はまもさんの映画レビュー・感想・評価

はまも

はまも

映画(159)
ドラマ(0)
  • 159Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ラスト・リミット 孤独の反逆者(2016年製作の映画)

1.8

あらすじが面白そうで期待して視聴したら低予算サスペンス映画だった。
邦題とパッケージからもB級アクション映画だと思ったのに……

原題通りのお話だった。

ウェズリー・スナイプス コンタクト(2017年製作の映画)

1.8

ウェズリー・スナイプスが完全に脇役なのは邦題的にどーなのか?

ブレンダンのカメラ設定が全く活かされてないの笑える。

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

1.3

雑なコスプレ大会。尺の都合で初見者には説明不足、設定が分かっている原作ファンには不評という誰も幸せにならない映画という感じ。
CGは思っていたより頑張ってた。

劇場版 幼女戦記(2018年製作の映画)

3.9

テレビシリーズの続編なので初見者お断り。劇場の大音響大スクリーンで観てこそ。

冒頭の鑑賞マナーアニメーションは笑えた。

バトル・プレイヤー1(2017年製作の映画)

1.6

設定が雑。もう少しコンパクトにまとまっていれば良かった。

リディック:ギャラクシー・バトル(2013年製作の映画)

3.0

原点回帰した感じ。
冒頭の惑星サバイバルが好き。絵面も良い。

スペース・ロック(2018年製作の映画)

1.2

2018年とは思えないお金の無いCGだった。

ジャケットと内容が全く関係なくて吃驚した。

ガーディアンズ(2017年製作の映画)

1.4

映像はけっこう頑張ってる感があったんだけど……

がっこうぐらし!(2018年製作の映画)

2.4

原作第一部の内容をうまく取捨選択した映画化だった。演技も(想像していた程は)酷くなかった。焦点は胡桃ちゃんより。

先輩のフルネームが明かされたのには驚き。

レギオン(2010年製作の映画)

2.1

鎧着た天使がコスプレ感満載だったり話の筋に既視感ありまくりだったりしたけど嫌いじゃない。

プリースト(2011年製作の映画)

2.3

設定と世界観はけっこう好きな部類。良くも悪くも展開が早い。

RENDEL レンデル(2017年製作の映画)

1.6

フィンランド産のダークヒーローもの。

この内容でコミカルな描写はそぐわないんじゃないかな。デザインは好み。エンディングも良い。

デンジャラス・トレジャー ~狙われた秘宝~(2016年製作の映画)

1.4

あらすじとは裏腹に軽いノリな作品だった。
原題はThe Rendezvous(ランデヴー)なのにこのB級丸出しの邦題付けるセンスは凄い。

バッド・ウェイヴ(2017年製作の映画)

2.2

コメディ。冒頭からブルース・ウィリスが全裸スケボーで笑える。

ソードフィッシュ(2001年製作の映画)

2.5

昔、冒頭だけ観た記憶がある。
ヒュー・ジャックマンがハッカーはちょっと違和感あり。

D-WARS ディー・ウォーズ(2007年製作の映画)

1.3

韓国製怪獣映画。導入部が長すぎたり、韓国の伝説の龍がアメリカに出現したり、場面展開が唐突だったりと色々と雑な映画だった。

タッドの大冒険~失われたミダス王の秘宝~(2017年製作の映画)

2.3

スペインのアニメ映画。二作目らしいがこの作品からでも問題無く視聴可能。

コミカルな描写も多く気軽に観られる。

ブレンダンとケルズの秘密(2009年製作の映画)

1.9

独特の映像は良い。内容は普通。

修道院長が可哀想なのとケルトの神様がただのモンスターにされてしまっているのが哀しい。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.0

ブラッドリー・クーパーの歌が思っていた以上に良くて驚いた。

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

2.4

セブンシスターズだけど石油メジャーの話ではなくディストピアSF映画。
思ってたよりアクション多め。

海底47m(2017年製作の映画)

2.6

真面目系サメ映画。ちゃんとケージが活かされていて良かった。

Xibalba シバルバ/エイリアン・オブ・マヤ(2017年製作の映画)

1.1

遺跡に辿り着くのも遅ければ、エイリアンが出てくるのも遅い。
予算が無いのがよく分かる酷い作品だった。

ゲット スマート(2008年製作の映画)

2.7

スパイアクションコメディ。
そこそこ笑える。
主題歌はマドンナだし俳優も豪華。