バンさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

バン

バン

映画(887)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

キング・オブ・ギャングスター(2015年製作の映画)

1.5

これが2作目みたいだけど1作目は見ていません。タイトルが違うらしい。で3作目がキング・オブ・ギャングスター2。どうしてこんな意地悪なタイトル構成。
特にイケメンも美女も出て来ず、ファションもダサい。豪
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

2.5

日本がバブルの頃、日本企業が出資して日本の俳優をムリムリに出演させてたハリウッド映画が結構あったけど、海外から見るとこんな感じだったのかな。トシっていう役名の人は日本人の役だったんだろうか、訛った日本>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

2.5

男女のテニス対決といっても、相手は55歳のギャンブル依存症の元選手(現役時代どんなに偉大だったにしても)。 たとえ勝ったとしても一体彼女は何を証明したことになるのか初めは全然わからなかったけど、解説者>>続きを読む

ミッション・ブレイブ 欧州警察特殊部隊(2019年製作の映画)

1.5

アルバニア、日本からはいろんな意味で遠い。バルカン半島と聞くとさらにやばいイメージ。この映画でますますイメージ悪化しそう。実際はそんなに治安悪くないそうです。
訛った英語を喋る人の多い変な映画。アクシ
>>続きを読む

ペリカン文書(1993年製作の映画)

2.5

たぶん2、3回目。今となっては典型的な『大統領の陰謀』もの。なのでストーリーに目新しさは全くないけど、こうゆう映画見ていつも思うのは欧米のジャーナリスト(特に新聞記者)に対する社会の信用の高さ。クオリ>>続きを読む

トリプル・リベンジ(2018年製作の映画)

2.5

ハードボイルド風味の現代劇サスペンス(アクションあり)を撮りたかったのかなと考えてたら、いろんなシーンに昔の古典的ハードボイルド作品へのオマージュがちりばめられているような気がして来た。裏切る女とか込>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

2.5

最後までミステリー風で通してくれた方が好みだったと思うけど、意外と楽しめた。撮影の時いちいち服着替えるの大変だろうなとか、口紅ってなかなか減らないんだなとか考えない方がいいと思う。累という役名はそのま>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

1.0

原作は大昔にちょっと読んだ事ある程度だけど、こんなにつまんなかったかなというのが正直な感想。映画化が難しいマンガなのは確かだろうけど。

ミッドナイト・バス(2017年製作の映画)

2.0

いろんな面で表現が古いんだけど、これだけダラダラ長いものをドラマとかでは無理だろうから そういう意味では映画らしい映画なのかな。

No.22 怒りのチェイサー(2018年製作の映画)

2.5

レッカー業でそんなに儲かるっていう仕組み自体、問題ありそうだけどモチーフとしては新しいし退屈はしませんでした。でもこの仕事、規制が入ったら一瞬でなくなりそうなので短期で稼いで正業に着くのが正解なのでは>>続きを読む

リミット・オブ・アサシン(2017年製作の映画)

2.0

娯楽映画に難癖つけてもしょうがないのは分かってますけど、インターポールは基本的には各国の捜査機関の連絡調整する組織で強制捜査権も逮捕権も持ってません。なのでこの映画に出てくるような捜査員は存在しません>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.0

タイトルだけ見てアガサクリスティーは偉大だな、というのが第一印象。色々空回りしてるみたいだけど、普通に楽しめました。
日本の映画って下層の生活はリアルなのに金持ちの生活描かれると貧乏くさくなるのは日本
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

2.5

エイリアンと双璧の時代のプレデターと比べると神秘性がゼロで、冒頭でプレデターが椅子に座ってるのを見て、リドリースコットの暗闇が好きな自分は、かなり引いてしまった。ストーリーも分かりやすいし映像がやたら>>続きを読む

スパイ・ミッション シリアの陰謀(2017年製作の映画)

2.0

89年の設定だけど、現代の車が周りで走ってます。服の考証もやってるようには見えません。地味なのは別にいいんだけど全体的に作りが杜撰で残念。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

2.0

好きな人もたくさんいるんだろうけど、見ててつらい映画だった。出てくる人がみんな苦手なタイプ。誰にも感情移入できなかった。スケートはうまかったけど、吹き替えじゃないのならすごい。

チャーチル ノルマンディーの決断(2017年製作の映画)

2.0

冷酷なイメージのチャーチルが苦悩していて意外。日本人としては広島と長崎の原爆投下を承認した当人の一人ということもあって、美化されてるのかと思ってしまう。夫人がやたらと仕事に口出しするのもどうなのかなと>>続きを読む

マイナス21℃(2017年製作の映画)

2.0

主演の俳優さん、もう40歳なんだけど、童顔なのかな。お母さんの女優さん、51歳。なんか気の毒。