会長さんの映画レビュー・感想・評価

会長

会長

  • List view
  • Grid view

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

2.0

文学作品の映画化なので、他のエンタメ映画とは違い、多少の分かりにくさを覚悟していた。その予防線があったので寝なくても済んだ。「楽しむ」という感覚を求めてはいけない作品。まぁ…「邪」だのなんだのがよく分>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.9

安定の面白さ!前作が好きな人なら今作もハズレ無し!のはず!(・∀・)

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

本当は4.0点を付けたいんだが、個人的に気持ちがマイナスになったポイント(①冒頭の巨漢全裸シーン ②車を止めてからのやり取りのシーンのやるせなさや苦しさ)があるので、それさえなければ余裕で4.0点以上>>続きを読む

ある優しき殺人者の記録(2014年製作の映画)

3.4

勿体ない!日本人カップルの暴力的なラブシーン(?)さえなければ優良SF作品なのに…やっぱり日本人に対する偏見があるのかと疑ってしまいそうになった💧別にいらないでしょ、あの日本人カップルの絡みのシーン…>>続きを読む

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013年製作の映画)

3.1

面白いシリーズだと思う。どうしても見たいというシリーズではないが、時間つぶしに見てもハズレない作品!誰でも楽しめるな、このシリーズは。

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

3.0

いかにも「小説からの映画化」という作品だと感じた。原作を未読で鑑賞したので、それなりに楽しめた。オススメとまでは言わないが、そこそこ面白い作品。ちょっとしたどんでん返しもあった。俗に言う「無難な作品」>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.8

予備知識は一切なく、新鮮な気持ちで鑑賞。前半にさくさく進み後半失速することで「オチがつまらなかったなぁ」と思う映画にはよく出会うが、個人的には、本作は逆のパターンだった。前半はさくさく進み過ぎて「誰?>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

1.5

何かの評価で「ララランドみたい!」と書いてあったが、到底そのレベルではなく、脚本自体もあまり面白くない…何故こんなに高評価なんだろう💧失恋して結ばれないという結果だけなら被るだろうが、そこに行き着くま>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.5

安定の面白さ。時間軸のトリックについては過去の作品を見ていればピンとくる…少しだけ「羊たちの沈黙」みたいな展開だった。続編も期待。

バイバイマン(2016年製作の映画)

1.0

ダメだこりゃ…最初から最後までB級映画だった。始まり方が良かっただけに展開が気になったが…進めば進むほど勢いが失速…バイバイマン自体がなかなか出てこないから、イマイチ恐怖感も無い。オススメできない💧ダ>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7

面白かった!B級感満載で終わったらどうしようかと思ったが…なかなか良かった。あの子だけは最後まで味方だと思ったんだけどなぁ〜…そんな訳ないか。家族だからな。他の人にもオススメできる作品。

海街diary(2015年製作の映画)

3.0

普通の話。事件やドタバタは何もない…本当に普通の話。悪く言うと物語に波がない話。なぜ最優秀作品賞を獲れたのかが謎。しかし、キャストが豪華で、みんな自然体の演技が上手い為、途中で眠くならずに済んだ。ゆる>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

1.0

うーん💧少し期待していただけに、ガッカリだなぁ…なぜこんなに高評価なんだ💧オーシャンズの監督なんだよな…個人的には「オーシャンズを大きく劣化した作品」というイメージ。合わなかった(-ω-;)

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.0

時間があったので、何となく鑑賞。可もなく不可もなく、まさに「無難な邦画」という作品。サブタイトルに結末が表されているので、そこまでの過程をどのように見せるかが問われる作品だったが…それがまた「無難」だ>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

2.0

高校時代に原作を読んだことがあったので、時間があったから何となく鑑賞。日頃ミステリーやサスペンスばかり見ているので何となく別ジャンルを見てみたが…やっぱり青春作品はキツい(笑)広瀬すずが少し可愛い。「>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.9

面白かったな~…もう一度鑑賞しても良いぐらい。ホラーは邦画の方が良いという印象を少しは揺らがせてくれた作品。なかなかの良作!

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.7

面白かった!アップテンポでサクサク進む2時間!楽しい雰囲気ながらも「そりゃあそうなるわな💧」という終わり方…単なる「楽しい話」や「武勇伝」としてハッピーエンドで終わらなかったのも高評価の一因。実話をも>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

2.0

受賞が多い作品なので期待していたが、予告編からイメージしていた内容では無かった。色々と残念。物語終盤に「犯人はお前だったのか!?」的な展開を期待していたが、途中で犯人が呆気なく発覚し、そのままズルズル>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.0

ストーリーが進むにつれて、人間関係だの今後の展開だのは気にならなくなり、エイリアンがどのように出現してきて登場人物たちがどのように殺されてしまうのかしか考えなくなる。よく分からないが、とりあえず良い終>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.5

面白かった!ヒヤヒヤやハラハラは特に無いが、静かに進むSFミステリーという感じで楽しめた。特に大きな印象やインパクトも無いが、見て後悔のない作品。強いて言うなら時間軸がポイントになる作品。

スプリット(2017年製作の映画)

3.0

犯人の芝居は上手いなぁ…その演技力による加点があるのは事実。ストーリーは、最初と最後は何となく楽しめたが、中盤のほとんどが怠く感じた💧「アンブレイカブル」の続編っというよりは、最後のワンシーンのみ関連>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

2.9

普段ミステリーやサスペンス、時々ホラーやアクションを見ている私にとっては「何も起こらない」作品だと感じた。つまり、この映画は、事件や大きな出来事が一切ない作品である。本当に平凡に時間が過ぎていく…。何>>続きを読む

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

3.2

このシリーズは、シリーズを追うごとにレベルが上がっている。しかし「面白い!」と断言できるレベルではないかな…無難。取り敢えず「過去の作品を再び見ることは無いが、第4弾が出たら見る!」という表現が個人的>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.8

期待していなかっただけに、とても面白く感じた!意外にも先が読めない展開に多少の緊張感を抱いた。これは良い作品だ!人って残酷だとも感じた。自然災害による被害は風化されていく…悲しい事実だ。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.3

物語は良い。主人公やその他の人間関係も、それぞれの目的を持ちながら逃げ切ろうとするところに感情移入できた。しかし、芝居が上手な子ども役の女の子が、後半うるさく感じてしまった💧イライラした…。涙のシーン>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9

アクション版ララランド…と言ったら言い過ぎかもしれないが、それぐらい音楽と連動しながらリズミカルに物語が進む。「社会的な罪を犯した人間は、敵であれ味方であれ必ず償わなければならない」という常識をちゃん>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

「クリストファーノーランのダークドキュメンタリー」という作品。正直言うと、ダークナイトやインターステラー並の展開を期待していたら「ハズレ」だと感じてしまう作品。戦争もので実話だから仕方がないかもしれな>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.9

前評判を裏切ることない良作。悪くは無い作品だが、タイトルと予告からイメージしていた作品の内容とは違った。「被告人に振り回されながら、真犯人を見つける」的な話かと思ったが…ヒヤヒヤ感はなく、実話ドキュメ>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.0

ミステリー要素のない映画を久しぶりに見た気がする。時間がある時に何となく見るぐらいが丁度いい作品。「ララランドより良い」という評価も見かけたが、個人的にはララランドが圧勝だな…。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.0

面白い…のかな?(笑)ストーリーに大きな山場がなく、ただ淡々と不気味な雰囲気が続く作品。少し長く感じる。2夜連続であるミステリードラマから大きな山場を失くした感じの作品。まあまあ面白いが、他人に「面白>>続きを読む

少林サッカー(2001年製作の映画)

3.0

バカバカしさが面白かった(笑)授業で使える面白さ…中学性が大盛り上がりで見るレベルの作品。

キャビン(2012年製作の映画)

1.2

「the B級映画」という映画。ラストが予想できないというのがキャッチコピーだったが…「何じゃそりゃ💧」と言いたくなるオチだった。モンスターのシーンは高校のお化け屋敷レベル。うーん…つまらん。残念。

パラノーマル・アクティビティ(2007年製作の映画)

3.2

今更ながらの鑑賞だったが、なかなか怖かった💧足を引っ張られるのはちょっとトラウマになるかな💧

ホーム・アローン2(1992年製作の映画)

3.0

英語の授業で見せてOK!個人的には1より面白かった!

カイジ2 人生奪回ゲーム(2011年製作の映画)

3.0

無難な邦画である。どうしても見なければならないという作品ではない。誰が見てもそこそこ楽しめるので、暇な時にはありがたい映画。前作と比べるとスケールが小さくなった…あのパチンコ台にお金がかかったのかな。

>|