moviefrog

moviefrog

これしか映画を観ていないのかと思うと愕然とする

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.8

キノフィルム&フィルマークス試写会で鑑賞。

アカデミー主演男優賞、監督賞、作品賞にノミネートされ、編集賞、録音賞も受賞した作品を大手配給会社が買わなかった。ようやくこの作品がキノフィルム配給で日本公
>>続きを読む

トイレット(2010年製作の映画)

4.0

三兄妹の心が通いあっていく過程が丁寧に描かれ、祖母が家族の要になっていく所に胸打たれた。静かなのにドラマチック。弱い人間への眼差しが優しい映画。

映画ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム(2015年製作の映画)

4.6

気が遠くなるほど全てにおいて細かい。丁寧。そして緻密。クレイの造形、ギャグ、ストーリーの全てが。
映画としての吸引力が凄い。クレイアニメの最高峰。

上海バンスキング(1984年製作の映画)

3.1

封切り時に観た。良くも悪くも深作欣二の映画で原作とは乖離した作品。

影なき男(1934年製作の映画)

3.5

20年前に観た事を今思い出した。スクリューボールコメディ的ミステリー。美男美女と犬がいい。

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.6

静謐な愛の映画。ジュークボックスの音楽が何を意味するかが分かった瞬間に驚きで息をのんだ。

歌に気持ちを託すという純粋さと現実世界との乖離が辛く悲しい。映画がラストに向かうにつれて、これは繊細な心の奥
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション(2015年製作の映画)

5.0

驚くような美しさ。カラー版ももちろんいいんだけどモノクロ版の無駄をそいだ美の極地に見終わって疲労困憊。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.5

予想をいい意味で裏切る快作。劇場への愛、歌に思いを託すこと、舞台を作る難しさと情熱、キャラクター同士の思いやりと団結。こういうことを一応子供向けのアニメーションという枠の中でしっかり描いている事に驚く>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

人生は思うようにならない。
本当にやりたいことと現実の一致は難しい。
本当に愛した人とは結ばれない。
成功しても幸せとは限らない。

そういう思いを呼び起こした作品。
ラストの表情が切なかった。

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.6

不倫の末に妻から男を奪って結婚した主人公。二人の間に生まれた実子のみならず、前妻の子供達の世話、ダメ夫の面倒を一手に引き受け、スケジュールをやりくりしながら仕事もこなすが、そういう日々の中で「これは自>>続きを読む

ブラナー・シアター・ライブ2016 「エンターテイナー」(2016年製作の映画)

3.0

ローレンス・オリヴィエの依頼によって1957年に書かれた、ジョン・オズボーンの戯曲 The Entertainer のリバイバル。

この作品を2016年に上演する意味が、このシアター・ライブからは感
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「戦火の馬」(2014年製作の映画)

4.5

ナショナルシアターライブ2016最後の作品「戦火の馬」は美しい作品でした。醜悪な戦争をするのも人間なら、無機物に魂を吹き込むのも人間。演劇はここまでできるのかと驚き、無垢で罪のない馬の運命に深い感動を>>続きを読む

ハロウィン(1978年製作の映画)

3.6

子供の頃にテレビで見て、あまりのエグさに凍りついたのを思い出した。

>|