かきあげ団団員さんの映画レビュー・感想・評価

かきあげ団団員

かきあげ団団員

島崎和歌子さんとハロプロとSMAPが好きです。

映画(151)
ドラマ(0)

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(2015年製作の映画)

2.5

そもそもこれはホームズなのかということと、真田広之が当時の日本の実情をちゃんと伝えなかったのかという疑問が一番のミステリーでしたが、ほっこりしました。

ジヌよさらば かむろば村へ(2015年製作の映画)

5.0

痛いシーンがあったけどエロいシーンもあったので、プラマイゼロです。

猟奇的な彼女(2001年製作の映画)

5.0

韓国語の授業で2週に渡りこの映画を観ただけで単位がもらえたので五点です。先生に「この背景にUFOが映りこんでいる」という豆知識まで教えてもらいました。

ベガスの恋に勝つルール(2008年製作の映画)

3.0

何故これを映画にして二時間観客に見せたいと思ったのかは謎ですが、キャメロン・ディアスが出てるし、なんなかや二時間見れちゃうし、最高です。

マスク(1994年製作の映画)

5.0

ジム・キャリーとキャメロン・ディアスが出てるから、仮に二人でずっと無言で立ち尽くしてるだけの映画だとて五点です。

SP 革命篇(2011年製作の映画)

4.0

よくよく考えると、ドラマ観てないとよくわからないのにどうしてわざわざ映画にするんだろう、と疑問に思いましたが、「稼ぎたいからだ!」とすぐ答えが出たので、問題なしです。

SP 野望篇(2010年製作の映画)

4.0

あんなに岡田くんがアクション頑張ってるのに急に安い合成とCG!という驚きがありましたが、薄目で見れば合成ではないように見えるので問題なしです。

天空の蜂(2015年製作の映画)

2.5

思ったより血が出ましたが、モッくん出てるし観て良かったです。

凶悪(2013年製作の映画)

3.5

ピエール瀧とリリー・フランキーが笑いながら人を殺すところ、竹中直人の持ちネタを凌駕する怖さでした。

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.5

白石監督だしどうしても『凶悪』の人達に比べてしまい、あれと比べたらそんなに悪いことしてないというか少なくとも日本で一番ではない気がしてしまいましたが、悪い人たちか否かといえば悪い人たちではありました。

ラブ&ピース(2015年製作の映画)

2.5

フリースタイルラップバトルで、ここでパンチライン言えば格好いいなと思って期待してたら即興だし仕方ないけど無難なことだけ言ってバースが終わったバトルを観てるときみたいな感情を、10分おきくらいに感じまし>>続きを読む

希望の国(2012年製作の映画)

3.0

ラストの台詞、ガチで言ってるなら引くけど、皮肉としてあの台詞なら凄い映画だし、そう捉えようと思います。

愛のむきだし(2008年製作の映画)

2.5

長いし血出るけど、終わり方良かったから良かったんじゃないかと思います。

愛の渦(2013年製作の映画)

2.5

窪塚洋介の裏の人間感がたまらなくて良かったです。

GO(2001年製作の映画)

5.0

牛歩戦術とかする前の山本太郎の全力疾走とか観れるし、最高です。

ピンポン(2002年製作の映画)

4.0

「I can fly」のシーンで鯉のぼりを設置しようとしてマンションから転落したことを毎回思い出しますが、さておき面白いです。

バクマン。(2015年製作の映画)

2.5

サカナクションの新宝島、いい曲だなって心打たれました。

アキレスと亀(2008年製作の映画)

4.0

北野作品で血が出ないってだけでもう最高で一番好き、といっても過言ではない。

Dolls ドールズ(2002年製作の映画)

4.0

見終わってめっちゃ芸術作品!!ってなってちょっと部屋ぐるぐるしちゃいました。

BROTHER(2000年製作の映画)

3.0

あんなに撃たれて顔無傷!ってところに笑ったのですが、おそらく笑うところじゃないので、気をつけようと思います。

HANA-BI(1997年製作の映画)

3.0

絵、めっちゃ見せてくるな、と思うけど、良い映画だと思います。

Kids Return キッズ・リターン(1996年製作の映画)

4.0

今の金子賢がどこへ向かっているのかということが心配なので満点から一点減らしましたが、素晴らしい映画です。

ソナチネ(1993年製作の映画)

4.0

音楽も終わりかたも超格好良くて、血出るけど好きです。

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.5

福山雅治ってこんな格好良かったんだ!と再認識させられる映画でした。

バケモノの子(2015年製作の映画)

2.5

好きな本のしおりの紐を引きちぎって手首に巻いていると聞いたとき、「うわっ、これは地雷女だ!」って笑ったのですが、周りは誰も笑っていなかったので、あそこは笑いどころではなかったようです。皆さん、気をつけ>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

1.5

いじめとか受けたことも見たこともない人が想像で台本書いたのかなとか病室の妻の励ましかたがユーモアなのか泣かせたいのかわからないけどとりあえず引いたりとかいろいろしましたが、オダギリジョーが出ていたから>>続きを読む

舟を編む(2013年製作の映画)

5.0

オダギリジョーと松田龍平が出ている。したがって、五点です。

イン・ザ・プール(2005年製作の映画)

5.0

原作超面白いからハードル高いのに、面白いしオダギリジョー出てるし五点です。

ゆれる(2006年製作の映画)

5.0

オダギリジョーが出てる時点で五点なのに、めっちゃ揺らされるし素晴らしいので、本当は八点です。

PARTY7(2000年製作の映画)

2.5

あそこ絶対スローにしない方が良かったと思うけど、スローにせざるを得ない事情が生じたのかもしれないので、そう思うことにします。

鮫肌男と桃尻女(1998年製作の映画)

3.0

格好良かったけどカツラのくだりは何をどう考えても滑っていたとはいえ格好良かったので最高です。