kanappeさんの映画レビュー・感想・評価

kanappe

kanappe

コットンクラブ(1984年製作の映画)

3.0

実在した高級クラブ「コットンクラブ」を舞台にしたマフィア・フィクション。
コットンクラブといえばデューク・エリントンやマイルス・デイヴィスなどの黒人ジャズアーティストを輩出したことで有名ですが、本作で
>>続きを読む

愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像(1998年製作の映画)

3.0

【愛しているんだ】
フランシス・ベーコンの映画でありながら、その恋人、ジョージに焦点を当てた破滅的な愛の物語だった。
映画としては、おそらくベーコンが好きな人じゃないと楽しめないだろうから完成度は低い
>>続きを読む

さらば! 2021年(2021年製作の映画)

-

年末に見た。
「ドント・ルック・アップ」みたいなブラックコメディかと思いきや、
全部現実の話で泣きました

ウィッカーマン(1973年製作の映画)

4.0

【ザ・カルト】
やっとこさ見ましたが、ぶち抜けてどうしようもない作品でずっと笑ってました。
「宗教ってこわいな〜」
「いやいや理解不能…」
みたいな知的な面白さではなくて、
もはや思想や信仰はどうしよ
>>続きを読む

インポッシブル(2012年製作の映画)

5.0

文句の付け所がない、完璧な映画でした。
スマトラ沖地震が発生し、プーケットで被災した家族を描く実話に基づく話。

しばしば人々は忘れてしまう、どんな人間ドラマがあったとしても、バックグラウンドがあった
>>続きを読む

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

3.5

世界がドン引きしたダサダサダンス。
実は公開時、劇場に観に行きました。当時9歳とかだったけどあのダサダサダンスは忘れてなかった。
前二作に比べてヴィランには全然共感できないし、正直三角関係もドロドロし
>>続きを読む

スパイダーマン2(2004年製作の映画)

4.0

数年ぶりの再鑑賞。
MJって割と叩かれがちだけど、境遇を見ていたら同情するし
スーパーヒーローのアクション映画をやりつつ、人間ドラマがしっかりと描かれているから釘付けになるよね。
電車のシーンは名シー
>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

4.0

NWH観賞後、再鑑賞
すっっごいひさしぶりに見たけど、やっぱり面白かったな…!
伝説の始まり、特筆すべきはやっぱりウィレムデフォーのグリーンゴブリン。やっぱり最恐ヴィランですよ。
まさか2022年、ス
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.0

まだエドガー・ライトがイギリスでオタク映画を撮っていた頃のやつ

田舎に左遷された刑事(警官笑)が殺人鬼を追っていくコメディ!いや〜イギリス節がきいているなあ〜というやりすぎグロとアクション!

何気
>>続きを読む

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

3.5

めっちゃいい話でした。
実話なんだけど、これを見たあとに実際にペイジがWWEに出た時の映像を見たんだけど、本当に信じられないような幸せな姿で、涙が出そうだった。
プロレスは演技かもしれないけれど、人に
>>続きを読む

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

3.5

【前日譚】
なので今までのキングスマンを期待してはいけませんね。キングスマン見に行ったら戦争映画が始まって正直びっくりしました笑 途中「1917」やん!ってね。

キングスマン創設譚×歴史改変アクショ
>>続きを読む

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

3.5

【見上げるな現実】
嘘だろー!!っていうぐらい酷いブラックコメディ。下品になっていないのは錚々たるキャスト陣のおかげであって、話自体は痛烈に現代社会を批判している。考えさせられるっていうか、なんていう
>>続きを読む

偶然と想像(2021年製作の映画)

4.5

現実にしてはよく出来すぎている、しかしどこかで共感してしまう私たちの話だった。

これらの3作品は短編小説としても優秀だろうし、1つの話を2時間に膨らますことも可能なんだろうが、ちょうどいい長さで終わ
>>続きを読む

プリティ・ウーマン(1990年製作の映画)

4.0

少し昔の私が見てたら「何これッ⁉️結局顔と金ってコト❣️」ってキレてたかもしれない。
サクセスストーリーではなく、シンデレラストーリー。

恋愛模様が揺れ動く理由は、格差っていうわりと現実的な問題。「
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

3.5

【怖いんですが】
ちょっと、怖いんですが
思ったより怖かった、サイコホラーと思いきやわりとゴリゴリの視覚効果とドッキリで驚かせて来るタイプのエンタメホラー作品。
美少女×超能力 というひと時代まえの映
>>続きを読む

パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021年製作の映画)

3.0

【混乱しました、】
フィリップ・シーモア・ホフマンそっくりの人が出てるし、舞台設定と雰囲気は「ゼアウィルビーブラッド」だし、これはPTA作品か!?と。
正直PTA作品は好みではないのだが、本作はなかな
>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

4.0

【ラストにやられた!】
ラテン系音楽×止めどないラップ×おとぎ話みたいな視覚効果で最初からノリノリだったのだが、ちゃんと社会問題を提起してくるところにジョン・チュウ監督の力量を感じる。
「クレイジー・
>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

4.0

非常に興味深かった。みてよかった。
高レベルの会話すぎて100パーセントついて行けたわけじゃないのだけれど、右翼左翼で2分化せず、学生と真正面から向き合う三島は本当に日本という社会を変えたかったんだと
>>続きを読む

アメイジング・グレイス アレサ・フランクリン(2018年製作の映画)

3.0

もう、すっごい寝た、すっごい気持ちよく寝た(多分2曲くらい)
私は神様を信じていないけど、神様を信じる人を信じたいと思った。
それくらいソウルフルで、会場の人々も、アレサ自身も全身全霊で神に対して人生
>>続きを読む

ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン(2016年製作の映画)

-

正直自分はジャズ超初心者なので、「ジョン・コルトレーンって名前は知ってるけど…サックス奏者だっけ…」と戸惑うレベルのにわか。ので今回は勉強として鑑賞をしたわけだ。
結論から言うと、崇高なミュージシャン
>>続きを読む

ホノカアボーイ(2008年製作の映画)

-

ハワイには行ったことがないんだけど、「そうだよ、これこれ」ってなる感じ。なんだかマラサダの甘い香り(食べたことない)がしてくるし、波の音まで聞こえてきそうだ。
沖縄に行った時のことを思い出した、南国で
>>続きを読む

RENT/レント(2005年製作の映画)

-

本作未鑑賞により、100%楽しめなかった「チック、チック…ブーン!」より。
ミュージカルに疎い自分でも、何度も名前だけは目にしたことがある「レント」。原作者であるジョナサン・ラーソンの死によりカルト的
>>続きを読む

サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)(2021年製作の映画)

-

良かったなあ。
ウッドストックでヒッピーたちがクスリやフリーセックスで盛り上がっていた時代。黒人達は人権やアーティシズムを訴えるが如く独自のフェスを開催していた。
ソウルやブルースやゴスペル。思わず体
>>続きを読む

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021年製作の映画)

-

【ナチュラル・ボーン・キラーズ】
ハートフルおしどりバディモノ第二弾
MCUと比べてしまえば、前作もすごく良く出来た作品というわけではなかったのであまり期待してなかったけど、なかなかよかったです。サク
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

-

めちゃくちゃ良いロードムービー
インド旅行を通して癒されゆく三兄弟の傷。
ドタバタすぎるし、変な話すぎる。「癒し」というと辛気臭い感じがするけど、全然そんなことない。なんの話?って言われると困る内容。
>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

-

小さい頃に何回も見たと思う、けど通しで見だ記憶がなかったので久しぶりに。
宇宙映画がポピュラーになってきた時代にスペーススリラー的王道作品となった本作はやはり偉大だなあと思った。
今日ではもうリスペク
>>続きを読む

tick, tick...BOOM!:チック、チック…ブーン!(2021年製作の映画)

-

ちょっと期待しすぎたかな〜
自分があまり好きではないタイプの映画だったのが大きいんだろうけど、それにしてもアンドリューの演技はすごく良かったので2時間見入ってしまった。
いや、38歳には見えないよ…。
>>続きを読む

皮膚を売った男(2020年製作の映画)

-

まさかの2日連続モニカ・ベルッチ。
途中かなり寝ちゃって!ちょっと曖昧なんだけど、いい意味で映画っぽくなくて、あれこれノンフィクションだっけって何度か思った。
アート×難民×ラブストーリーっていう、作
>>続きを読む

アレックス STRAIGHT CUT(2020年製作の映画)

-

【メルド】
いや〜クソだなあ、もう、ちょっと…さあ…
って毎回頭抱えてる気がするギャスパー・ノエの映画って!毎回見て後悔するのに、なんか映画館でやってたら見ちゃうのよね…。

オリジナル版は未見なので
>>続きを読む

ボクたちはみんな大人になれなかった(2021年製作の映画)

-

【MPDG】
ホント、嫌になっちゃうよね。
自分の好きな音楽も、好きな女の子も、好きな思い出も、自分の中ではフツーじゃなくても、社会に漂流しちゃえばみんな普通なのにね。みんなが誰かの特別で、それが普通
>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

-

【I remember】
恐ろしい作品が誕生しましたね。
人類創世記。人間を超えた神のような存在=セレスティアルズによって作り出された戦士たちエターナルズの活躍と葛藤。
10人もいるのに全員が魅力的で
>>続きを読む

ビバリーヒルズ・コップ(1984年製作の映画)

-

初ビバコップ
完全に笑ってはいけないの浜ちゃんのイメージだったけど、ジャケット着出すのは2かららしい。

80年代〜!って感じでよかった。エディ・マーフィの出世作ということだが、派手すぎず、アクション
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984年製作の映画)

-

見るまで長いな(長すぎる)と思ってたけど、見終わったらもう一度最初から再生していた。
「アイリッシュマン」でも同じ現象が起こったのだけれど、人生の長さに比べればこの映画は短すぎるし、あまりにも美しすぎ
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

-

勝手に北欧系ふわふわロードムービーかと思ってたら全然違った。

社会から分断された家族が母親の死をきっかけに社会との向き合い方を考え直す話。

最近は農村に移住して子育てをする人が増えているらしいが、
>>続きを読む

>|