Kaichyiさんの映画レビュー・感想・評価

Kaichyi

Kaichyi

映画(667)
ドラマ(4)

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

正直、開始5分でいい作品だと確信できた。こんな実話ある!?
この物語を語る上で重要な少年時代を演じたこの子役を見つけられたのはすごい奇跡だと思う。神レベルの子役じゃない!?

あとは前情報知らずにニコ
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.0

こんな努力家の男の話を見て心が動かないわけにはいかないでしょう。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(2016年製作の映画)

2.0

申し訳ない。
何も前情報なく見始めたが、登場する音楽家のことは何者知らないし、キューバ音楽に思い入れがあるわけではないからかなり退屈でした。
レビューを見ると前作があったということで納得。いきなりこの
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

4.0

よかったー。
スポコンいいなぁー。青春いいなー。
ただ、ひとつだけ惜しいなと思ってしまったのは、最後のエンドロールは実際の人たちをもっと出して欲しかったなー!
そしたら号泣必至だった涙

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

2.0

口コミがいいので観てみたが、最後の30分がとても素晴らしく、そこまでの最初から2時間半は結構苦痛なほど退屈だ。
天才のランチョーは既存の教育システム、あるいは国民的風習に疑問を持っている。彼の学生時代
>>続きを読む

ハート・オブ・ウーマン(2000年製作の映画)

3.0

ある日突然、女性の心の声が聞こえるようになってしまう男の話。
この映画好きでねー。昔めっちゃ観た。Amazonで観れたから嬉しくてすぐ鑑賞。やっぱ面白い。
☆4以上にならないのは、映画のサイズ感もある
>>続きを読む

マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり(2015年製作の映画)

3.0

34歳で未婚。皮肉になりながらも結婚相手を探す女性の焦りというか不安。
その彼女が40歳離婚男と出会うのが、出会い系の待ち合わせで目標の本を持っていたからという勘違いでスタートしてるのは面白い。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.0

すごいね。マーベルは順番に観ていってるからイントロは他のスピンオフで済ませてて、映画のテンポはとてもいい。
希望を砕いていくところもご都合主義の作品よりずっと面白い!

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.0

いいね!後半へいくにつれて仕上がっていく感じ。

こういうバトル映画って戦う理由がないと見てる側は冷めてしまうわけだけど、今回は戦う両者の気持ちが掴みやすい。
国に恨みがあって壊したい者と、国を守りた
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

2.0

えー。マーベルの映画の中ではびっくりするくらい幼稚な作品だった…音楽もありきたりな感じ。
あああーあー、でお馴染みの「移民の歌」が挿入されたのにはこれまたミスマッチでびっくりした。1970年の曲だし、
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.0

世界がねじ曲がったり、分かれたり、ぐちゃぐちゃになっていくすごい映像はインセプションを過激にした感じ。

あとは今テネットでやってるような逆流の表現を描いてるので、もしかしたらテネットはこの影響を受け
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.0

「ちっちゃくなる」っていうのをいかに活かせるかというところでアイデア満載。
結構不意に「プッ」と笑わせることもあって普通に楽しめる。

奇跡の2000マイル(2013年製作の映画)

4.0

「街にいたって退屈」「毎日が同じことの繰り返し」
そんなようなセリフのあと2000マイルを歩く準備に入る女の子。

飲食店に入って「仕事ちょうだい」そこから始まる。ってか準備ないじゃん!w
で、砂漠を
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.0

わかんない。
割と最初の方から置いてけぼりにされた感じが凄かった。
いやー、3時間の尺使って結果分かんないとは。

良かったところ。
・デンゼル・ワシントンの息子はデンゼルの面影があってなんかほんわか
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.0

おもしろー。
パリを訪れた小説家が過去にタイムスリップしてヘミングウェイやフィッツジェラルドに会えてしまう話。
小説家は彼らのファンだからテンション上がってるし、そんな様子を見るのが楽しい。
てか出演
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.0

前評判通り良かったです。
ヒーローでも集まれば信念や利権の衝突は起きるもの。
誰もが正義であるという前提はそのままで内部分裂していく脚本になってるのはお見事。
その上でヒーロー同士が激しくバトルする様
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.0

美人三姉妹にさらに可愛い妹がひとり増える話。
とにかくこのすずちゃんにフォーカスがめちゃ当たってて、プロモーションの色がとても強いのが気になりましたw
特別ここがすごいっていうのは無いんですが、仲のい
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.0

よくも悪くも大作映画。
ツッコミどころ満載だけど映像めちゃ綺麗、出演陣も豪華でとくに文句なし!

Re:LIFE リライフ(2014年製作の映画)

3.0

大作を書いてから、次のヒット作を出せない脚本家。
生活のために大学で教師をすることに。

いやー、過去に栄光があるとキツそうだね。今も変わらず輝いているはずという人々の期待みたいなのがあるから、つい自
>>続きを読む

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

3.0

正直ほかの「3.0」に評価した映画よりはスコア高いです。4までは届かないけどすごく楽しめる低予算映画。

冒頭がインディー感丸出しなのでやめようと思ってたけど、やめなくてよかった。

森に彷徨う女性が
>>続きを読む

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

4.0

めちゃよかった。よかったっていう言葉は不謹慎かもしれない題材だけど。作品としてすごく良かった。いつも映画見る時は細切れに分割して見ていくけど、続きが気になって一気に見てしまった。

ラブストーリーか何
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

2.0

ガイ・リッチー監督の作品はロックストックは好き、スナッチまぁまぁで、これはあんまり面白くなかったかなぁ。テイスト的にはスナッチの時と同じような感じ。
セリフにいちいち字幕つけてたり、編集をくちゃくちゃ
>>続きを読む

セイフ ヘイヴン(2013年製作の映画)

2.0

これはオススメしないかな。
冒頭はなんか鬼気迫る感じで逃げる女性が出てきて、逃げ切ると田舎町に住み始める。ここからかなーり緩やかでほがらかなドラマが始まって、この女性と地元の男とのボーイミーツガールが
>>続きを読む

デイライト(1996年製作の映画)

3.0

この年代っぽいサバイバル映画w
爆発でトンネルに閉じ込められた人々を、たまたま現場に居合わせたスタローンが救出に向かうという、まさに映画のための設定!
細かいところの突っ込みどころは多数あるのでそこを
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.0

見始めた時になんか続編っぽい感じでサクサク進むので、あれ?前作ある?と思ったら「シビルウォー」でスパイダーマンが登場してたとのこと。
…わからんーーー。

まぁ、それを観てない自分でも楽しめたので大丈
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.0

こういうメンズ映画好きだわぁ〜。
自然火災の消防士の話。ひょろっひょろの新人が入ってきても、ガッツがあれば認めていく感じ、なんか男らしくて好きやわぁ〜。絆強そう。

大きな自然火災が起きるわけですが、
>>続きを読む

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years(2016年製作の映画)

3.0

まったくビートルズのことは知らなかったけど、この映画を見て勉強になりました。

てか人々の熱狂の仕方がエグかった。あんなに叫んだり、倒れたりするもんなんだね。世界規模で人を動かすなんて奇跡みたいなバン
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.0

あの天才の曲を自分が作っていたなら、どんな人生になっていたことか…
誰だって一度は考えたことがありそうなことを体現した映画。

そりゃ、一瞬のファンタジーであれば面白いかもしれないけど、実際に「再び」
>>続きを読む

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

4.0

観る前は3.0くらいの普通のアクション映画を期待してたけど、面白かったw

感情なし。善悪の区別ができず犯罪を犯し、厳重に監禁されているケヴィン・コスナー。
CIAエージェントで国家の存亡に関わる情報
>>続きを読む

MERU/メルー(2014年製作の映画)

3.0

す…すごすぎる。
映画を想像してたけど、ドキュメンタリータッチなんだね。プロデュースしてるのがメルー登ってる本人なので、なんか説得力があるなとw

山登りしてる人って生活苦しそうなイメージあるけど、や
>>続きを読む

ホームズマン/ミッション・ワイルド(2014年製作の映画)

2.0

んー。見るのキツかった…
なんか過酷な生活とか、境遇の映画って結構見てきたほうだと思うんだけど、耐性あってもキツかったかな。
3人の精神が壊れた女性を他の土地へ移すべく立ち上がった女性の話。
この3人
>>続きを読む

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

4.0

面白い!
なんかこのジャケ写真が損してる気がするなぁ。レビューが良くなければ自分からはピックしなかった作品。
おそらく事実を元にしているであろう、ビンラディン殺害までのCIAの話。
いやぁ、自爆テロを
>>続きを読む

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

2.0

30分まで見れた。
ホームレス女子。泊めてくれる友だちに感謝するどころか、男を連れ込んでくるわ、家のものを壊すわでスーパーサゲマン感満載。
ものすごく嫌悪感出たので鑑賞終了。

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.0

ボストンで起きた爆弾テロ事件。
犯人を逮捕するまでの話を「パトリオットデイ」で、被害者の話しをこちらで。

テロで両足を失うなんて、もし自分の身に起きたらと思うとその後の人生は想像できない。しかしこれ
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

4.0

ものすごく面白い。
何の前情報もなく見たけど、それが良かったのかも。
全身麻痺の男が脊髄にコンピュータを埋め込まれて全身動けるように。重要なのがこのコンピュータは男に話しかけることができること。「he
>>続きを読む

>|