kさんの映画レビュー・感想・評価

k

k

映画(246)
ドラマ(0)

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.8

ほんとずっと画面だから普通の推理物みたいに他の場面が映らないので、
より頭使って楽しめた感じ。

手法だけじゃない、脚本もしっかり面白い、
後々考えれば伏線も沢山、展開もラストも満足。

普段PCばっ
>>続きを読む

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(2011年製作の映画)

3.6

テンプレとは言え安定、しっかり面白い。

ほんとめちゃくちゃなんだけど、観てると海外行きたくなる。
分かってるんだけど、やっぱりエンドロールは良い。

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.7

前半のイライラを見事に解消させる後半の畳み掛けが最高。

さらっと仲間が増えるシーンとか少し違和感もあるが、
テンポやカット割りの良さ、適度なB級感のバランスが良い。

初期上司さらっと豪華で笑う。

ハロルドとモード/少年は虹を渡る(1971年製作の映画)

3.8

今も昔も不自由なんね。
モードは自由すぎるけど。笑

ぶっとんだ内容だけど、人生の参考にしたいことが沢山。
自殺が趣味なハロルドも魅力的だけど、意識が死から生へ変わる成長は素晴らしい。

見終われば不
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.4

面白かったな───

けど、もう少しコメディ寄りでも良かったな。。
ヤクザ誇張し過ぎて笑ってまうわ────

ジャッカルはおもろいな──

ガタカ(1997年製作の映画)

3.7

芸術性が高く、ハラハラもできる、
愛情も友情もあって、SFながらメッセージ性がとても強い映画。

97年と古い作品、
人は無限の可能性があると勇気をもらえるが、
映画みたいな未来に今少しづつ近づいてい
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー(1999年製作の映画)

3.6

アニメ見返す前に観てたな。
少し怖めなデジモンと、リアルなバトルが良い。
こっちのテイストでも作って欲しいよね。

これ観とくとアニメが更に面白くなる。
ラストシーンは見返すのも良き。

エスター(2009年製作の映画)

3.6

サイコホラー良いぞ〜怖いぞ〜
9歳の女の子の演技に脱帽。。

基本的に母親以外無能過ぎて。笑

絵が浮かび上がるシーンは圧巻。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

今のとこ望むゲームの果て、
オタクは観るべき映画。

劣等感持ったオタク達が一歩踏み出す様は分かりやすくて良い。
都合良いとこももちろんあるけど、
この映画にリアルさはいらないかな。

キャラクター探
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.7

年老い死と向き合った時、
どんな考えに辿り着くのか。。。

彼の遺作だって言うんただらまた重みがあるよね。

ゆっくりした時間の中小さいけど確かな変化があって、
こういう空気感の映画やっぱ好きだな。
>>続きを読む

エスケイプ・フロム・トゥモロー(2013年製作の映画)

2.8

うーん、なんとも言えん、
感じ方はそれぞれか。。

伏線はる割に回収せんし、
かと言ってそれなりにクオリティあるしでもやもやする。

ゲリラ撮影ってとこには素直に凄い。

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.8

沢山の動物、はちゃめちゃさ、なにより音楽の素晴らしさ。
やっぱり好きだなエミール・クストリッツァ

水の中を泳ぐウエディングドレスのシーンや、木の上から飛び立つシーンとか、
あーこんな感じやったってな
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.6

思ってたより難しい内容だったけど。
鏡の多さ、謎の登場人物、ラストの写真と、
解釈はそれぞれだけど色々調べてみるとより面白みが増す作品。

不気味な音楽が流れて、
何かくる何かくる。。。何も来ない。の
>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.7

飲み過ぎて記憶無くした人なら誰でもわかるあの後悔感。
ほんとダメダメな人たちだけど、男としては憧れの関係。

規模がすごいけど、いつかこんな風に飲みたいもんだ。。

クスッと笑えて楽しかった、
とりあ
>>続きを読む

映画 あたしンち(2003年製作の映画)

3.8

幼いとき何度も見た記憶があるけど、たまたま再鑑賞。
ポップな絵柄ゆえの緩急の付け方が絶妙。

その辺のアニメ映画より全然面白いよね。
古き良き日本を感じるね、傑作である。

しみちゃんとゆずひこがただ
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.8

テンポよく観れる明るいゾンビ映画。
観る前はB級映画かな?とか思ってたけどすごく良かった。


最近ゾン100読んでるけど、
ゾンビの世界も満喫しようと思ったら案外楽しそう。

些細な事を楽しめ。か。
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.6

ラストの一言には痺れた。。
ほんとどっちがいいんだろうね。

初めはなんのこっちゃだし、
観てるうちにラストの方は予想できてくるんだけど、
それでも最後はしっかり面白く終わってる。

ずっと不穏な空気
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.7

オープニングから素晴らしい。
ほんとMVみたいな映画だった。

思ってたよりシリアスだから中弛みなく、
もちろんテンポもいいのでしっかり観れる。

ケヴィン・スペイシーがいいキャラしてるわほんと。
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.1

そう言えばこの前観てたや。

テーマが分かりづらい。
何を目的にしているのか、何故未来からミライちゃんが来たのか。
冒険を通して確かに主人公は成長していくんだけど、
突然始まって突然終わっての繰り返し
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

書こう書こうと思って放置し過ぎた。

とても面白かったよ。
ホアキン・フェニックスの演技には脱帽だ。

ダークナイト観てる時と同様のモヤモヤがずっとあって、善悪の境界がとても曖昧になってくる。

観客
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.6

ストーリーはちょっと荒いけど、
相変わらず凄いアクションと謎の組織や、仕立て屋等の専門家達にお腹いっぱい楽しめる。

そもそも血の契約があるから頑張るのに、最後は思いっきり振り切っちゃうし。
なんかや
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.9

善悪の二面性ってほんと難しい。

ヒーローが存在するのは悪が存在するからだし、救われる人がいると同時に救えない人もいる。
度々選択を迫ってくるジョーカーにバッドマンもタジタジだわ。

ヒーローものでは
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.8

ダークナイト激推しされたので、観るためにまずはこれから。
聞いてたより全然面白かった。。

正直マーベルとかそっち系あんま観る気にならなかったけど、
少し重ためな雰囲気がちょうどよく好み。

キャスト
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.7

ネット民にも大人気のキアヌ、
圧倒的無双っぷりが最高。

ストーリーもシンプルで無駄な描写が少ない分アクションにどっぷり浸かれる。
謎のコインに不思議なホテル、裏社会の掟等の厨二病感がより作品の娯楽性
>>続きを読む

25年目のキス(1999年製作の映画)

3.5

ハイスクールものとして王道で良き、
こういうの観たい時に観るとよろしいかと。

先生がどうみても一番魅力的だったね。
一番の功労者は弟。

ミスト(2007年製作の映画)

3.6

後で思えばその選択以外になかったのか?とも思うけど、
観ている時はその二択しかないと見事に思わされてたよね。

こういう系統の映画にいては決断力やリーダーシップ等優秀な主人公なんだけど、
もうそれ以上
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.9

映像が本当に綺麗でそこは相変わらず凄かった。

音楽や、BGMとこれでもかってくらい狙ってるタイミングで、
どう?いいでしょ?ってのが全開で感じられるんだけど、正直最高。

選択の繰り返しとしては世間
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.8

なんとか間に合った。
どこの映画館もいっぱいでびっくりしたや。

ほんとトリガー詰め合わせましたって感じで良かった。
戦闘の描写や、文字の表現が素晴らしい。

ストーリーは割と真面目な感じだけど、規模
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.8

ずっと忙しい画面に釘付け。
たまらんかった。

ストーリーより迫力で勝負って感じの娯楽映画。
BGMもお祭り感あって笑ってしまった。

怪獣たちの神々しさ眺めながら楽しむだけ。

エクスペリメント(2010年製作の映画)

3.4

ストレス映画だってんなら正解なのかも、
少し物足りなさ感じたので、いつかリメイク前も観てみたい。

本当にああなるもんなのか、
報酬はとても魅力的だけど参加するか迷うとこ。

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

3.9

やっと観れた。
とても好きだけど、表現できるほどの知識量はまだない。

陰影がとても印象的で、思っていたより最後まですっと観れた。
あの時代だからこその暗さと、やるせなさが伝わってくる。

ヒロインが
>>続きを読む

キャデラックレコード 〜音楽でアメリカを変えた人々の物語〜(2008年製作の映画)

3.4

エイドリアン・ブロディ観たさに鑑賞。

実話ベースだからなんだろうけど正直平坦というか、テンポ良すぎたのかな。
いまいち印象に残らなかったな。

自分の洋楽への理解度が低いのも原因なんだろうけど、
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

3.5

非現実な展開に惹かれずにはいられない。

実話が元なんだ。
またゆっくり調べたい。

>|