門倉カドさんの映画レビュー・感想・評価

門倉カド

門倉カド

映画(100)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

4.0

予想に反し、シュールかつシリアス。殺さずに戦うド迫力アクション!!

【賛否両論チェック】
賛:「誰も殺さない」という誓いを守りつつ、桁外れのアクションを見せていく主人公の活躍から、目が離せない。
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

意味深なラスト。屈しない心が辿り着く、驚がくの真相とは。

【賛否両論チェック】
賛:圧力を受けながらも、屈することなく戦い続ける新聞記者と、そんな彼女に心動かされていく内閣情報調査室の調査員。2人が
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

3.0

まさに高校生。等身大のヒーロー成長物語!!

【賛否両論チェック】
賛:青春の真っ只中にいるピーターが、スパイダーマンという宿命を背負いながらも、恋や友情に奮闘していく様が、ユーモラスに描かれていく。
>>続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.0

~「『ギフト』をどう使うかは、君次第だ。」~

【賛否両論チェック】
賛:力を得たことで孤立し、暴走していくヒロインと、そんな彼女を止めようと奔走する仲間達の姿が、壮絶な戦いを通して描かれていく様に、
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

本当の自分とは。不朽の名作を紡ぐ、感動のミュージカル!!

【賛否両論チェック】
賛:壮大なスケールで描かれるアラジンとジャスミンのロマンスを通して、自らの在り方を問いかけられていくのが感慨深い。圧巻
>>続きを読む

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

4.5

仕掛けの妙。謎多きパラレルワールドの、驚愕の真実。

【賛否両論チェック】
賛:最大の謎であるパラレルワールドの真実が、最大の魅力。主人公達の決断にも考えさせられる。
否:登場人物達の言動に対する賛否
>>続きを読む

うちの執事が言うことには(2019年製作の映画)

2.5

基本的にはファン向けか。どこまでも小説チックな世界観。

【賛否両論チェック】
賛:最初は頼りなかった主人公が、こちらも不器用だった執事とぶつかり合いながら、次第にたくましく成長していく姿が印象に残る
>>続きを読む

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.5

嚙み合わない感が秀逸。クセ者揃いのシュールな復讐劇。

【賛否両論チェック】
賛:復讐劇がどんどん嚙み合わない方向へと進んでいく感がシュールすぎて、思わず笑ってしまう。登場人物や演出も秀逸。
否:何か
>>続きを読む

パージ:エクスペリメント(2018年製作の映画)

3.0

「強くあれ。」マクロとミクロで露になる、人間の本性とは。

【賛否両論チェック】
賛:「パージ法」成立に向けた実験を通して描かれる研究側や参加者の姿に、人間の本質を見るようで恐怖をも感じさせる。生き残
>>続きを読む

聖☆おにいさん 第Ⅱ紀(2019年製作の映画)

4.0

前作よりもパワーアップ。究極の脱力系コメディ!!

【賛否両論チェック】
賛:今回はアパート以外のシーンも多く、前作以上にイエスとブッダのほのぼのとした日常が、シュールな笑いと共に描かれていくのが楽し
>>続きを読む

さよならくちびる(2019年製作の映画)

3.0

「バカで何が悪い。」珠玉の音楽達が彩る、不思議なロードムービー!!

【賛否両論チェック】
賛:ハル・レオ・シマ、3人それぞれの葛藤が等身大で描かれ、観る人それぞれに共感出来る部分がありそう。珠玉の音
>>続きを読む

轢き逃げ -最高の最悪な日-(2019年製作の映画)

2.0

サスペンス色もあり。加害者と遺族、それぞれの人生の行方。

【賛否両論チェック】
賛:轢き逃げ事件の加害者も被害者遺族、それぞれの視点からの物語が描かれ、それぞれの人間ドラマに考えさせられる部分が多い
>>続きを読む

貞子(2019年製作の映画)

3.0

恐怖の中に漂う切なさ。哀しみと怒りを背負った子供の叫び。

【賛否両論チェック】
賛:ヒロインが貞子の恐怖の元凶に迫っていく中で知る、愛されなかった子供の哀しみや怒りに、思わず考えさせられる部分も多い
>>続きを読む

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

2.5

孤高な2人の運命。歴史的背景を辿る、壮絶な復讐劇。

【賛否両論チェック】
賛:最愛の娘を失ったクワンと、組織内部の裏切り者を探すヘネシー。それぞれの立場からの孤高な戦いが切なく、重い。アクションシー
>>続きを読む

レプリカズ(2018年製作の映画)

1.5

ツッコみどころはあり過ぎて・・・。超えてはならない、人間としての一線。

【賛否両論チェック】
賛:最愛の家族を取り戻すために、禁断の研究に手を染めた主人公の執念や、彼を取り巻く人間模様を通して、人間
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

1.0

共感出来るかは恋愛観次第。等身大の愛情物語。

【賛否両論チェック】
賛:恋愛の機微を等身大で描いており、ヒロインと恋愛観が近い人が観れば、共感出来ること必至。
否:悪く言うと、ただただ他人の恋愛を見
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.5

手に汗握る怪獣達の死闘。桁違いの超ド迫力アクションムービー!!

【賛否両論チェック】
賛:予備知識は特段不要。次々と蘇る怪獣達を前に、人類やゴジラがどう立ち向かっていくのか、観ていてハラハラすること
>>続きを読む

空母いぶき(2019年製作の映画)

3.0

アクションというより社会派。他人事で片づけられぬ、日本の現実。

【賛否両論チェック】
賛:難しい舵取りの任務の中で奮闘する主人公達の姿を通して、平和の在り方について改めて考えさせられる。決して他人事
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

5.0

分かっていても騙される。痛快すぎる極上の騙し合いムービー!!

【賛否両論チェック】
賛:ヒロイン達の計画の下、先の読めない騙し騙され合いに、どう頑張っても痛快に騙されてしまう。主題歌や挿入歌も世界観
>>続きを読む

居眠り磐音(2019年製作の映画)

4.0

痛快かつ切ない。これぞ時代劇の真骨頂!!

【賛否両論チェック】
賛:前半では磐音の背負う哀しみが、後半ではそんな哀しみを秘めた心優しい磐音が悪党と戦う姿が、痛快さ満点の中にも切なく描かれていくのが印
>>続きを読む

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

5.0

「自分の人生は、自分だけのもの。」。先の読めない、痛快なギャンブルバトル!!

【賛否両論チェック】
賛:予備知識は、最悪無くても大丈夫そう。先の読めないギャンブルバトルの行方に、思わずハラハラさせら
>>続きを読む

多十郎殉愛記(2019年製作の映画)

1.5

殺陣はスゴいけれど・・・。呆気ない感満載のチャンバラ時代劇!!

【賛否両論チェック】
賛:生々しく、どこまでも迫力のある殺陣が繰り広げられ、観ていて圧倒される。
否:物語そのものはとても淡白なので、
>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

3.0

子供向けでも感動的。生まれ変わった珠玉の成長物語。

【賛否両論チェック】
賛:独りぼっちになってしまったダンボが、大きな耳を活かして羽ばたいていく姿や、彼に寄り添う1組の家族の絆に、思わず胸が熱くな
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.5

「気持ちは伝わる。」大人も子供も楽しめる。種を越えた友情と、家族の絆。

【賛否両論チェック】
賛:ティムとピカチュウが、共に難事件に挑んでいく中で友情を深めていく様や、父と息子の絆の物語に、思わず感
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

2.5

華やかさは無くも感慨深い。友情が育んだ、本当の勇気。

【賛否両論チェック】
賛:差別と正面から向き合った2人の奮闘を、時に感動的に、時にコミカルに描き出していく様が、得も言われぬ印象深さを生んでいる
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

5.0

「夢があるから・・・強くなれるんだろうが!!」

【賛否両論チェック】
賛:予備知識は特段不要。信と嬴政の、死闘の果てに築かれていく絆や、そんな信の成長に、観ていて胸が熱くなる。壮大なスケールのアクシ
>>続きを読む

君は月夜に光り輝く(2019年製作の映画)

4.0

「愛する人の死」の重み。まさに王道の、切ない純愛物語。

【賛否両論チェック】
賛:偶然出逢った2人の微笑ましい純愛を通して、愛する人の死の重みを訴えかけてくるストーリーに、思わず胸が熱くなる。
否:
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

4.0

脱力感満載も、家族の絆にまさかの感動!!

【賛否両論チェック】
賛:ヒーローの力を得て悪ノリ全開な少年が、次第に本当のヒーローとして成長していくまでが、非常にコミカルに描かれていく。「家族の絆」とい
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.5

ネタバレ厳禁。圧倒的スケールで送る、最終局面の戦い!!

【賛否両論チェック】
賛:懐かしいシーンやキャラクターが沢山登場するので、往年のファンには感慨深い。クライマックスの一大スケールのバトルは必見
>>続きを読む

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

2.0

キーワードは「ドラゴンボール」(笑)。やりすぎ感満載のド派手なアクション!!

【賛否両論チェック】
賛:シンガポールを舞台に巨大なスケールで描かれる事件の数々に、思わず見入ってしまう。シリーズファン
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

3.5

ツッコみどころはあるけれど・・・。ド迫力の新時代潜水艦バトル!!

【賛否両論チェック】
賛:ロシアへ向かった潜水艦が直面する衝撃の危機の連続や、陸上で孤軍奮闘する特殊部隊の死闘等、手に汗握る戦いが繰
>>続きを読む

大脱出2(2018年製作の映画)

1.5

こじんまり感が否めない。受け継がれる極意の行方とは。

【賛否両論チェック】
賛:捕らわれた部下達が、主人公の教えを駆使して脱出に挑んでいく様や、それを支えるべく奔走する主人公の姿がカッコイイ。前作の
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

2.5

映像の好みは両極端。個性的すぎるスパイダーマン大集結!!

【賛否両論チェック】
賛:知識は最悪不要。未熟な少年が、自らの運命に苦悩し葛藤しながらも、少しずつ成長していく様に、思わず胸が熱くなる。並行
>>続きを読む

麻雀放浪記2020(2019年製作の映画)

1.0

麻雀の知識は必須。奇想天外すぎる、珠玉の痛快破天荒ムービー!!

【賛否両論チェック】
賛:終戦直後から2020年へとタイムスリップしてきた主人公が、ぬるい時代に風穴を開けて一大旋風を巻き起こしていく
>>続きを読む

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

4.5

引きずり込まれる極限状態。息もつけぬ圧巻のワンカット。

【賛否両論チェック】
賛:ワンカットの魅力を最大限に生かした演出で、混乱を極めた事件の緊迫感が、ひしひしと伝わってくる。また、犯人がほとんど映
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.5

可愛さも満点。孤独な心と心が生んだ、奇跡の友情。

【賛否両論チェック】
賛:本来はカッコイイバンブルビーの、キュートでチャーミングな描写が多く、観ていて心温まる。彼とチャーリーという孤独な者同士の友
>>続きを読む

>|