが食べたくなりま
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

3.8

えっ😳やっぱりそうなるんだ! で終わったけど、逃げた僕の涙にじーん、ときました。ジョゼは強い、そして大人だ。
学生時代サガンを読んで、ずっとタイトルが気になってましたが、やっと観れた。ジョゼのセリフが
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.0

1か月も経っちゃった!やっと鑑賞👌
席座ったままの鑑賞は苦しい、バブリー世代ですから、踊りたくなりますね😅
それにしてもアンディガルシア、わかりませんでした😳渋くなった。Cherももはや年齢不詳です
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.7

だらしなーい女性がボクシングを通してドンドン強くなってく。ボクシングトレーニングのシーンは「ミリオンダラーベイビー」を思い出しました。なんてったって安藤サクラの演技がすごい。ひとつひとつの表情に訴える>>続きを読む

家族はつらいよ(2016年製作の映画)

3.6

とにかく笑った😂
まぁ、普通こんなに会話はないけど、アルアルのセリフにユーモアが入って頷くことしかり。橋爪さんのおじいちゃん最高!
家族構成は「東京家族」と一緒だけど、職業とかは変わってて、面白みが増
>>続きを読む

おやすみなさいを言いたくて(2013年製作の映画)

4.2

レベッカのangerが手に取るようわかる。紛争地帯で理不尽に生きる人を撮る写真家として、また妻母として生きる女性としてのジレンマ。社会的責任と家族は比べられない。ましてや子どもを犠牲にできる母なんてい>>続きを読む

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

4.0

ナチス時代に奪われた芸術品の数々、その背景にある人々の悲しい歴史に胸が痛みました。マリアとランディのコンビが素敵。最後に実話とわかってビックリしました。ストーリーが魅力的、クリムトの絵をまた違う眼で見>>続きを読む

Re:LIFE リライフ(2014年製作の映画)

3.8

チャラいけど心優しくユーモアに溢れて笑顔が素敵。いつまでもどこまでもいっても私のヒュー! 今回はいろんな映画タイトルも出てきて2倍楽しめました。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

ああ、この気持ち、わかるわかる、と懐かしさを思い出すとともに、自分が子どもたちを送り出した時のことも思い出して、母親に感情移入して最後は泣けました。

つぐない(2007年製作の映画)

4.0

予備知識なしで鑑賞。最初はどんな話かよくわからなかったのですが、戦争シーンからだんだん引き込まれていきました。ちょっとした出来心で愛する人たちの運命を変えてしまった少女の苦悩。映像と音楽がさらにその痛>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

2.8

ストーリーも映像もなかなかだったのですが、演技がコミカルなのかシリアスなのか、イマイチ、気持ちが乗らなかった。音楽は感動的だけど演技とマッチしてない、シラけてしまいました。

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.5

これが実話なんて驚くほどのラブストーリー! 律、じゃなくて、佐藤健くんのかっこよさに泣けました。

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

機中で鑑賞、笑いをこらえるのに必死🤣ラブコメ王の私のヒューは、ただのコメディ役者になってた!

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.4

この男性が誰か興味津々で観てましたが、ああ、そうだったんだ〜ってじーんときちゃったです。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

2.7

うーむ🤔私はこの手の作品はダメかも。途中で寝てしまいました。

情愛中毒(2014年製作の映画)

3.5

「夏の香り」から10年以上たち、久しぶりにソン・スンホン見たさに鑑賞。ストーリーは韓国映画らしい展開で楽しめますが、それにしても邦題がいただけないなぁ。obsessed は「中毒」って意味じゃないもの>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

4.0

底辺の生活からまたまた途中どんどん落ちていってどこに希望があるんか、と思ったけど、ラストシーンでメチャホッとしました。観てよかった!
ねえちゃん、ねえちゃん、と言う菅田将暉の弟がホント可愛い。今はなか
>>続きを読む

追憶の森(2015年製作の映画)

4.2

Time誌で渡辺謙とマシューマコノヒーが共演と読んで興味津々で鑑賞。ストーリーを全く知らなかったけれど、煉獄、と聞いて、ああ、ナルホド。夫婦愛をモチーフに美しい物語でした。樹海も美しい。そばにいる人に>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.7

過去と現在がどう繋がるのかと興味津々で観ましたが、最後、ナルホド❗️ニノくん贔屓で見たかった作品ですが、それ以上に西島秀俊さんのよさがとてもよく出てました。料理好きなんで、ひとつひとつのレシピを一時停>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.8

パディントンベアは子どもの頃から馴染みあったけど、ストーリーは知らずに鑑賞。とっても面白い。映像もCGが入って迫力があるし、なにより、いろんな人がいても仲良くやってこう、というメッセージがわかりやすい>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.0

ペットそれぞれの表情がすごい。楽しめもした。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.2

アメリカンポップス大好きにはたまんない。とにかく声だして笑っちゃうほど、みんな楽しくて素敵❤️1番はカメレオンのおばちゃん❗️

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

2.0

アナログ人間なんで話の理解についていけず、いやぁ〜あり得んでしょ、と思いながらも、未来にはアリなんか、と思うとなんだか気持ち悪い。人間関係の構築って温度とか感触とか五感で感じるものが必要だと思うんだよ>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.2

サイコー! 人間の尊厳、人をレスペクトするってこういうことか、と改めて思った。そして人生にはユーモアが絶対に必要。ドリス大好き❤

あん(2015年製作の映画)

4.2

不思議な徳さんの登場から一気に吸い込まれるストーリー。河瀬監督の作品は日常の風景に季節感が美しく盛り込まれていて好き。内田伽羅ちゃんの初々しさと樹木希林さんの絶妙な台詞回しが心に沁みました。

そして父になる(2013年製作の映画)

4.1

二度目の鑑賞。またもや自分がこの母親だったらどうしただろうとめちゃくちゃ考えました。難しい〜

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.5

今でもまだある偏見。40年近くも前のことだから、理解してくれる人もいないし、司法までもが、敵に回ってしまって結局ハッピーエンドにならなかったもどかしさで終わった。
最近幼児虐待のニュースも多いし、結局
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.0

就活はいつからこんな形になったんだろう。カラスのように黒いスーツを着た群を見るたびに、個性が叫ばれる世と全く逆行してると感じるし、それに翻弄される若者が可愛そうになる。企業に好かれる人間じゃなくて自己>>続きを読む

あなた、その川を渡らないで(2014年製作の映画)

3.7

お揃いのシマチョゴリを着て手を繋いで出かけ、眠るときも手を重ね、時にはお互いいたずらをし、おばあさんのために歌うおじいさん。美しい風景と音楽を背景に老夫婦の淡々とした生活と愛に溢れた作品。最後は涙が止>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.2

最初はしょうもない話かと思って観てましたが、なんかドンドン入り込んでいく不思議な感じ。こういうオムニバスが最後繋がるのは好きなので楽しめました。桃李くん、いいなぁ。

四月は君の嘘(2016年製作の映画)

2.1

原作の漫画がとにかくいい、との評判で鑑賞。これはやっぱり、漫画の世界でしょうね。漫画ではOKのセリフも実写では浮きすぎて現実味がない。すずちゃんの演奏シーンはあっぱれ。賢人くんは役柄に幅がでてきて楽し>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.0

なんでこんな素敵な映画を今まで見逃してたのか! このコンビはほかの映画でも観たいけど最高。ユーモア満載なハートフルなラブコメ。最後のシーンにジーンときました。懐かしの名曲が満載。
今度山田孝之と長澤ま
>>続きを読む

紙の月(2014年製作の映画)

2.5

若い男に貢いで破綻なんてありがちなストーリーでさほどの感動もなく、感情移入もできず、やれやれという感じ。ただ、最後のリカの走るシーンは良かったし、タイまで逃げたのはあっぱれ。小林聡美がメチャ良かった。

星の旅人たち(2010年製作の映画)

3.8

風景も音楽も美しい。淡々とストーリーは流れるロードムービーですが、久しぶりにいい映画観たな、という気がしました。「ブレックファーストクラブ」のエミリオ、監督としても成長してますね。それにしてもこんなに>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.6

原作がとても良かったので、あまり期待せずに観ましたが、複雑なストーリーをよく再現してました。なんといっても西田敏行の演技のなせる技です。

>|