junya

junya

【3.5〜3.6】フツーに飽きないレベル。
【3.8〜4.0】観て良かった。
【4.1〜4.3】かなり良い、何度でも観たい作品。
【4.4以上】最高に良かった。

  • List view
  • Grid view

天と地(1993年製作の映画)

2.5

当時は面白くなかったという評価をしているが、今観たらどうか

フレンチ・コネクション(1971年製作の映画)

2.0

当時は面白くなかったという評価をしているが、今観たらどうか。

やがて来たる者へ(2009年製作の映画)

1.0

盛り上がりに欠け、ストーリーがあまりはっきりせず、途中リタイア。

大いなる休暇(2003年製作の映画)

4.5

よく考えるなー、という笑いがたくさんあり終始楽しめた。ストーリーもしっかりしていて、終わり方も良かった。秀作。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

1.0

嫌な予感はしていたが、やはり的中。ストーリーはっきりしないパターンのやつ。数分でリタイア。

マーサの幸せレシピ(2001年製作の映画)

3.9

姪っ子が心を開くきっかけが描かれていればもっと感動したと思う。とは言えテンポが良く楽しめた。ハリウッド版の方が丁寧な分だけ響いた。

リトル・ロマンス(1979年製作の映画)

2.5

記憶にないが、当時はあまり面白くなかったと評価している

デンバーに死す時(1995年製作の映画)

2.0

記憶にないが、当時はつまらなかったと評価している

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

3.8

グロさもスピード感もアクションも、1より劣る。とは言え頭空っぽで観られる。

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

3.8

やっぱりこれも最後まで会話で魅せる。いちいちオシャレな会話だし、二人の気持ちが手に取るようにわかる。ただ、ケンカが多すぎた。このシリーズは3作まとめて一つの作品。観て良かった。

Dear フランキー(2004年製作の映画)

3.0

いいお話、ってレベル。もっと工夫すれば感動作になったはず。

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

3.8

3作目のミッドナイトへのつなぎ的な内容。とは言え、言葉のやり取りが前作同様いちいち洒落ている。ミッドナイトに期待。

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争(2014年製作の映画)

1.0

序盤から何をしたいのかがイマイチはっきりせず、途中リタイア。

ジャンクション(1995年製作の映画)

2.5

記憶にないが、当時は面白くなかったという評価をしている

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.5

主人公の天国と地獄を、約3時間でテンポ良く一気に見せる。笑いありシリアスあり。痛快で全く飽きずに観られた。秀逸。

マイ・ライフ(1993年製作の映画)

2.5

記憶にないが、当時面白くなかったという評価をしている

サドン・デス(1995年製作の映画)

2.5

覚えてないが、当時は面白くなかったという評価をしている

ヒッチャー(1985年製作の映画)

2.5

記憶にないが、当時は面白くなかったという評価をしている

哀しみのラストダンス(1987年製作の映画)

3.0

記憶にないが、当時は面白くなかったという評価をしている。

>|