みやさんの映画レビュー・感想・評価

みや

みや

映画(103)
ドラマ(0)

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.7

ラスト15分くらい
だけでここまでスコアを持ってける

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

4.2

ちゃうねん

小2で初めてした時は
髪が青いってだけでフローラを選んだ

それから10年少し
即決でビアンカを選んだ

それから5年後
熟考の末フローラをえらんだ

この映画のオチで
フローラを選ぼう
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

いい天気
という言葉の意味を
更新されてしまった

悔しい
本作に登場する
少年少女の気持ちを、
リアルタイムで感じられる年齢で
なくなってることが
本当に悔しい

いつまでも走っていたい
いつまでも
>>続きを読む

あの日のオルガン(2019年製作の映画)

4.3

よかった!!!
ということすら憚られる
この映画の素晴らしさよ
戸田恵梨香と大原櫻子さんの演技よ

僕は戦争は経験してないから
胸が苦しくなるばかりだったのだけど
だけど、だけど
それだけでいるしかな
>>続きを読む

星空(2011年製作の映画)

4.0

すんっげえかわいい映画
ほんとかわいい
「こういうの見たい」って気分の時に
見ると本当最高

全然意識してなかったけど
観てる間に、
今日七夕じゃんー
ってなりまして
七夕なんて
数える程の思い出もな
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.0

もうね、大好きですよ

なむなむ

ショウマストゴーオン!!

黒髪ショートワンピースの乙女は
正義なんです

おともだちパンチ!

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

4.2

評価が低い理由めっちゃよくわかる
めっちゃよくわかるんだけど

僕は好きだったと
声を大にして言いたい

ありえないだろなんて
思う気持ちもわかるけど
最後あたりの
港くんを亡くして以来
ひな子が
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.9

全く、文句などあろうはずがない

王道とはこれ以上ない素晴らしい路のこと

村人Aすらヒロインクラス

スーパーハッピー

長いお別れ(2019年製作の映画)

4.3

みんなそれぞれに
人生って刻んでるものだし
そんなそれぞれの人生を
すごく好きになれた

もう通り過ぎた気持ちもあれば
これから迎えることになるだろう
気持ちもあった

すごく、すごくいい映画だった
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.1

この良さが
こんな風に感じられる
ギリギリの年齢で観られてよかった

この気持ちのことを
エモいと僕らは呼んでいた

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.8

わからない
何がよかったのかわからない

とてもユーモアを感じた
映像というより絵画じみて
静止画の連続だった

単調な映画で
単調なストーリーなのに
とても観てしまった
『単調』 は悪い言葉ではない
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.0

映画館で観て以来、
ずっと忘れていない
ナチュラルにすんげえいいんだけど
ナチュラルすぎて言葉にできない
スーパーナチュラル水々しい

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.8

もちろんわかってたんです
途中で結末はなんとなくわかってたんです
が、

『あーーー』
って思いながら観てたら
ラスト20分くらいで
急に前のめりになって
ポロポロと涙が出てきた
主役2人の演技がすご
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

3.8

嫌だなあ、と感じる原作を
そのまま嫌だなあ、と思える映画
それだけで価値があると思う

僕は人間のこういう部分は
こんなのは嫌だ、と再確認

けど3人が揃って
夕日を眺めるシーンの
美しいこと

マグノリア(1999年製作の映画)

-

人の世のごった煮
世の中そのものを映画にしようとしたら
こんな感じなんだろうか

良いとか悪いとか
そういうのじゃなくて
なんかこうさあ

一度は見るべきって言いたいけど
別に見なくても一向に構わない
>>続きを読む

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.7

相手を見て、感じることを
言葉で伝えるという
個人的には無声映画でも伝わると思った

ストーリーじゃない、
画を観る79分

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

3.9

おもしろい映画なのか
つまらない映画なのか
ギリギリのさじ加減で
僕にとっては
すごくいい映画になりました

救いのない方向へ
どんどん向かっていく映画を支える
美しい音楽と舞台背景、そして色の描写
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

4.2

今年1つだけ映画を見るなら、これを選ぶ。っていうのが多分5本くらいはあるんだろうけど、そのうちの1つになった

名前に力を与えてくれた
その名前のままに生きればいい

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.2

本当に感動したことは
人に説明する必要なんかなくて
自分の胸が震えればそれでいいと思う

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.7

綺麗な映画でした!この人がいるだけで映像作品としての価値が生まれる、と言えるよティモシー

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.9

寂しい時は、自分から手を打たなきゃ

以下メモ

自分がこの映画から感じたことは

何事も知ろうとしなきゃ知らないまま
ってこと
そして
知ったつもりでいることは、知っただけってこと

そろそろ邦画が
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.1

「あ、この表情は知っている」
って何度も思った

原作からして一度読んだら
忘れられない結末
(使い古されているけど、本当にそう思う。寝ても覚めてもがどんな小説かは
忘れていても、結末から逆算して
>>続きを読む

海の上のピアニスト(1999年製作の映画)

4.0

彼が恋に触れる瞬間が
この映画の全て

その瞬間を
こんなに正確に撮れるんだなあ
と涙が出てくるんです

>|