junyaさんの映画レビュー・感想・評価

junya

junya

【3.5〜3.6】フツーに飽きないレベル。
【3.8〜4.0】観て良かった。
【4.1〜4.3】かなり良い、何度でも観たい作品。
【4.4以上】最高に良かった。

  • List view
  • Grid view

ジョンQ 最後の決断(2002年製作の映画)

2.5

覚えてないが、鑑賞当時は面白くなかったという評価。

マラヴィータ(2013年製作の映画)

3.0

何が言いたい映画なのか、いまいちハッキリしない。
すごくつまらないわけではないが、面白くはない。

マジェスティック(2001年製作の映画)

2.0

覚えてないが、鑑賞当時は面白くなかったという評価。

トラフィック(2000年製作の映画)

2.5

覚えてないが、鑑賞当時は面白くなかったという評価。

シンデレラマン(2005年製作の映画)

2.5

栄光の絶頂にいるボクサーがドン底まで落ち、見事復活を遂げる。

こういうお決まりのボクサー映画は、復活劇(ラストでの勝利)での感動を倍増させるための、主人公の特別な事情や状況が必要となる。

本作では
>>続きを読む

THE NET 網に囚われた男(2016年製作の映画)

3.2

深く考えさせられる。
それがイコール面白い映画、良い映画とは限らない。

カメラワークやセットがなんか雑で、悲壮感や危機感が伝わって来ない。

終わり方も雑。

全体的には悪くはないが、そこまでの映画
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.4

アニメとは全てにおいてスケールが違う。
ストーリーを知っていても十分楽しめる。
最後は感動の波が押し寄せる。

秀作。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

2.0

いい話=いい映画とは限らない、の典型例。

親子の再会までがヌルい。
事実を基にしているから仕方ないのだろう。

Google earthが起こした奇跡とあるが、これは奇跡とは呼べない。

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2011年製作の映画)

3.6

三銃士モノは毎度楽しい。
が、本作は楽しいのみで、ストーリーは薄い。
時間があるときに観ればいい作品。

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

3.5

地雷除去の危険性と、軍曹の心の変化の描き方が少々雑。
ラストについても、アレ?という感じ。
とは言え、過酷な除去作業と少年たちの苦しさや悲しみは伝わってきた。

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.0

凄惨な事故の状況を迫力満点に描いただけ。
考えさせられる映画ではあるが、それだけ。

マン・ダウン 戦士の約束(2015年製作の映画)

1.0

終わりで全てが繋がり意味がわかっても、経過が面白くなければ、良い映画とは言えない。

という映画の典型。

>|