ずんさんの映画レビュー・感想・評価

ずん

ずん

映画を観る姿勢を整えて焼き付けるだー

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

楽しかったー
ベイビーがキレッキレでノリッノリでずっと楽しい
設定の節々に多少の疑問は感じるがそんなことより気づいたらベイビーの虜です
デボラとベイビーのカップル可愛すぎです

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.7

この人のこと9割は嫌悪感で1割は同情心だなと思いながら鑑賞

彼女がこうなるまで構築してきた物がポロポロ見えてきて覗きたいような覗きたくないような心境に
終始苦笑いなフレンチムービーでした
イザベルユ
>>続きを読む

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.8

よかったです。
家族って不思議だなぁと感慨深くなったり
血の繋がりを考えたり
一人一人の想いが伝わってきました

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

3.7

カメラマンとして活躍する長谷井監督の初長編作品
母親を探しながら一人で生きるブランカ
同じような境遇の子供達は仲間でもあり時には敵でもある
そんな中盲目のギター弾きのピーターと出会い母親を”買いに”行
>>続きを読む

潜入者(2015年製作の映画)

3.7

「トランボ」のブライアン・クランストン主演
1980年代のアメリカ。麻薬王の組織を崩壊させるために潜入したベテラン捜査官の実話

どうやって彼等に近づくのか、何処まで成りすまして居られるのか
自身にも
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.7

一瞬先は闇
森には安易に入っちゃいけない
何かいる
森の奥深くに静かに暮らしている
ジッとこちらを見ているんだ

映像が暗くてずっと霧がかっているようだった
そんな不気味さから出る美しさとトマ
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.9

同じサイクルで回る毎日でも、同じところなんて一つもない

好きな言葉を書き留めるのも良いけど、パターソンのように自分の言葉で綴るのもいいなーと思った

ジャームッシュは幸せなひとときを与えてくれる
>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

3.9

面白かった!
新感覚!トリッキーだ

映像の見せる部分だけでなく話しもちょっと切なくて良かった

エイカンの気持ち悪さと、お助けマンなジミーのコミカルさもGOODでした
ヘンリー絶対イケメンやろなー
>>続きを読む

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

3.8

大人も生き抜くのに一杯一杯の世の中でファニーは子供達だけでスイスの国境を目指す

テーマがユダヤ人迫害の映画にしては意外にも見やすい勇気と希望に満ちた作品でした

厳しい現実に何度も危機が迫る
腐った
>>続きを読む

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

4.0

ALSを宣告されたスティーヴが生まれてくる息子のために撮り始めたビデオダイアリー
彼は息子に伝えたい、教えたいありとあらゆることを日々決めてカメラに話しかける

言葉が見つからないほど胸が苦しくなった
>>続きを読む

ローサは密告された(2016年製作の映画)

3.8

アイス=麻薬のこと

フィリピンの大半の家庭が麻薬の売人や、生きるために犯罪を犯してるんじゃないかと思わせるリアルな世界

ローサはなぜ取り戻しのきかない所まで落ちてしまったのか
手の届きそうで届かな
>>続きを読む

海辺の生と死 (2017年製作の映画)

3.5

満島ひかり演じる先生が子供達とキラキラ光の差す木々の中を歩く
冒頭のシーン

後半のトエが思いの丈を叫び散らすシーンは圧巻でした
手紙って良いなぁと思った

愛のコリーダ(1976年製作の映画)

3.7

今になってスクリーンで見れるとはありがたや
2000verでした

藤竜也の色気にクラクラ
定は可愛いさから狂気へと移っていく様が何ともでした
吉三への究極の愛情表現、性の執着が凄かった

人類遺産(2016年製作の映画)

3.9

夏の暑い中、一番癒されたのが廃墟でした
何とも心落ち着く映像
言葉は一切ないので静かに耳を澄ませて、その場に響く音を堪能
美しい、何て素晴らしいんだと感じていたのも束の間、廃墟は元々人間が生み出して放
>>続きを読む

若者のすべて(1960年製作の映画)

3.9

田舎から都会へ出てきた母親と5人の息子達
そこで変わっていく様をアランドロン演じる三男ロッコを中心に描いた人間ドラマ
3時間ほどの白黒映画
あまり良いことは描かれていないかもしれないけど都会で生きてい
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.9

とても見やすかった
良質ホラー

遺体の検視をしている父と息子という設定も良かった
まるで二人と一緒にその場でジェーンドウの死因について調べている気分になり何かに取り憑かれた気分になった
ジェーンドウ
>>続きを読む

夜明けの祈り(2016年製作の映画)

3.8

美しい風景に見惚れ、シトシト静かに響く音に耳を傾け
どんな状況にあっても神への祈りは絶対であり背くことはない
彼女達はマチルドに出会えて本当に良かったと思った
しかし、マチルドもまた助けることは容
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.7

あの時何が起こったのだろう
妻の態度や様子で想像はできるのだが見せないんですね
全体的に見えそうで見えない部分が散りばめられていて自然と気になってしょうがなくなっていく
夫の真っ直ぐに真実を追う姿が良
>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.5

何も考えずに楽しめる極楽ムービー
新車が高速でブレーキ不能になり大暴走するやつ
ディーラーとのやりとりと助手席のおじいにはイラっとするけど子供にホッコリ 妊婦の奥さんが1番頑張ってた
後、ヒャッハー
>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.0

セルゲイ・ポルーニン
この映画で彼のことを知りました
とてもカッコイイドキュメンタリーでした

幼少期、体操かバレエで、バレエを選んだ彼
その後トップダンサーになるまではあっという間でした
生まれ持っ
>>続きを読む

ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

3.8

逮捕され囚われた二人
なんでこんなにも幸せで愛し合う二人が一緒にいれないのだろうと疑問しか生まれなかった
異人種間の結婚が禁じる法律があったとゆう事実を静かに受け止めた
故郷の緑豊かな環境に癒されまし
>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.6

未だ癒えることのない心の傷

これからどう生きるのか
今だけを見ればいいのか
今だけよければいいのか
現在だけを生きるので精一杯

彼女が細やかな事に笑い、少しでも前に進めれば

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

3.5

前の二作に比べたらパージ部分が少なくドラマ部分が多かったです
でも相変わらずパージ開始までのカウントダウンは異常にドキドキしてしまう
私の中の何かがパージを求めているのか、認めたくない!
とかは置
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.8

豪華な宇宙船を使った茶番劇!ではありません
起きてしまったことはしょうがないし後戻りはできない
こんな時に、そんなこと考えてる場合じゃない なんてことは言えない
終わりよければ全て良し!な一作でし
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.7

あら〜、この子ったらお利口ね〜 ありとあらゆる物を吸収して、もの凄いスピードで成長しちゃって
飼い慣らされてると油断したところでバッキバキにやっちゃうんだもの〜
船内を走り回り早く寝なさいって怒
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.7

ビクーッてなる驚ろかしに来るあざとさがあまりなく、ゆっくりストーリー部分を楽しめました
暗闇からの待ってましたの登場シーンも満足です
取り憑かれると非現実世界が現実を超越する超常現象が!
何て恐ろしい
>>続きを読む

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)

3.8

今はSNSで自分の言葉を発信するのは容易いことだ
当時は手段も限られていて、また内容が内容だけに発信源が特定されないために自分の足を犠牲にして拡散させていくしかない
いつ見つかるか分からない状況下でも
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

凄かった!
体に刺さるような銃撃音
容赦なく敵も味方も死んでいく描写

子供の頃からこの戦場に辿り着くまでがまた困難が立ち塞がりまくりだった
そして、この人はとてつもなく揺るぎない強さを持っているん
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.3

あらすじとか全然覚えてないですが近くに座ってた人がめっちゃ家な感じで笑って、食べて、くつろいで見てた そんだけー!

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.3

どうしてもジブリ作品と比べてしまうのは致し方ないとして
主人公のメアリが可愛くないとゆうか魅力的な部分がない
いろんなアニメーション作品からヒントを得た部分が見られた
だからなのか新鮮味に欠ける
魔法
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.8

笑いながら涙してしまう作品でした
不器用で可笑しいちょっと不思議な能力?のある父親が娘を心配して、、
バリバリのキャリアウーマンの娘の心労にいち早く気づくところはやはり父親なんだなーと感慨深かった
>>続きを読む

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

3.9

めっちゃ良かったです
深くは語られないけれど伝わってくるフリアンの思い
無駄な場面がなく淡々トマス進む展開
フリアンとトマスの距離感も親友として絶妙でした
息子に会いに行く場面も寂しく終わってしまうの
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.8

数年前に1作目を見たっきりだったので今作を見る前にやっぱり見返しとけばよかったーと、後悔先に立たずー状態でした
でも20年経っても変わらない格好良さと、同じキャストで又撮れることの凄さを感じることがで
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

あーーーっ最高だっ!
オープニングからノリノリで楽しくて幸せでした
前回1番泣かされた、世界で1番大好きな木!のグルートがめっちゃ可愛かった 目がウルウルしちゃって動きも可愛いー
追ってくるキンキラ
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.6

またいつか見返したい
ベストセラーの原作も読んでみたい

残像(2016年製作の映画)

3.8

何にもできない余韻
首を振らなければ従わなければ、描くことの自由を奪われ買いたいものも買えず八方塞がりになっていく様は衝撃だった
辛かった、暗い気持ちになる、そんな言葉は失礼すぎて言えません
勇気をも
>>続きを読む

>|