しんのすけさんの映画レビュー・感想・評価

しんのすけ

しんのすけ

映画(171)
ドラマ(0)

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

3.0

大好きな小説の映画だったので、期待していたのですが微妙でした。

やっぱり、2時間に一つの物語を収めようとすると話の核となる部分だけを抜きとることになるので粗筋は残るけど、小説の個性は消えていたように
>>続きを読む

手紙(2006年製作の映画)

3.7

被害者の家族が、犯罪者の家族にキツくあたるのは理解できるし、自分も同じ立場ならそのように振る舞うと思う。

ただ、全く関係のない第三者が、相手が犯罪者の家族だからという理由だけで、実際に罪を犯してもい
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.2

中村文則さんの著作『悪と仮面のルール』に次のように書かれている「人々は善意を根底に置いた時、躊躇なくその内側の暴力性を解放する。まるで、善意によって、その暴力性の解放を許されたように。」

ニュースで
>>続きを読む

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~(2018年製作の映画)

3.9

見終わったらほっこりした気持ちになれる映画。

アニメもいいけど、映画もよかった。

ボーイズ・オン・ザ・ラン(2009年製作の映画)

3.6

2020年1本目。
かっこ悪いことも突き抜けるとかっこよく見えるから不思議。ここまで惚れた女のために行動出来るのは尊敬できる。主人公を演じる峯田和伸さんが決闘の前の日にカラオケで歌うシーンがめちゃくち
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.0

拾った赤ちゃんのために奔走するホームレス3人組の優しさに、心が満たされました。

舞台がクリスマスで、冒頭がキリスト聖誕劇から始まり、赤ちゃんを通して様々な奇跡が起きているので、赤ちゃんがキリスト、ホ
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.2


ほだか君みたいに、あれだけ純粋に好きな人の為に奔走できるのはカッコよくて、どうしようもなく羨ましく思いました。

個人的に“人柱”って考え方が物凄く嫌いです。自分が、もしくは自分の大切な人を人柱に差
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.1

途中で退席してる人達が何人もいたことからも、賛否両論のある映画だと思いました。個人的には、観てよかったと思います。良い悪い関係なく心に波紋を広げ、普段意識してないことを意識させてくれる映画が好きです。>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.9

報道とはかくあるべきと強く思いました。
実話に基づいているので、観ていて辛かったです。他に頼れる人のいない子供達の信頼を裏切った神父たちには怒りしか感じないですね。また見て見ぬふりをしている人達が多か
>>続きを読む

選挙2(2013年製作の映画)

3.8

知名度とか世襲とか所属だけで政治家やってる人たちよりも、山内和彦さんのように原動力に怒りがある政治家が必要だと思いました。

希望のちから(2008年製作の映画)

3.9

乳ガンの治療薬のハーセプチン誕生の物語。
医師が患者の為に奔走する姿は観ていて胸が熱くなりました。

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.8

終始バトルで観ててテンション上がりました。
ウソップが漢をみせてくれて、凄いカッコ良かったです!

新聞記者(2019年製作の映画)

4.2

非常にスリリングで面白かったけど、今の日本がリアルに描かれていてとてもじゃないけど笑えない。今の日本でこの映画を上映する価値は計り知れないと思います。加計学園や伊藤詩織さんのレイプが逮捕状が出ていたの>>続きを読む