KazuyaMiyagawaさんの映画レビュー・感想・評価

KazuyaMiyagawa

KazuyaMiyagawa

映画(120)
ドラマ(0)

ハンニバル(2001年製作の映画)

4.0

羊たちの沈黙の続編。

最後が印象的。トラウマレベル。

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0

ハンニバル・レクターのカリスマ性とジョディ・フォスターが美人。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.7

トム・ハンクスの安定感たるや。

一期一会って言葉がしっくりきた。

ガタカ(1997年製作の映画)

4.0

ジュード・ロウがイケメンというよりもハンサム過ぎた。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.8

やっと見れた。ひとりホラーの耐性付いてきた気する。

テンポよく見やすい印象。
某医大に解剖見学行ったのを思い出すなぁ。

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

前作より話が断然面白い。

特にエンドロールのパロディは笑った。

マザー!(2017年製作の映画)

4.0

中々カオスな内容だけど、予備知識なしに観て解説を読むのがおすすめ。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

映像と音楽も綺麗で大人向けの物語って感じ。

こういう映画もあり。

COWBOY BEBOP 天国の扉(2001年製作の映画)

4.7

20年も前のTVシリーズのアニメにハマってしまった。それくらい魅力たっぷり。

作画も音楽もテンポも良い。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.7

なんだろう。理解追いついてないのに展開に興奮してしまった。笑

ジェシカ・チャステインのカリスマ性たるや最高。


もう一回観ねば…

>|