NatsumiMunesawaさんの映画レビュー・感想・評価

NatsumiMunesawa

NatsumiMunesawa

映画(382)
ドラマ(11)

シャイニング(1980年製作の映画)

3.7

終始目が離せなかった。
ジャック・ニコルソンにハマりそう笑
やっと観られて良かった。
メイキング観たけど、かなりキツそうだったな...。
何かが飛び抜けて良かった!!とかそういう事じゃないけど、面白か
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

4.2

とても良い映画を観させてもらった。これはすごい。ただ、半分くらい観たところで大体の展開は読めた。読めてもなお、この映画はすごい。「植物図鑑」のイメージだった岩ちゃんのギャップというか、演技の幅の広さに>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

見終わった後に、今までにない感覚になる。なんというか...。映画自体はとても良かったと思う。いい意味での気持ち悪さと、超越した愛と、時代背景と、それぞれの混ざり合い方のバランスが絶妙だったと思う。ただ>>続きを読む

兄に愛されすぎて困ってます(2017年製作の映画)

3.5

想像してたよりめっちゃいい映画だった!いくら結末がこうであっても、長い年月一緒に育ってきた兄妹なんだよな...って急にゾワっとした瞬間は数回あったかな笑
脚本もキャピキャピしっぱなしじゃなくて、でもシ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

5.0

久しぶりに映画観て動悸止まらなくなったわ。なんやねんなんやねんなんやねん!!ひとつひとつがリアルで、どんどん感情移入するし、散々振り回された後のこのオチ!!最高すぎるわ、、、。

近キョリ恋愛(2014年製作の映画)

-

んー。原作読んでから観たけど、中身なかったなー、、、。これはドラマの方が楽しめたかも。ゆにの面白さが全然出てなくて、もったいなかったな、、、。でも、高校時代に観てたら純粋に憧れてたんだろうな笑。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.2

原作読んでから見た。「あきらだ。」って思った。やっぱり小松菜奈はすごい。ただ、最初に清野菜名が出てきたときはちょっと違和感あったかな。店長が大泉洋さんってのがまた絶妙でよかったなー、、、。
原作の笑え
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

5.0

とにかくリアル。ぴったりな言葉が語彙力なくて出てこないけど、現実世界で見たら直視できないものを、スクリーン越しに見させてもらっている感じ。うおーーーってゾゾゾっとしながらも、圧倒されて笑いながらおもし>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.8

今までで観たミュージカル映画の中でトップクラスで面白かった。DVD発売されたら絶対買う。

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

-

テレビで鑑賞。とても観やすくておもしろかった。映画館で観たら物足りないかも...?

パディントン 2(2017年製作の映画)

5.0

最っっっ高に面白かったし可愛かったーーー!!!!!!
本当にこれはみんな観るべき。もちろん吹き替えで。色々言いたいけど、とりあえず観て。

不能犯(2018年製作の映画)

-

松坂桃李目的で鑑賞。
自分が抱えている憎しみとかそういう負の感情は、もしかしたら自分の思い込みから生まれているかもしれない。
沢尻エリカの演技がたまに「演技してまーす!」って感じになる瞬間があって、世
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

-

原作読んでからの方が楽しめる。脚本はやっぱり少し違うので、映画ならではの楽しみがある。小説が映像に変わるそのインパクトが意識していないところであったみたいで、映画が終わったあとも少し引きずっていた。す>>続きを読む

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

4.2

めっちゃおもしろかった!!!ツッコミどころはやっぱりあるけど、そこすらおもろい。めっちゃきゅんきゅんしたわ😂これは定期的に拝見したい。キャストもよかった!!めいちゃんかわいいし白濱亜嵐さん美しすぎる。

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

-

たぶん自分が今仕事が大変で追われてる状況(だったら映画観るかなっていうのはあるけどそれは置いといて)だったら、グッと来て泣いてたかもしれない。

物語の今の世の中でこういう会社が存在していて、勤めてい
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

-

恋愛映画にくくるのはちょっと違うけど、この展開でベタな恋愛映画ならこう来るってところが、とても繊細に描かれていて大人な感じだった。でもなんでだろう。ものすごくいい映画だったのに、全然響かなかった。切な>>続きを読む

>|