かくたにさんの映画レビュー・感想・評価

かくたに

かくたに

映画(37)
ドラマ(0)

記憶にございません!(2019年製作の映画)

4.2

会場が何回も笑いに包まれて、これも素晴らしい映画の形やなと。
三谷幸喜は心の師匠。
中でもトップクラスの傑作🙆‍♂️楽しかった👍

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ちゃんと予習して見た。
そのおかげでハッピーエンド至上主義の俺にとって最高の結末やった。
途中の雰囲気とかも好きやったけど、自分が映画通だったらもっと楽しめるんだろうなと。
ブラピ超かっこ良かったけど
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.3

ロバートデニーロがカッコよすぎて、、
紳士の道を極めたらこうなれるのかと。
最近の男はガキっぽすぎると言われてしまったし、、
良い映画だわ。

新聞記者(2019年製作の映画)

3.5

ラストシーンの感情全然分からんかった。
ただリアルに日本の闇がこんなんやとしたらめちゃくちゃ怖いなと思った。

さよならくちびる(2019年製作の映画)

3.7

あらすじ見たら自分の追えてない部分があったから初見では分かりにくい部分があった気がする。そのへん踏まえてもう一回見たら感想変わりそう。
女子中学生がいきなり出てきて歌うくだりは正直なしやなと思った。
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

暗い気持ちになるから好きじゃなかったけど予想外の展開ではあった。

麻雀放浪記2020(2019年製作の映画)

2.0

ギャグでもなく、エロでもなく、麻雀でもなく。結局面白かったかと言われるとそうでもなく。笑
これがC級映画なのかとは思ったけども

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.2

ドクもトニーも正義があってかっこいい。
普段我慢して、いざという時怒るのかっこいい。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.1

見るのが10年早かった感もあるけど、こんな映画が作れる人になりたいと思った。
日本映画の哀愁がありまくり。
セリフ、主題歌、タイトルのセンスがかっこいい。

何者(2016年製作の映画)

3.6

就活あるあると誇張してる部分と。
主人公の人間性にちょっとドキッとする。

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

4.0

無茶苦茶やし他の映画とは比べられないけど俺を漫画の世界に引き込んでくれたドラゴンボールに感謝を込めて。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

メンバーに病気を打ち明けた所で泣きました。同情して俺を退屈させないでくれ的なセリフがかっこよかった。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

差別問題の根深さは理解できないからなぁ
なんとなく面白いのは伝わってきた

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

全く期待してはいなかったけどそれを下回った感じ。成田凌のサイコの部分が強すぎてそれ以外の要素が全然入ってこない。
つまり「スマホを落とした」以外の要素が勝っているのでタイトルから想像した内容とは少し違
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

バッドエンドは嫌いで🤦‍♂️

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.8

ところどころにあるマジックのシーンは最高にかっこいい。
しかしヒロインが変わっていたり、ディランのキャラがブレていたりと萎える部分が何個かあった。
オチは悪くないけど1の方が面白い。

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

4.2

久しぶりに見たらとっても面白かった😳
映像もかっこいいし、飽きないまま最後まで見れた!伏線回収も納得がいく。
黒幕も全く予想できなかった。
さらっと楽しい映画を見たいときにぴったり。

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.9

シンプルでなかなかおもしろかった。
純愛の良さも教えてくれたしカッコいい結婚観も学べた気がする。
プロポーズの「僕を幸せにしてくれないか」は、いいね👍と思った。

ザ・マジックアワー(2008年製作の映画)

3.8

すれ違いコントってやっぱり面白い。
途中は声出して笑ってしまった。
三谷幸喜はさすが。ただちょっと長かったかな。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

人生初4Dで映画を観た。なんかメガロドンそんなに強くなかった。叫び声上げる気満々だったのに昔見たジョーズの方が遥かに怖かった。ただヒロインはかわいすぎた。めちゃくちゃ好きになって、後から調べたら45歳>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.8

寝ながら見ちゃいましたごめんなさい。
だから点数はまたちゃんと見直して付けたいと思います。とりあえず冒頭の30分とキャストの豪華さで3.8付けときます。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.3

いいシーンやセリフはある。芸人がワイドショーで馬鹿にする、、は心に刺さった。
ニノが怒鳴るシーンとキムタクの殺しも迫真の演技だった。
ただ吉高由里子の行動や動機がイマイチ納得できなかった。ニノの心の変
>>続きを読む

>|