かぼちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

かぼちゃん

かぼちゃん

#生きている(2020年製作の映画)

3.8

ゾンビ映画も時代と共に進化してるよね!
現代版ゾンビ映画って感じでなかなか面白かったた😊

マンション暮らしの私もこんな状況に陥ったら室内に引きこもるし、SNSでとりあえず状況確認しつつ、室内から生存
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

2.8

最悪胸くそドキュメンタリー映画。
未成年少女との出会いや性的欲求を満たすためにSNSを利用するキモい連中を誘き出し、その実態を赤裸々に映し出した本作。

演じているのは未成年に見える成人の女優とのこと
>>続きを読む

フロッグ(2019年製作の映画)

3.0

何やら妻が不倫したらしく夫婦仲は冷えきっているわ、息子はそんな母を軽蔑しているわ、崩壊寸前の一家。
いやーな空気をむんむん漂わせながら本編スタート。

家の中で不可解な現象が頻発するから、最初はホラー
>>続きを読む

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

1.5

三国志をこよなく愛する夫。
鑑賞後、怒りに荒ぶる夫を宥めるのに一苦労したとんでもない作品。

レビューするの忘れていたんだけど、フォローさせて頂いている方のレビューを拝読して思い出しました笑

私は三
>>続きを読む

炎628(1985年製作の映画)

4.0

第二次世界大戦中、ナチスドイツがベラルーシの村を焼き払った数が628。
だから『炎628』というタイトルなのか…ともう何とも胃が重たくなる凄惨極まりない本作。

結構前にDVDを購入していたんだけど、
>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

4.5

鉄欠乏性貧血から生じる氷食症のわたくし、かぼちゃん。
主人公の異食症に共感しまくりでした笑

ヒロポンさん、いちごみるくさん、観たよぉぉぉ!!!

私の場合は氷だけで釘とか土とかへの衝動はないんだよね
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

2.3

松坂桃李を愛する友人には言えなかったけれど、セックス下手そ…というゲスな感想を抱いてしまった笑

友人が1人で観に行くの恥ずかしいってことで付き添い鑑賞したの忘れてた😅
高級男娼という設定なのに女の扱
>>続きを読む

無垢の祈り(2015年製作の映画)

4.0

平山夢明先生の湿気を帯びたようなじとっとした作風は大好きだけど、無垢の祈りを映像化って無理があるんじゃ…と思っていた。

でもちゃんと平山夢明ワールドだったし、フミを演じた女の子のメンタルが心配になる
>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

4.0

Atrozがトラウマになってもうて、記憶を薄めるために久しぶりに鑑賞しちゃった笑

子供の頃、大好きだったメリーポピンズ。
初めて観た時は興奮のあまり『家政婦さんやとって』って親にお願いしたこともあっ
>>続きを読む

Atroz(原題)(2015年製作の映画)

-

これはムリムリムリ!
グロ耐性そこそこあるほうだと思うんだけど、これは最後まで観られなかった😭

なんというか、ネットで見かけるメキシコのグロ動画の長尺って感じで途中から吐き気をもよおしそうになったの
>>続きを読む

牛久(2021年製作の映画)

2.0

不法滞在者の実態を隠し撮りし映像化したドキュメンタリー映画。
賛否両論あると思うけれど、私の素直な感想はなんだかフェアじゃないなーと。

私自身『何事も両者の声を聞いた上で判断する』を心がけている。
>>続きを読む

スパイラル:ソウ オールリセット(2021年製作の映画)

2.5

毎年ハロウィンになるとSAWの新作を観るために弟と映画館に行った思い出。

SAW愛が強すぎるから、この作品を観たあとは「こんなんSAWじゃねー!!!」とプンスコしていて、レビューするのも面倒くさかっ
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

4.5

ヴィンテージドールを愛する私の性癖に刺さりまくりの最高にお洒落な作品だった。

アメリカンホラーストーリーの時も感じたけれどお洒落とホラーは相性がいいよね。
怖さ控えめな女性好みのホラー映画だから、ホ
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

5.0

『両親を告訴する。こんな世の中に僕を産んだから。』
この映画は放たれる台詞が胸を突き刺してくる。

12歳くらいの少年が自分を産んだ両親を訴えるというのっぴきならない状況からスタート。
物語が進行する
>>続きを読む

終わった人(2018年製作の映画)

3.0

原作既読
何年か前、娘設定の女の子に「きみが生まれた年のワイン」ってどう見てもパパ活にしか見えない某ルーペのCMにイケおじ気取った父親設定で舘ひろし出てたよね。

この映画の舘ひろしは、終わった人がテ
>>続きを読む

私の奴隷になりなさい(2012年製作の映画)

2.0

そういえば結構前に観たな、と思い出した笑
何やら壇蜜がけしからんらしいって噂を聞き、どのくらいけしからんのか観てやろう!という完全に興味本位のみで鑑賞。

壇蜜は綺麗ではあるんだけど、この方に演技力を
>>続きを読む

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

4.5

ホラー映画として観ると怖さ控えめ。
だけど廃退的で憂いのある雰囲気が私の性癖にグサッと刺さった作品。

大好き、こんな世界観。

途中から「もしかして」と薄らオチが見えてくるんだけど、それに気付き出し
>>続きを読む

ザ・プロシージャー Part.2:謎の実験室 Part2(2019年製作の映画)

3.0

Part1で懲りたはずなのにPart2に手を出した私はアホだと思う。

だからこれ何の実験なの笑

ジュリアの記憶(2011年製作の映画)

3.0

15分程度のショートムービー。
ショートムービー専門サイト『サマンサ』にて鑑賞。

人の顔を覚えられない失顔症の主人公が、殺人事件の第一発見者になってしまう。
犠牲者は親友のジュリアということもあって
>>続きを読む

積むさおり(2019年製作の映画)

3.0

さおりは結婚不向きなんじゃない?と身も蓋もないことを思った笑

バツイチ同士、再婚して5年。
かつてのパートナーとどんな経緯で離婚したなど詳細がないから分からないけど、作中に描かれているさおりは不満や
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

4.0

最初は全く期待していなかったのに鑑賞後は「面白かった!」とちょっぴり感動した作品。

というのも漫画を映画化、今をときめく役者を使っとけば良いでしょ?みたいな邦画にありがちなノリに辟易していた時期だっ
>>続きを読む

謝罪の王様(2013年製作の映画)

1.5

この映画の笑いどころが全くもって分からなかった。

豪華な役者たちが悪ふざけ、それが面白いなら良いんだけどサムい。
段々と物語のスケールが大きくなっていった挙句、最後のオチがアレってなに。本当になに笑
>>続きを読む

Begotten(1990年製作の映画)

3.4

いつだったかマリリンマンソンのMVを観て、その流れで知ったこちらの作品。

これ呪われる笑笑

グロテスクで不気味な映像、ちんちろちんちろ聞こえる虫の鳴き声、ザラザラと荒いモノクロの世界。

なんだろ
>>続きを読む

ウィッチサマー(2020年製作の映画)

3.3

主人公はちょっと冴えない反抗期中の男の子。
両親は離婚。休暇を利用してパッパの元にやって来た。

ついでにパッパの口利きでマリーナでバイト。
バイト先で女の子とも仲良くなって、良い夏が過ごせそうと思っ
>>続きを読む

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

雰囲気は良いんだけど、本当に雰囲気だけの映画だったなという印象。

大風呂敷を広げすぎたのか話がとっちらかっていて、端的に言えば雑。
そもそも『シンデレラ』をタイトルに持ってくる意味がよく分からなかっ
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

5.0

『考えるな、行動しろ』とマーヴェリックさんが言っていますが、まだ観ていない方はあれこれ考えずすぐさま映画観へGO🏃💨

一言で言うなら、最高。

実は私、最初は配信待ちでいいかな〜とかっぱえびせんでも
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

4.2

鑑賞済み記録

マーヴェリックのために再鑑賞
おさらいおさらい👀

アントラム 史上最も呪われた映画(2018年製作の映画)

1.5

観たら死ぬ映画。
まことしやかに囁かれる本作を観たのはちょうど1年前。

幸いなことに私はまだ生きている。
この1年、私の身に起こった出来事を日記アプリを見返した上でここに記録しておこう。

2021
>>続きを読む

震える舌(1980年製作の映画)

3.8

祖父が生前、戦時中に破傷風になって生死の境をさまよったと言っていた。
後遺症でずっと手が震えていて、コーヒーにお砂糖を入れる時にばら蒔いていたんだよね。

その時はまだ私が幼かったので「破傷風って手が
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.5

真っ白な雪に覆われた世界にはどす黒い闇が潜んでいた。
実話に基づいた陰鬱で重たい作品。

私自身のネイティブインディアンへの差別や迫害について知識が及ばず、この映画のメッセージをきちんと受け取れていな
>>続きを読む

女子高生に殺されたい(2022年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

古屋兎丸さんの作品は好き。
でもこちらは内容的に惹かれなくて未読だったんだけど、原作すごく面白いらしいね。
今度読んでみよう😊

そんなわけで原作未読で鑑賞。

タイトル通りだよね笑
女子高生に殺され
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.7

むかーし、女子フィギュア選手が審査員席に足をのっけて必死にスケート靴を見せつけている映像を目にしたことがあった。

何やらその時の映像って割とショッキングな事件だったらしい!

そこまでフィギュアに詳
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.9

絵は上手いのにキャラ立ちしていない、漫画家アシスタントの主人公。

妻にこれ以上の迷惑をかけるわけにもいかず、これで最後と決めて編集部に原稿を持ち込んだものの玉砕しちゃって最後のアシさん仕事に取り掛か
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.8

寂寥感を覚える静かな映画。
子供の頃にイメージした布をかぶったオバケ👻←この滑稽に思えるビジュなのに、ちゃんと感情が伝わってくる不思議。

派手なシーンはないし、オバケと人間の会話はないし、というかあ
>>続きを読む

>|