かいさんの映画レビュー・感想・評価

かい

かい

映画(48)
ドラマ(0)

イントゥ・ザ・ストーム(2014年製作の映画)

2.7

バカなユーチューバーのキャラが面白かった
後はよくあるような、展開しかなかった

横道世之介(2013年製作の映画)

3.8

じんわりくる映画
長い映画の割にそれぞれの登場人物との物語が消化不良感あるけど
逆にそれもリアルだなと感じる

GO(2001年製作の映画)

3.6

窪塚のキャラクターに惹かれた
ただ途中までは凄く面白かったけどオチが微妙だなーと思った

青い春(2001年製作の映画)

3.5

不良を小馬鹿にしてる感じが面白い
音楽もカッコよくて好き

モンスターズ/地球外生命体(2010年製作の映画)

2.7

モンスターパニック映画を期待してたから少し肩透かしくらった
危険地帯にいる時があまり面白くなかった

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

3.8

60年前に作られたとは思えないような編集、テンポだった
ほとんど会話だけだけどすごく引き込まれた

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

2.8

くだらないけど、笑えた

個人的には、この手の作品にムロツヨシと佐藤二朗を出すのはそろそろやめてほしい
特に佐藤二朗は面白くなくなってきた

ドン・ジョン(2013年製作の映画)

3.0

男と女の恋愛観の違い

大学に行かせる動機とかがよく分からなかったけど退屈することなく見れて面白かった

メリーに首ったけ(1998年製作の映画)

3.6

キャメロンディアスがかわいい

犬の扱いが酷すぎて笑った

忘れないと誓ったぼくがいた(2015年製作の映画)

3.2

伏線回収が良かった

物語は悲しすぎてこっちも胸が苦しくなった

告白(2010年製作の映画)

4.0

3時間ぐらいある映画を見た気分
2時間以内によく収めたなと思った
それくらい内容は濃いかった

スカーフェイス(1983年製作の映画)

4.2

主人公のトニーがカッコイイ
いろんな映画の中でも特に好きなキャラクターだと思った

笑うとこではないけど、
最後のタモリとターミネーターを混ぜたような殺し屋で笑ってしまった

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.4

ファイトクラブオマージュを感じた
ダークウェブっていうものを電車の車両で表現してるのがわかりやすくてよかった

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

3.5

時代は感じるけど古さをあまり感じず、おもしろかった

江南ブルース(2015年製作の映画)

2.7

敵と味方が分かりにくかった
アクションシーンは好き

スクラップ・ヘブン(2005年製作の映画)

3.0

オダギリジョーのキャラ
最初は正義のつもりがどんどんエスカレートしていく感じ
なんとなくファイトクラブと被る点が多いが
好みの映画だから良しとする。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.3

物質主義の大量消費社会の脆さを感じた
ツッコミどころもあるけど楽しめた

ラン・ローラ・ラン(1998年製作の映画)

2.9

スタイリッシュな映像、音楽が良かった
ちょっとした事で他人の未来が変わるのもおもしろい

ただ主人公とその彼氏に全く魅力を感じなかった

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

中盤までが地獄だった、
ただそのイライラした分、後半でスッキリ伏線回収していく感じが気持ちよかった

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

2.6

割と展開が読めて
その通りになりすぎて楽しめなかった
頭空っぽにして見るべきなんでしょうね

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.1

ヒーロー vs ヒーロー
凄く面白かった
キャプテンアメリカの映画だから仕方ないかもしれないが、スタークがかわいそう

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.4

笑えるし、アントマンはカッコ良かった

ストーリーは少しご都合主義だったかな
母親、ヴィランの力、量子世界の設定とか

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

2.9

つまらなくはなかった
だけどあまり印象に残らなかった
ソーが好きじゃない人からしたら微妙だと思う

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

5.0

最高におもしろい

ランチョー役のアーミル・カーンの年齢を知って驚いた
年齢を知ってもう1度見ると、確かにおじさんにしか見えない 笑

アントマン(2015年製作の映画)

3.6

ギャグは笑えるし
アントマンはかっこいい
MCU映画の中でも好きな映画

モンスターズクラブ(2011年製作の映画)

2.3

メッセージ性の高い、印象に残るセリフは多くて見入ることも多かった

だけどこの映画を理解することはできなかった

ハイキック・エンジェルス(2014年製作の映画)

2.6

アクションは迫力があってよかった

「ゾンビとJKってだけで大ヒットする」というセリフはこの映画見てる人に対する皮肉かな

男子高校生の日常(2013年製作の映画)

3.3

おもしろかった
男子高校生の痛々しい感じがリアルで良かった
やりすぎな所も結構あったけど

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.8

おもしろかった
やっぱりライアン・ゴズリングはかっこいい

>|