サンマリさんの映画レビュー・感想・評価

サンマリ

サンマリ

よろしくお願いします

  • List view
  • Grid view

メジャーリーグ2(1994年製作の映画)

3.5

タカタナカ登場!結構良い役じゃん
wildthingかっこいいな

メジャーリーグ(1989年製作の映画)

3.6

プロ野球,メジャーリーグのいいところは勝つことによってそこの町が少し明るくなることだ。
それがこの映画では開幕戦と優勝決定戦の差
けど弱いときに厳しく強いときに優しい世界なのもよくわかる

グレッグのダメ日記(2010年製作の映画)

3.5

結構すきだな
けど映画にするほどではない 一時間スペシャルとかの海外ドラマのような感じ。

おおきくは友情だね 一度離れた親友 その親友とどうすればまた仲良くなれるのか 簡単そうで難しい
おそらくい
>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

4.3

母親も悪くない。悪かったのは父親だったはず。子と親 どちらともはぐれていても子は傷つく 子を持つ以上それなりの覚悟が必要だ 子を持つ親には是非見てほしい

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.1

私は先生が一番好きだった。応援してくれる人がいるだけで頑張れる。しかしそれをすることは容易ではない。しかしそれをできる先生。そしてホーマーの終盤で元々好きだった子が近寄ってきても見向きもしないのには男>>続きを読む

グリーン・カード(1990年製作の映画)

4.0

夫婦愛?偽装愛?偽が真に
たとえ偽物の結婚だとしても…

ジョージもブロンティーも素敵だった

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.9

親子愛を強く結び父は人として最悪だったが最高だ!隣人にも恵まれていた。そしてなんと言ってもメアリーがいい!頭がよくて偏屈だけどやっぱり小学生。父を大好きな気持ちがすごく伝わった作品

君がくれたグッドライフ(2014年製作の映画)

3.3

なんど尊厳死についてみても慣れないし慣れるものではないと思う

ある天文学者の恋文(2015年製作の映画)

3.3

残念だった。期待しすぎたのが悪かったのかもしれないが。題材はよかったと思う

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.8

結構楽しかった
展開は王道的な感じだったけど好きだわ

宇宙には行きたいけど行かない!

行けないか

人生タクシー(2015年製作の映画)

4.0

この映画はすごい!言葉では説明できないと書くのが一番いい書き方だと思う。こんな映画を初めてみたしこれ以降もこんな映画を見ることはないであろう
全然抑揚がないのに見入ってしまった
フラッペ少女が良かった
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.7

スコアを付けづらい作品だった。
さいごは可哀想ではなく怒りを感じた
なぜ人間は自分と違う人や物を嫌うのか道理が通ってれば別にいいじゃないか
それが悪いことならだめなことだが今回の作品では子供を愛してた
>>続きを読む

シャークネード(2013年製作の映画)

2.9

ネタ映画を見た。突っ込んだらダメなんだよな… 感動のシーンも突っ込みたかったけどダメだよな…

4分間のピアニスト(2006年製作の映画)

3.8

こんな話があったらすごいなと4分間の演奏が終わった次のシーンで捧ぐとでて驚いた。最後の演奏はピアノを越えたピアノと言う表現が一番いい気がする

人生、ブラボー!(2011年製作の映画)

3.8

映画にはよくある大きな事件は特になかった。事件と言えば子供たちの親は誰なのか!それだけ こんなことは絶対にない でも考えさせられる映画だ。あんなに人数が多くても自分の子供はかわいいのだと思った

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.2

今の自分には痛い話だった。こんな恋愛をして見たい。けどこんな大恋愛なんかできるはずない。最初はどうなるのか?って感じ途中からドキドキして最後号泣

良い映画に巡り会えた

セブン(1995年製作の映画)

3.7

最後、耐えるか耐えないか!ドキドキだった。犯人もサイコパスだし

バグダッド・カフェ 完全版(1987年製作の映画)

3.6

面白かった面白くなかったで分けられない映画だと思った けど一人だけうるさい映画だなと思ってみてたけど後半からはそうでもない。なんだか穏やかになる映画 嗚呼ブーメラン飛ばしたいな

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.8

ありそうな話だけどとても良かった。最後のお別れそして手紙ときれいにまとまってた

そしてこの女優の困り八の字眉毛が可愛かった

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.5

最初は偏屈なおじさんだと思ったがそうでもない。周りを見てるだから最後あのスピーチが生まれた

ハングリー・ハーツ(2014年製作の映画)

3.6

アルバ・ロルヴァケルが見たくて見た作品。相変わらず美しくトイレでの出会いの演出はよかった。今回は父目線で書かれていたがもし母目線で書かれていたら敵は父と祖母だっただろう。赤ちゃんもかわいかったし

>>続きを読む

92歳のパリジェンヌ(2015年製作の映画)

3.7

残された家族がすごいしおばあちゃん
が強い。こんなにも固い意思をもって死ぬとは
この残された家族は今後どうかなったのだろう

そして親を大事にしようと思った

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.6

苦手なジャンルだったがその割には面白かった。音楽がよく、変にセリフを音楽にしないのもよかった

ソウ(2004年製作の映画)

3.5

なんだか思っていたのとは違った。最後はビックリしたけど…まあたまにはありか
続編は見ない
監督もちがうしね

グリーンマイル(1999年製作の映画)

3.9

コメント欄にも多いように188分を感じさせないほどの作品だった。ジョンはすごい人、もっと早くに真相を言えば良かったと思う。刑務官は最後自分を撃てばよかったのに

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.7

内容は薄い気がしたが楽しめた。有村架純が金髪のパンフレットだったのに金髪のシーンがなかったのは残念

キック・アス(2010年製作の映画)

3.7

勧められて視聴。なかなか面白かった
少女が強すぎてチートレベル

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.6

まあまあだった。もう少しミュージカルになるのかと思ったけどそんな感じじゃなくて良かった。2は見るかは保留

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.7

思っていたより面白くはなかった。しかし嫌いじゃない。発送がおもしろい。けど一番良かったのはアルバ・ロルヴァケルだ

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.7

常識を破ることで自分の殻を破る。妻が死に空虚感に襲われ…自分の語彙力のなさが恨まれる。是非見てくれ

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

3.5

なぜ証明が必要なのか?
閃けばいいじゃないか!
教授の師匠みたいな人が素晴らしい映画だった

エイプリル・フール(1986年製作の映画)

3.3

悪ふざけがすごい映画だった
外国なら本当にやりそうだわ

キツツキと雨(2011年製作の映画)

3.0

よさが伝わらなかった。しかも雨は最後だけだし

なんだかなー