Soichiroさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

Soichiro

Soichiro

Rooney mara/David fincher/Denis Villeneuve etc...

2015.4〜

映画(470)
ドラマ(0)

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

3.9

すごい良かったです!! 話もすごくわかりやすくてインド映画って苦手って思ってたけど観やすかった。音楽が頭にこびりつきますね笑

ボリウッドはどれも2時間超えが当たり前なんですか笑!?

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.4

これ『アフターウェディング』って映画を思い出しました。ただ、こっちはすごい元気をもらえます!私も宮沢りえさん演じるお母ちゃんに元気をもらえました!

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

3.8

機械化により人間性が疎外化されてしまう。私は大学で経営学を学んでいるのですが経営管理論や組織心理学で度々観た映画です。喜劇としてもむっちゃ面白いです!

カラスの飼育(1975年製作の映画)

3.5

子どもが大人に向ける純真無垢な残虐性。アナちゃんを怒らせると恐い!笑
大人にはない純粋でシンプルな狂気を垣間見た!

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

3.7

こんなに長尺じゃなくても。。。
でも素晴らしかった!ベトナム戦争の恐怖が人間の頭に色濃く残り、彼らの人格をも狂わせてしまった。戦争により傷ついた人々の内面をえぐり出したかのような映画でした。

カリートの道(1993年製作の映画)

4.4

すごい良かったです!!
他のアル・パチーノの主演のギャング映画より主人公、カリートの人間性がとても好きでした!カリートに対してこの上なく感情移入しちゃうのも友情や恋人、それら人間関係の上での葛藤や駆け
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.9

シンプルで無駄のない戦争群像劇。音響も最高でしたし、フィルムのいい味が出てました。イケメンしか出てなくて目の保養にもなりましたね笑

アイ・オリジンズ(2014年製作の映画)

3.8

音楽や編集、内容、キャストにいたるまでとても綺麗な映画でした。私も目や鼻、耳とか体のパーツで惹かれるこはよくあります笑
少し変わった恋愛映画を観たい方には是非!!

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.0

前2作が好きだったから少し期待してただけあって残念。ミステリーよりサスペンスに近くて謎解きの要素をもうちょっと盛り込んでほしかった。

ヤンヤン 夏の想い出(2000年製作の映画)

3.2

ヤンヤンだけが無垢で純朴で。人間同士のややこしい関係からは乖離している。

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.3

犬が有能すぎて笑った!おじいちゃんがもっと音に敏感でも良かったのになぁーって思った。

なんかわかんないけどイライラさせられた映画でした笑

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.5

二人の演技が凄いのはもちろん、作品自体も二人のようにとても美しい。
賞もらうのも納得。

Daydreaming(2016年製作の映画)

3.4

たしかにこれは映画監督が撮ったミュージックビデオだな~ってわかる。
PTAだからなんかもっと変なの求めちゃった笑

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.9

戦闘シーン、リアル過ぎでしょ笑
アンドリュー・ガーフィールドのヒョロっとした体型が役によく合ってました。ここまで信念を貫く彼の勇気こそ賞賛されるべき。彼が一番強くたくましかった。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.9

各関係各所が右往左往するのが面白かったな笑 市川実日子が一番好きだな笑
役者が揃ってるなぁ~。これ怪獣映画でディザスター映画ですごく政治的な映画。

いや~、でも無人在来線爆弾は笑ったな~

ザ・フライ(1986年製作の映画)

3.4

なんかエレファントマンみたいだったな。悲しい物語です。ただ、想像してたよりはるかに気持ち悪かった。ジェフ・ゴードンブラムってこんなキャラ濃かったっけ笑

ザ・マスター(2012年製作の映画)

2.7

主人公2人がいい演技をしてくれてるんだけど内容はあんまりピンときませんでした。ですがこの監督、カメラワークや音楽なんかはすごく好きなんだよな。。。

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

3.3

まずジャケットのアラン・ドロンがむちゃくちゃカッコイイ。始終ハラハラドキドキ、バレるかバレないか。同性愛の映画と聞いていてほとんど前情報なしに観たのでこの展開が意外でした!

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012年製作の映画)

4.2

キャストが豪華!! この監督の『ブルーバレンタイン』も好きだったけどこれもすごく好きだな。映画自体の構造も面白くて3部構成になってる。途中、ブラッドリー・クーパーが出てきたことに驚き。
どのキャラクタ
>>続きを読む

小さな恋のメロディ(1971年製作の映画)

3.0

子役の子たちのピュアさがとても可愛い!彼ら、彼女らの今後が気になっちゃう!!メロディ役のトレイシー・ハイドがもう58歳でビビった笑

With a Little Patience(2007年製作の映画)

4.3

『サウルの息子』撮った監督のショートフィルム。『サウルの息子』と全く同じ技法で撮影されていて 『サウルの息子』と同じく現実を捉え、突き刺さるものは強烈。彼女には日常なんだろうけど彼女は何を思っていたの>>続きを読む

ある愛の風景(2004年製作の映画)

4.2

重い。重すぎる。『アフターウェディング』もなかなか重かったけど、これもすごく重い。やりきれないね。家族と一緒に居るために彼が犯した罪。

このスサンネ・ビアの映画は毎度タイトルが秀逸。あと子役がすごか
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

美しい伏線。未来も出来事を思い出す。
かなり哲学的。中盤からラストにかけてじわじわと鳥肌が立つ感覚を覚えて、最後は泣かせてくれる。流石、ヴィルヌーヴ。確かにこれは彼女自身の物語であり家族や人生について
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.7

怖くて手が出なかったけどようやく観れた!もっとむごい映画かと思ってたけどそんなにむごい描写はなかった。(アニメーションだからそう映ったのかも笑)
作品自体、とても感慨深い映画でした。

12モンキーズ(1995年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ブラピの怪演!!結果バッドエンドなんだねこの映画。挿入されてる音楽が個人的にハマった!

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.9

乗り越えられない。世の中には乗り越えられないこともある。
最近、橋口亮輔監督の映画を数本観たけど橋口監督の映画に似てるなって思った。主演男優賞なのに公開館数がそんなに多くないなって思ってたけど観てみて
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

4.0

遅くなりましたがやっと観れました!! この映画のジェニファー・ローレンスが好きすぎる!彼にとって彼女が一番のクスリ。この監督さんの映画はカメラワークがとても好きだな。

イゴールの約束(1996年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

大人にはまだなっていない彼の葛藤。
泣きながら彼女にハグしたシーンは私も泣きました。

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

3.6

こんな夫婦っていいな。
もっと重い映画かと思ってたけどそんなに暗くなかった。

恋人たち(2015年製作の映画)

3.9

突き刺さるものがあまりにも鋭利で太い。何故に監督は彼らの悲しみや感情をこれほどまで知っているの?
リアリティがありすぎて何度も泣かされた。

マイ・ドッグ・スキップ(2000年製作の映画)

3.8

これは良い映画。犬との友情を描いた映画だし、男の子が少し大人に近づく成長物語でもある。他の人のレビュー見てたら 自分も泣くんだろうなぁーって思ってたけどラストはしっかり泣かせてくれました。ベターっちゃ>>続きを読む

バッファロー’66(1998年製作の映画)

5.0

コイツ マジでいいやつや。
恋愛映画では生涯ベストかも。すごく自分に共感するし、設定もすごくよく出来てる!細かく繊細な人間の感情を鋭く描いてる。奇抜な演出、音楽なによりキャラクターが好き嫌い分かれるか
>>続きを読む

卒業(1967年製作の映画)

3.7

こんなラブコメディな映画だったとは笑
もっとシリアスな内容だと思ってたけど結構ダスティ・ホフマンが笑わせてくれました。しかし、甘い恋愛映画ではなくしっかりと現実を見せてくれる映画でもありました。
それ
>>続きを読む

ジャーヘッド(2005年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

『ハートロッカー』みたくリアルな戦場での日常。一度も引き金を引くことなく戦場を後にする兵士ってどんな気持ちなんだろ。モヤモヤっとする。