じゅんさんの映画レビュー・感想・評価

じゅん

じゅん

観たいものをを気ままに✩⋆。˚
評価は高めかも\( ˆoˆ )/
年間150本の目標に向けて鑑賞スタート!
2017年は146本鑑賞することができました。

映画(306)
ドラマ(16)

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

3.5

実は観たことなかったので今更鑑賞。
1作目はやっぱり超えられないかぁ〜!
ジュラシックワールド炎の王国っぽい感じ。
過ちは繰り返されるのです。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.6

じわじわくる!
男子高校生2人のダラダラした会話がずっと続く。でも面白いからずっと見てられる。
これまた見たくなるやつかも。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.7

1よりはストーリーは劣るけど、アクションシーンが増えてバンバン殺す。
今回も頑強なジョン・ウィック。
銃選ぶシーンカッコいい!
そしてラストは『11-11-1』
チャプター3も期待。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.8

亡き妻からの贈り物の犬を殺されたことをきっかけに殺し屋ジョン・ウィックの復讐劇が始まる。
彼を怒らせたら命はない。
一途で完全無敵なジョン・ウィック。
音楽もカッコいい。

予告犯(2015年製作の映画)

3.3

想像していたのと違ってラストは切ない。
生田斗真ってこういう役多いような。
戸田恵梨香が可愛い!

セレンディピティ(2001年製作の映画)

3.8

もしも運命ならまた必ず出会えるはず---。

ベタな話だけど、クリスマスが近くなると見たくなるお話。数時間過ごしただけなのに互いに何年も忘れられない存在に。
紙幣と本のくだりは運命だと確信しちゃう。

パーフェクト・センス(2011年製作の映画)

3.5

感染すると五感が順番に失われていく世界。あたりまえの世界が失われていくのって怖い。
エヴァグリーンとユアンマクレガーがセクシー。

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.8

ゾンビコメディ映画。
ゆるゆるっと観れる。
クイーンの曲に合わせてゾンビ殴るシーン好きだなあ。
ラストも◎

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

面白かった!
予告観た時から楽しみにしてたやつ!
ヴェノム見かけによらず、いいヤツ。
他のマーベル作品と関わったりするのかな。

交渉人(1998年製作の映画)

4.0

交渉人同士の心理戦、頭脳戦がすごい。
2人とも眼光鋭すぎ。
2時間あっという間に観れた。

横道世之介(2013年製作の映画)

3.8

平凡な生活。
平凡な世之介。

平凡でも思い返した時にふと誰かを笑顔にさせれるような人になりたい。

スプリット(2017年製作の映画)

3.3

ジェームズマカヴォイ凄い。
多重人格を演じ分けてて、表情でどの人格が出てきたか分かる!
前作見ずにみたので続編あるまでに見直しておきたい。

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.0

人生の中でやりたいことをリストにするのはいいかも。
残された人生で何をやりたいか、誰と会いたいか...生きがいを見つけなきゃ!

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

4.2

百万円貯まったら新たな土地へ。
こういうことしてみたい!

蒼井優が演じる鈴子が等身大でリアルな感じが良くて鈴子の不思議な魅力に引き込まれちゃう。
蒼井優の演技ってスゴイ。
森山未來の中島くんも良い!
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

音楽×カーアクション

どこの場面をとってもカッコいい!
雰囲気だけでも楽しめる。
ベイビーの目線や表情にうっとり。
チームのキャラもクセがあっていい。

個人的に少し残念なのは後半、ベイビーが郵便局
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.5

6人のクルーと火星で発見した未知の生物『カルビン』とのSFパニック作品。
ドキドキハラハラ。
私の好きな俳優さん達と、クルーの1人に真田広之さんが出演されてます。
日本人は最初にやられると思ってました
>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

3.4

「散る椿は残る椿があると思えばこそ、見事に散っていけるのだ」

原作を読み終え、いざ劇場へ。
設定がちょこちょこ変えられていました。
(例えば坂下源之進は父ではなく兄に、里美は母ではなく姉に変わってる
>>続きを読む

亀は意外と速く泳ぐ(2005年製作の映画)

4.2

ゆる〜い!
でも退屈せずに最後まで見終えた。
ほんわかした中に確信をつくものがあるからクセになるのかな。
少し視点を変えるだけで日常が違って見える!
明日からスパイになろう。

転々(2007年製作の映画)

3.8

「幸せはきていることに気付かないほどじんわりやってくる。でも、不幸はとてつもなくはっきりやってくる」

ゆる〜くほのぼの癒される。
散歩したくなった。

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

4.0

笑った!面白い!
伏線回収でスッキリ。
きっと夏になると見たくなる作品。
2回目見るとさらに面白い!

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

4.0

ボブ・ディランの曲が頭から離れない!
切ないけど、良き映画でした。
観る前は『アヒルと鴨のコインロッカー』って何だろうって思ってましたが観て納得。配役も◎

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016年製作の映画)

3.2

高畑充希ちゃんを愛でる映画。
キッチンに差し込む光や花畑、爽やかな二人がとても綺麗でした。
お家での二人のやりとりも胸キュン♡
何も考えずにほっこりできる。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

まだまだ未熟なピーター・パーカー。
アイアンマンも出てきてワクワク!
スタークによって改良されたスーツもカッコいいし、機能がすごい。
成長が楽しみ!

おと・な・り(2009年製作の映画)

4.0

アパートの隣に住む二人がほぼ顔を合わせることもなく、それぞれの日常を送っている。次第に隣から聞こえてくる声や音が2人にとって大切なものになってくる。
エンドロールは胸キュンですね。
終始優しい雰囲気で
>>続きを読む

インスタント沼(2009年製作の映画)

4.0

明るくて元気もらえる!
このゆるい感じ好き。
折れた釘のくだりなんだか分かる気がする。
麻生久美子と加瀬亮のコンビいい感じ♡
シオシオミロ作ってみたくなった。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

話題になるはずだわ!
前情報なしで見て正解でした。
今までありそうでなかった斬新な映画。
面白かった!

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

やっぱりアントマン好きだなあ。
今回もクスッと笑えるところ満載。
大きくなったり小さくなったりアクションシーンもしっかり楽しめました!
エンドロール後も見ることをオススメします。
量子の世界については
>>続きを読む

プレデターズ(2010年製作の映画)

2.9

プレデターってエイリアンより人間味あるのかな。
少し設定がよく分からなかった。

ジュマンジ(1995年製作の映画)

4.0

これは小さい時に観てたら絶対ハマってた!当時、CG凄かったんだろうな。
なぜ今まで見る機会がなかったんだろう。
ラストがとても素敵♡ほっこり!

リバー・ランズ・スルー・イット(1992年製作の映画)

4.0

どこか懐かしい雰囲気。
とにかく雄大な自然が美しい。
時が経っても自然だけは変わらない。
帰る場所があるっていい。

淡々と話が進む中に、兄弟や家族の絆を感じます。終盤の父と息子2人の釣りのシーンは微
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.0

真っ直ぐ純粋に思い続けるって簡単なようでなかなか難しい。
純粋で誠実なフォレストガンプ。
お母さんの言葉は名言ですね。

小さいことにつまづく自分。
素直にまっすぐ向き合ってみよう。

親愛なるきみへ(2010年製作の映画)

3.7

2週間の帰省で故郷に戻っていた軍人のジョンは大学生のサヴァナと出会う。
愛し合う2人だったが、サヴァナは大学、ジョンは任地へ戻らなければならなかった---。

再会した時のサヴァナの『自分だけ大変だと
>>続きを読む

蜩ノ記(2013年製作の映画)

4.0

何度目かの鑑賞。

静かで淡々と。
ゆっくり移りゆく四季、俳優陣の話し方や姿勢、所作が美しい。

最後は切なくも潔く出発する戸田秋谷、それを見送る家族に自然と涙が流れます。
姿勢を正したくなる作品。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

4.0

4DX3D初体験。
ジェイソン・ステイサムが無敵すぎてカッコいい!守られたい!

やっぱりサメ映画なのでツッコミどころ満載だけどメガロドンのビジュアル、ハラハラドキドキがあってとっても楽しめました!

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)

3.9

30年ぶりにニューヨークの空にオーロラが観測される。その日、亡き父の無線が現在に生きる息子と30年前の父を繋げる---。

もうこの設定で面白い。
過去を変えれば未来も変わる。
ヒューマンドラマ要素に
>>続きを読む

>|