521号さんの映画レビュー・感想・評価

521号

521号

2017-

乱世備忘 僕らの雨傘運動(2016年製作の映画)

-

観ることに意味がある。

政治や社会的には香港の限定的な出来事だけど、そこにいる人間とそのリアクションは普遍的だと思う。

千波万波、小川紳介賞。

旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス(2012年製作の映画)

-

個人的な好みもあってこの手の映画はずぅっと観ていられる。

若き日のクローディーヌがとにかく可愛い。

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

-

映画を愛し映画に愛される映画の愛嬌?

バックトゥザフューチャーみたい。
リングはもう観たくない。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

-

山田涼介の演技がかなりよかった。
ジャニーズ組と村上虹郎のバランスが妙にハマる。
キャスティングがよければ、あとは的確に描くだけでいいのかも。

カメラが少し動きすぎている気もする。

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

ハンスジマーが嫌いになりかけた。
僕らが映画に求める過剰はこれじゃない。

お前できるか?って言われたら、できる人はいない、ノーラン以外たぶん。

だけど、このパワーありそうなのにあまり感じない画面は
>>続きを読む

>|