カイリエイガさんの映画レビュー・感想・評価

カイリエイガ

カイリエイガ

最近見たやつ

映画(376)
ドラマ(0)

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.3

胸があああ
真っ当じゃなくても歪んでいたとしても愛だと思います。。
クライマックスシーンの音楽
ギターの旋律だけにしたのセンス抜群。あれは泣くて…。
阿部サダヲさん最強すぎるよ。
変にあらすじとか見ず
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

5.0

すんばらしぃ!!
登場キャラ全員が無敵可愛い。
どんでん返し的ストーリーも最高。
偏見を持たず互いの違いを認め合うこと。諦めずに努力をすること。
前向きなメッセージが詰まってる。
色んな姿形の動物が共
>>続きを読む

空(カラ)の味(2016年製作の映画)

2.7

食べて、吐いて、でも食べたい
摂食障害に苦しむ女子高生というテーマ…それ自体は重く突き刺さった。
けれど…人間愛に感動するわけでも、深い絶望感に襲われるわけでもない中途半端な感じ。助けてくれた友達が後
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.6

大切な人を抱きしめたくなる。
至る所で涙がポロポロ出てきた。
オギーだけの話で終わらせない描き方がすごく良い!色んな形の愛が見れる。
これだけ詰め込んだのに全部が濃くて
意味のある内容だった。

ニート・ニート・ニート(2017年製作の映画)

3.5

ニート三人が旅に出て
訳あり少女に振り回されるお話。
結果 旅に目的が出来たことが彼らを救うことにもなったのかもと思った。
アイドル主演だけどアイドル感無いのが良かった!登場人物は自分勝手な奴らばかり
>>続きを読む

テキサスタワー(2016年製作の映画)

4.2

テキサスタワー乱射事件。
大学の時計塔から無差別に発砲、死傷者46名を出した惨劇を当時のニュース映像と現在の関係者インタビュー、そして繊細なアニメーションを交えて振り返る。これが本当によくできてる…。
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.5

ルーニー・マーラ可愛すぎだし
ケイト・ブランシェットがゴージャスすぎだし2人のシーンはそりゃ美しいです。撮り方も綺麗。初めて車に乗ったときドキドキした視線のカメラワークとか最高でした。ストーリー云々よ
>>続きを読む

走れ、絶望に追いつかれない速さで(2015年製作の映画)

4.2

朝まで飲んで酔っ払って
元カノに電話して銭湯行って
未来のことは分からないけど、いつか一緒に仕事しようなんて言って。
けどそんな親友は自殺して…。
主演の太賀くん良い役者さんだなあ…特に後半 泣きなが
>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

3.7

後半からまさかの展開ぃぃぃ!
余韻無しでプッツン終わるのがこの時代っぽい 笑
これだけの展開を
2時間の間によく詰め込んだなあ

スモーク(1995年製作の映画)

4.0

小さいタバコ屋に集まる人たちのお話。
人間愛に溢れてる。
小洒落た会話が続くのが最高。
シブい。こんなに素敵なのにうまく言葉にできない魅力…大人向け!
オギーのラスト超長ゼリフからのエンドロールも文句
>>続きを読む

バースデーカード(2016年製作の映画)

3.5

亡くなった人から手紙が来る
設定としてはよくある感じなので
泣いたりはしなかったけれど
とても優しくて心地よかった。
光が差し込む病院のベッドとか
家族でキャンプするところとか
色味がすごく綺麗でビッ
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.7

樹木希林さんの遺作でなければ埋もれてしまったかも知れない
それほどに超地味(褒め言葉)な映画
お茶の道を極めることも
生きることも等しく
同じことの繰り返し
だからこそ奥深い

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.5

恋人を亡くした女性のお涙頂戴ストーリーでもなく、幽霊となった男のホラー話でもない。新しい感覚になった。
全編通してとっっても静か
長回し定点カットが多いのも印象的。
台詞も少ないので眠くなる瞬間も多々
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

僕が生まれるより先に亡くなってしまった“フレディ・マーキュリー”
そして伝説のバンド
QUEENに会わせてくれてありがとう!ってなる映画!
是非DOLBY ATMOS対応劇場で体感して欲しい…
「自分
>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

4.1

実話に基づいたお話
点数を稼ぐために違法捜査を重ねる警察
ヘビーなテーマだけれど
テンポも良いし、登場人物が魅力的だから
すごく痛快!楽しく観れる。

TOKYO TRIBE(2014年製作の映画)

2.8

だいぶ前に見たのにレビューすら付け忘れてた!
HIPHOPに焦点を当てた試みは好き。
けどめちゃ散らかった…。

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

3.5

めっちゃくっちゃ難解
不思議で不気味な世界観に次々と起こる不可解な出来事の数々。実はシンプルなのに振り回されて考えすぎてしまい“???”のまま終わった。
でも解説読んで納得…。
結果→超好き、鬼深い…
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.4

信仰とはなんて強いチカラだろう。
だからこそこんなに痛ましい歴史的事実が生まれてしまったんだろうな…。
踏み絵とか教科書の1ページでしか見てないし、考えてこなかったけれど
胸にぶっささりました。
こん
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

造形も能力も好きすぎて
ずーっと実写化待ってました。
戦闘シーンの迫力は圧巻の一言。
前半、中盤引き込まれすぎて
後半があっさり進みすぎて
少し物足りなかった…
次作期待!

バーフバリ 伝説誕生<完全版>(2017年製作の映画)

4.0

バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!
もうね勢い。勢いなんです。
笑っちゃうぐらい。これはインド映画でしか作れない…。ハリウッドにも日本にも無い文化的価値観。
スケールのデカさと、音楽と、圧倒的なテン
>>続きを読む

ニキータ(1990年製作の映画)

3.5

どんどん美しくなるニキータ!
ファッションも素敵すぎた。
けれどもっと彼女のことを知りたかったな。警官平気で殺すのに任務でトラブると泣き叫んだりとかメンタルが謎だし、過去も分からなすぎる。
あとレオン
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.2

すんごい…
謎が謎を呼びまくる。
素晴らしいサスペンス
宗教的意味合いがかなり強く
かなり複雑な物語なので
終わったあとに解説サイトを見て
スッキリ。

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

3.6

音楽が素晴らしすぎる。
時を経て
変わってくもの
変わらないもの
あるけれど
映画の素晴らしさは変わらない!

悪人(2010年製作の映画)

4.0

悪い人がたくさん出てくる。
なのに…なのに…な物語。
出てくる人みんなお芝居最高でした。
泣いちゃうよ。
ラストシーンの表情すごかった。
そして
音楽良すぎと思ったら久石譲…!!

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

3.6

デヴィッドボウイが坂本龍一の頬に
キスするシーンで涙がジュワッと…
そのための2時間なのかと思うぐらい。
スゴイもの観た っていう感覚が残る。

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

4.0

ダークファンタジーでもあり
ブラックコメディでもある強烈な作品
この時代にこれ撮ってたのすごいなあ、、
永遠に若く美しくいたいという
欲望にまみれたその姿こそが醜いよね…

かいじゅうたちのいるところ(2009年製作の映画)

3.4

子供向けと見せかけて大人向け
怪獣たちの寂しそうな表情や
主人公の暴れっぷりとか
危なっかしさと陰鬱な感じが素敵

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.2

いつか自分に子供ができたら
とにかくたくさん抱きしめてあげたい…。説教くさくないのにすごく考えさせられた。
先生の出した宿題を終えた子供たちの
コメントで涙ポロポロ。
皆さん素晴らしい芝居をしているけ
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.2

仲良し7人のディナー
携帯のメールも電話も全てオープンにするゲームを始めたことで狂い出す関係。現代人は全てを携帯電話に支配されてるな… オチがめちゃくちゃ最高でした。原題は“全くの他人”だって…深い。

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.6

目に見えない少年と
目が見えない少女の恋
突飛な設定のピュアラブと見せかけて
全体的に暗い雰囲気です。
フランス映画特有の淡々とした展開。
透明な主人公目線のカメラワークが面白かった。聞こえてくる息遣
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.8

コミカル部分と
シリアス部分のコントラストが見事。
ハートに刺さります。
人間のエゴでたくさんの動物の命が犠牲になっていることを忘れちゃいけないね。
エンドロール後も映像アリ!

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

3.2

新学期が始まる前の
お泊まり会って良い文化だなあ
色々背伸びしたい年頃 みずみずしい
分かるよ うん

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.7

こんなことありえない!
って思いながら
ため息出るほど
素敵に観れてしまうのは
ロマンチックだから良いんじゃん!!
っていう映画の魔法。
笑いのセンスと音楽もさすが。
スーパー王道ラブストーリー。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.2

理解不能!!
いや、理解はできるけど美しいとは思えなかったが正解かな。
男女で意見分かれそう。
東出くん演じるリョウヘイが良いやつすぎて辛い&ヒロインがサイコすぎて切れそう。夢の中にいるみたいな恋の演
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.2

刺さる。しみる。
元木さんと、竹原ピストルさん
対照的な男性像がとても良い。
主人公の感情の変化描写がとても丁寧。
涙が滲んでゾワゾワした。

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.1

カットが変わるたびに何が起きるか予測ができない。超コンテンポラリー。
シュールで奇抜な世界がずっと続く。
ひたすら芸術を浴びせられるが暗くは無いのでそこまで疲れなくて良い。

>|