じゅんぱちさんの映画レビュー・感想・評価

じゅんぱち

じゅんぱち

4.0〜 二回みる。
3.5〜 テレビでやってたらもう一回みる。
3.0〜 まあ、面白い。
〜3.0 不満足

映画(95)
ドラマ(0)

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.5

アメリカのよい風景が表現されてるところがとてもよい。
テーマは完全に大人向け、だけど流石に急すぎる展開、、、

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.0

原作は見てません。

前半、ストーリーについていくの大変だし、良いキャラたくさんいるのに総じてキャラクター描写が少なくて、もったいない。後半から面白くなる。

スカーレット・ヨハンソンはやっぱり美しい
>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

3.4

まぁまぁ面白いけど、振り返ると何も残ってない、いろんなテーマが入りすぎかな?
渋谷好きは見ましょう。

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.2

リドリー・スコットの近未来SF。宇宙船カッコ良い。
案外ありえそうな実話風でドキドキ楽しめた💓。
何より前向きになれる映画です。

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.7

SF好きなら楽しめる、リドリー・スコットのSF世界感は素晴らしい。
エイリアンは、なんかもう可愛くなってる👽、もはやオマケかな。

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

4.0

二重スパイ、バイクチェイス、建物への潜入など、これぞスパイ映画!
レベッカ・ファーガソン!

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.8

今作は撮影場所の美しさがハンパない。
パリ市内の美しい構図の数々、ロンドンでひたすら走るトム、カシミール(ニュージーランド)の風景。

テクノロジースパイ要素が減ってるところはマイナス。
トムのスタン
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.4

リドリー・スコットのSF世界感は大好き。
人類の起源を探るのか、エイリアンの起源を表現するのか、どっちかに絞った別の映画ならよいのに。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.9

難しいスターウォーズの時代背景やフォースやシスの話もなく、純粋に憎めない賞金稼ぎたちのストーリーとして楽しめます。
最初は違和感のあったオールデン君も最後は、完全にハン・ソロになりきれていたと思います
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.4

海が人が考える理想的な海でキレイ。
ディズニーのグローバル路線も結構好きです。
今作は、登場人物に深みがなく、ストーリーも単純なので低めの評価。マウイは悪いやつなのかいいやつなのか?

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.4

いやー、これはよかったです。好きなやつだった。
思春期の子を持つ親は是非見てほしい。
そして、同居人がみんな個性豊かだけど、とにかくみんな愛に溢れてる。
そして、一所懸命生きている。
忖度なく、本音で
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.5

沖縄戦の過酷さを気分悪くなるほどリアルに描いている。
志願しておいて銃も触らないとか正直前半はキレイごとすぎて引いたけど、信念は尊重しましょう。
観てよかった。
ネズミ嫌いも要注意。

メメント(2000年製作の映画)

3.8

時系列いじりの最高峰。さすが、クリストファー・ノーラン。
逆順で理解しないといけないとすぐに理解させられるので、見ている間とても頭を使う。
昔見たはずなんだけど、主人公のように全てを忘れて、まんまとオ
>>続きを読む

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

3.0

ドキュメンタリー風のイラク戦争爆弾処理班の話。
緊迫した爆弾処理の繰り返しと、それが日常になってしまう狂気。
ほぼストーリーがない(^ω^)

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.8

タスマニアも荒れたインドでさえも、とても美く映像を見せてくれるところが◎。

前半が長く感じたが、里を見つける過程よりもインドの迷子や貧困の実態をわかってもらうことに重きをおいたためかな。

育ての母
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

3.3

完全なるエンタメ作品。
オーランド・ブルームがかっこよく、
そしてジェフリー・ラッシュはもっと好きになる映画。

最初の今作は、実はハンス・ジマー作品ではない。

ズートピア(2016年製作の映画)

3.5

案外サスペンス映画
ダイバーシティは尊重しましょうね。
固定観念で人を評価する人っているよね

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.7

エディレッドメインはよい。
魔法使いでなくて、魔物使い。
ハリポタ同様、ちょっとストーリーというか人物関係がついて行けず、予習しとけばよかった

ムーンライト(2016年製作の映画)

2.9

淡々とドキュメンタリー風に。
こういう世界があるのをしっかり映像化した価値はあります。
ただ、自分には心にくるものはなかった。
波と虫の音がキレイ。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.6

中盤まで小綺麗な高校生な展開なんて思ってたけど、最低二回は泣いた。
久しぶりになんで自分でも涙が出てるのか分からないくらい、ボロボロ泣いてしまいました。
終盤、言葉の使い方がよいです。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.7

教育優先か子供らしく暮らすのか、現代のすべての親が抱える葛藤。
Giftedな子供がスーパーすぎてちょっと引いてしまったけど。(^_^;)
マッケンナちゃんもかわいいけど、管理人アバさんのオクタヴィア
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

3.7

どこでもドア🚪な話。
後半どんどん面白くなっていく。
ただ、命の扱い方がやや不快。

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

4.0

スカーレット・ヨハンソンがとにかくかわいい😍。
静かに物思いにふけりたいときに。

見慣れてる新宿が異国感あってハッとさせられる。ソフィア・コッポラに拍手👏

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.8

美しい海とわびさびのある町アメリカ マンチェスター。
辛い過去を背負って静かに生きたい男。
身内の不幸の時には感情をなくすように暮らしてしまうところは自分の経験からもとってもリアルで共感できた。

>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.7

ラ・ラ・ランド組が作り上げた曲たちは、一曲一曲みんな素晴らしい、サントラとして最高によい。

が、バーナムの行動も人として?だし、他のキャラクターも深掘りはほとんどなく、映画にはさっぱり感情移入出来ず
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.5

レミゼラブルを完全映画化🎬、本当にスペクタクルな内容で原作のストーリーの良さを再認識しました。最高のミュージカル映画です。

何がいいって、ミュージカル映画は最高のレコーディングをして、ほぼ口パクて演
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

4.9

昔大好きだった映画、今見ても最高だわ。

とにかくアクション映画なのにオシャレ😍
緊迫感をあおるエンリオ・モリコーネの音楽。
映画史に残る階段の銃撃戦。
ショーン・コネリーのおじさん警官、
アンディ・
>>続きを読む

プラトーン(1986年製作の映画)

3.8

久しぶりに見たくなって再鑑賞。
リアルにベトナム戦争の無意味さと現場の狂気を描いたこの作品は一生忘れない。

繰り返し聞かされる「弦楽のためのアダージョ」の使い方がよい。

10年に一度は見るべき

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008年製作の映画)

3.4

本当にいつもの王道展開すぎてなぁーんか物足りない。

前半は、繋がりが見えなくて意味不明だが、後半は楽しめますね。

レミーのおいしいレストラン(2007年製作の映画)

3.4

美しいパリに音楽も素敵。
ただ、ネズミじゃなかったら良かったのになぁ。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.1

黒人差別、男女差別が激しかった時代に実力で認めらた女性たち。
打ち上げ帰還の成功と相まって感動しました。
いいドラマ、実話。明るく前向きに!

テクノロジーの発展に合わせて、柔軟に対応して働かないとね
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

4.3

予想外に感動しました、いい作品です。
心のつかえを取り除くには信頼関係って大事。

英王室関連、第二次世界大戦前、勉強になります、イギリスの雰囲気🇬🇧、音楽も最高でした。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

何も考えずに楽しめるエンターテイメント作品。80年代映画ってわりとその傾向が強かっけど、その感覚を思い出させてくれました。
スピルバーグが描くVRの世界は、今まで見たこともない新しい世界で、わりとあり
>>続きを読む

>|