nnmmさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • nnmmさんの鑑賞したドラマ
nnmm

nnmm

泣くな、はらちゃん(2013年製作のドラマ)

4.0

たまちゃんが亡くなった後で漫画の世界にやってきたときに、この一線を越えてしまった絶望と寂しさがすごくてたくさん泣いてしまった。こうすることでしか、自分の感情を守れない感が辛い。。。

0

池袋ウエストゲートパーク(2000年製作のドラマ)

4.2

役者のキャラクターに引っ張られて作品の熱がどんどんと熱くなっていく感じが堪らない。この時代のこの瞬間にしか生まれない、というような刹那的な煌めきが溢れていて、何遍観ても面白い。

0

池袋ウエストゲートパーク スペシャル スープの回(2003年製作のドラマ)

3.5

やらなくても良いようなエピソードをスペシャルでやった、ここにマコトたちが居るリアルを感じた。

0

まほろ駅前番外地(2013年製作のドラマ)

4.0

瑛太と松田龍平の画にならない部分の格好良さが詰まってる

0

映像研には手を出すな!(2020年製作のドラマ)

3.7

元気や勢いのある作品は良い。
1話の設定画のくだりでグッと引き込まれた。

0

誰かが、見ている(2020年製作のドラマ)

3.7

三谷幸喜の良いところも極端に嫌悪感ある部分も全部入ってる作品だった。

ぶっちゃけ1話はめちゃくちゃ面白くないので耐えが必要だし、2話でググッと引き込まれるわけでもないんだけど、そこを過ぎたらいつの間
>>続きを読む

0

呪怨:呪いの家(2020年製作のドラマ)

4.1

本来は切り離されるべき時間軸たちがこの「呪いの家」という空間によって、時間軸をぐねぐねねじ曲げてこの家に一つに結びついていく。
因果によって引き起こされた応報なのか、応報のための前提として因果を生み出
>>続きを読む

0

仮面ライダーウィザード(2013年製作のドラマ)

3.9

W,オーズ,フォーゼとソース並の濃い作品が続いた後だったので、これは醤油のさっぱりとしたような作品だった。
が、平成ライダーのなかでも群を抜いて好きと言えるのはこの作品だとも思う。まず晴人のキャラクタ
>>続きを読む

0

俺の話は長い(2019年製作のドラマ)

4.3

生田斗真演じる満の屁理屈が1話からかなりツボで、むしろそれに嫌というほどけしかけてくる小池栄子が序盤しんどかったのだけれど、みんなそれぞれの立場から家族を想う姿に心打たれた。

終始ヤスケンは最高なん
>>続きを読む

0

イントゥ・ザ・ナイト(2020年製作のドラマ)

3.7

面白いけど与えられたキャラクターがその通りに動いている感じというか、この設定があるならそうなるよねという予想を超えてこない。ここからどうなるか気になるところ。

あと皆かっかかっかし過ぎ。

0

空から降る一億の星(2002年製作のドラマ)

4.1

SMAPが全盛期の中でキムタクがこんな役をしていたこと、深津絵里の表情の深み、そして何より普段あんなにバラエティで笑顔しか見せないお笑い怪獣さんまさんに泣かされるとは。こうなったら嫌だという想像の結末>>続きを読む

0

ウルトラマンガイア(1998年製作のドラマ)

4.2

悲しみの沼、遠い町ウクバールがある時点で傑作。

0

雨が降ると君は優しい(2017年製作のドラマ)

3.1

んー、ちょっと期待外れ。玉山鉄二が好きなのでなんとか完走できた。

0

ボク、運命の人です。(2017年製作のドラマ)

3.8

さすが金子茂樹って感じ。プロポーズ大作戦で式場の天使に導かれ、運命の相手を射止めた山Pが、今度はその天使となって亀梨くんの恋のキューピットになったと勝手に補完しながら見た。満島真之介のキャラ最高。

0

今日から俺は!!(2018年製作のドラマ)

4.2

太賀、最高ですね。三橋のファイトスタイルがかなり好き。

0

湘南純愛組!(2019年製作のドラマ)

3.7

中盤からかなり引き込まれる。一晩で全部見切るくらいにはハマれた。鬼爆ってこんな強いのか。

0

プロポーズ大作戦(2007年製作のドラマ)

5.0

個人的に生涯No.1ドラマ。これを越えるのは多分色んな意味で無理だと思う。
ドラマの中の小道具が輝いている映画だと思う。多分これスマホだったら面白さが半減しちゃうんじゃないかな、ってなんだか思えてしま
>>続きを読む

0

全裸監督(2018年製作のドラマ)

4.0

熱気と活気がある作品だった。村西とおるに纏わる諸々のエピソードを全て美談にしてしまうことは良くないしあってはならないと思うが、これはこれとして作品として面白かった。
第三話の女将との駅弁のシーン、あそ
>>続きを読む

0

最高の離婚(2013年製作のドラマ)

-

これぞドラマというか。まさしく人間の「ドラマ」だよなと。いつも登場人物の肌感覚みたいなものを感じるドラマだった。

0

それでも、生きてゆく(2011年製作のドラマ)

-

いつまでも胸に残る作品であること間違いなし。被害者家族に傷や拭えぬ過去があってそれを一生「背負わされ」て生きていかなければいけない。加害者家族も一生「背負って」生きていかなければならない。背負う、背負>>続きを読む

0

Mother(2010年製作のドラマ)

-

最高に泣かされたがもう見たくはない。

0

西遊記(2006年製作のドラマ)

-

これが坂元裕二脚本とは思ってもなくてびっくり。月9で国民的アイドルが「孫悟空」をやる。そのエンタメ感がすごく良かった。

0

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(2016年製作のドラマ)

-

毎度毎度深手を負う。本当に何回泣いたか分からない。高良健吾のひたむきなキャラクターがこの作品の登場人物たちの出会いを、そして物語を作り出していったように思う。みんな「生きている」んだよなあ。

0

TRICK(2000年製作のドラマ)

-

ユーモアがセンセーショナルで未だに新しさを感じる。

0

アンナチュラル(2018年製作のドラマ)

4.0

法医学者のドラマはハズレがない。死者を通して生者と向き合うことって本当に大変だよな、ととても胸が詰まる。

0

ウルトラマンX(2015年製作のドラマ)

4.5

この作品をもし1年間やっていたらと思うと胸が弾む。特撮パートは斬新なカメラワークが使われているシーンも多く、それが違和感でない演出が施されていてウルトラシリーズにまだまだ新発見があると確信させてくれる>>続きを読む

0

仮面ライダーW(2009年製作のドラマ)

5.0

「仮面ライダークウガ」は当時4歳とかだったので、ストーリーラインを十分に把握しきれず後から見返して「素晴らしい」と思った作品だった。一方ダブルのころには中学生になり、リアタイで毎週楽しみにしていた。>>続きを読む

0

僕たちがやりました(2017年製作のドラマ)

3.4

逃走劇なだけあって、二転三転と最後までスピード感が損なわれずに展開が進んでいったのが良かった。

0

家政婦のミタ(2011年製作のドラマ)

3.6

面白いは面白いけど、なんもそこまで高視聴率である必要はなかったように思う。

0

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜(2010年製作のドラマ)

3.7

SPECホルダーをもっともっと観たい。話が進むにつれて面白くなっていくのが純粋にすごい。

0

東京タラレバ娘(2017年製作のドラマ)

3.3

逃げ恥と対極の位置にあって、めちゃくちゃ古臭く感じた。

0
>|