ヒルコさんの映画レビュー・感想・評価

ヒルコ

ヒルコ

真夜中のカーボーイ(1969年製作の映画)

2.9

アメリカンニューシネマって何?ジャンル?

「見た後うつになる青春映画」と聞いてたんだけど、個人的には全然そんなことなくて、むしろ不思議な気持ちでずっと見てました。
主人公は2人のはずなのに、ネズ公の
>>続きを読む

解放区(2014年製作の映画)

1.8

なんて言うのかな、西成の持つ力に、この映画の「ものがたり」がかなり負けていて、飲み込まれてる状態かなと思います。
歯がないおじさん達がウロウロしてるのがリアリティであって、その前ではこの映画が持ち込む
>>続きを読む

ドリル・マーダーズ 美少女猟奇殺人事件(2010年製作の映画)

2.4

ドリルすんのかい
せんのかい
せんのかい
ドリルすんのかい

てのがぴったりの、
ドリル殺人ゾンビ映画です。

仕組みは全くわかりませんが、
作業服の男が脳をドリルするとゾンビになります。
細胞が癌の
>>続きを読む

少女椿(2016年製作の映画)

2.0

風間俊介なにしてんのw
熱演は素晴らしいんだけど、少女椿ってこんな話だったっけ?
昭和108年みたいなこと書いてたけど、そんな設定あったっけ?
ワンダーさんもあんな人だっけ?みどりもあんな子だっけ?
>>続きを読む

虎影(2015年製作の映画)

2.6

斎藤の工ちゃんが忍者なんだってよ‼️見るっきゃないじゃん‼️
のっけから楽しげなうんこの話で、こっちもすごい気持ち盛りあがっちゃった‼️

この映画で改めて感じたのは、何をしてても斎藤工がイケメンって
>>続きを読む

名前のない女たち ~うそつき女~(2018年製作の映画)

2.7

原作シリーズが結構好き。
著者の中村氏が主役なのは意外だったけど、それはそれで良いかも。
エビフライの話、そういえばあったな〜。

「名前のない女たち」としてはそこそこ正解の話かも知れないけど、エロス
>>続きを読む

燃えよデブゴン/TOKYO MISSION(2020年製作の映画)

3.0

全編通して飛んだ茶番‼️
でも良いの、香港コメディには一本通った筋とか整合性とか全く求めてないの。
観た後に何観たんだか一瞬で忘れるような映画って最高だよね‼️

でも、ドニーイェンには、
「ニコラス
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

-

私が見たのは、Eテレが新しく編集し改編もされたものなので、この作品とは違うものとして評価は避けます。
いやー、すごく良い作品でした。
脳性麻痺の女の子、ユマちゃんの物語。
女の子って言っても23歳だか
>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

1.8

ナンバープレートが893(ヤクザ)だった。
そこが一番面白かった。

ビーチ・シャーク(2011年製作の映画)

1.5

ビーチにシャークが居るのは当たり前では?と思ったら、ハマに出るのね、ハマに。
えっと・・・お金がないならアイディアで勝負なんだろうけど、なんかそんなそこまでアイディア賞ではないよね。
撮り方も下手で、
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

3.0

一番驚いたのが、外国人がシティーハンターをやる違和感で、実写の違和感が相殺されてること‼️
あと、なんでかジェロムレバンナがいたよ‼️

作り手の、原作をビンビンに愛してる気持ちがすごくよく伝わります
>>続きを読む

台風一家(2011年製作の映画)

2.9

アマプラだとこのジャケ写は出ないので詐欺に引っかかるわけでもないのについ見てしまった作品。
娘は生まれつき誰かに頼らないと生きていけないけど、他の家族もみんな誰かに依存しきって生きていて、けれどそれが
>>続きを読む

LSD~ラッキー・スカイ・ダイアモンド(1990年製作の映画)

1.8

タイトルのフォントが超時代感じる。
この頃って、ギニーピッグもそうだけど、「不条理鬼畜モノ」をやたら見かけたような印象があります。流行ってたの?
意味不明だったりしてもどこか惹きつけられる作品はあるけ
>>続きを読む

ギニーピッグ4 悪魔の女医さん(1986年製作の映画)

2.7

本当しょうもないコメディホラーのオムニバス。
でもなぜか結構好きだったりする・・・。
どこまでもばかばかしく、安っぽく、何を思って作ったのかさえわからない作品。
一番好きなのはピーターとゾンビ風の男性
>>続きを読む

ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖(1973年製作の映画)

2.8

2月4日はロメロ監督の誕生日という事で鑑賞。

ロメロの作風って、関よしみ先生の世界観に通じるよね。
ウィルスはもちろん怖いけど、それよりも人間怖いわぁって言う描写がずっと続く。
あのパニック状態で錯
>>続きを読む

オールナイトロング3(1996年製作の映画)

2.2

村崎百郎‼️そうだこの頃に流行ってたサブカルは鬼畜系だった‼️だからゴミ漁りかー、流行ってた(?)もんね。

1と2は観たけど、これは当時レンタルを見つけなくて観られなかった、超有名作品。
現在のネッ
>>続きを読む

キスより簡単(1989年製作の映画)

2.8

母親1人に、お父さん候補が3人・・・どっかで聞いたことある設定・・・。

まぁこは本当に可愛い。
演じた女優さんの素質も大いにあると思うけど、バブル真っ最中の女子大生だけど化粧っ気もそんなにないしボデ
>>続きを読む

トップ家の危険な双子(2009年製作の映画)

3.0

これいつ見たんだっけ?ニュージーランドでは超有名らしい双子のおばちゃん(おばあちゃん)の生い立ちや人となりに迫ったドキュメンタリー映画。

わたしはニュージーランドに行くまで全く知らなかったんだけど、
>>続きを読む

子供は天使ですか(2017年製作の映画)

2.4

可愛くない子供。
でも子供ってだいたい可愛くないよね。

少年が素になれるのは、誰が見てもクズのヒモおじさん。
確実に下に見てるから、自分を取り繕う必要が無いんだろうな。

少年はともかく、おじさんは
>>続きを読む

岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 EPISODE I(2001年製作の映画)

2.4

なつかしっ。アマプラで発見して、つい鑑賞。

そうそう、見ながら思い出したけど、色々めちゃくちゃな割に結構重いんだよね。ヒロインの本当の仕事が判明するシーンはかなり印象的で、わたしもそこはハッキリ覚え
>>続きを読む

好きにならずにいられない(2015年製作の映画)

3.5

ハゲでデブで冴えない子供部屋おじさん・フーシ、って書くだけでなんかもう、「なんて嫌なキャラ設定なんだ」と思ってしまうけど、だからこそ!ってのがある映画。
そもそも、ハゲでデブで童貞だからって別になんか
>>続きを読む

ピンクリボン(2004年製作の映画)

2.5

どのピンク映画もすごいタイトルだなぁ。考えた人も口に出して笑っちゃったってんなら、ほんとよっぽどだよね。
ロマンポルノとビンク映画の違いすらわからない私に、ジジイたちがニヤニヤしながら饒舌に武勇伝を説
>>続きを読む

かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート(2006年製作の映画)

2.7

好きだったなーニコツェ‼️やっぱカッコいいわぁ。

映画を見てて、繋がらない伏線とか飛ばし気味の展開とか、そういうの冷めちゃう要因なんだけど、私にとって香港映画ってのは逆にそう言う要素が多ければ多いほ
>>続きを読む

柴公園(2019年製作の映画)

3.2

しばいぬって可愛いよねえ。
「普通の人」を演じる渋川清彦もめずらしくて可愛い。

おっさんが公園でグダグダしゃべるドラマが、おっさんが公園でグダグダしゃべる映画になったよって感じ。映画化に対して変に色
>>続きを読む

サテリコン(1969年製作の映画)

2.5

とんでもなくお金がかかってるのはよくわかりますが、素養のない私には何を言いたいのかは全然わかりませんでした。
退廃的ってことなの?なんなの?

あと、いつもじゃないけど、よく画面のどこかに真顔でこっち
>>続きを読む

シー・オブ・ザ・デッド(2013年製作の映画)

3.0

ウフフ、汚ったない。
この監督の映画はホントなにもかもが汚いね。
でもブレインデッドとかもすごい汚かったじゃん。
だからなんだってことはないけど、汚さもホラーの大事な要素かも知れないよね。
最初は「こ
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ8(2003年製作の映画)

1.1

松江哲明が撮ったのかぁ。
これまで見てきた中で、全体的にヤラセ感が1番強いかも。
それでいて霊的なものははっきり映らずに怖いところはまったく無し。
唯一の見どころとしては、もとの人間的にアレなのか本当
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ7(2003年製作の映画)

1.5

確かに、ビデオ借りてる時に死亡した場合、
延滞料金ってどうなるんだろう?
普通に請求するもんなのかな?
気になるけど、その辺についての言及な無いよ。

で、たしかに全身タイツを着てる木村陽子さん役は、
>>続きを読む

そこにいた男(2020年製作の映画)

2.7

腰履きのはみケツをそんなに愛おしく見つめられるんだったら、彼女にとってのあったかくて幸せな時間は確かにあったんだろうなぁ。なんだかんだ言ってそれがすべてだよなぁ。これから先もそのはみケツを思うだけで、>>続きを読む

岬の兄妹(2018年製作の映画)

3.8

ふたりが客を探してる時に流れるクリスマスソングの残酷さたるや。

片足を引きずって歩く障害者のお兄ちゃんが面倒をみるのは、知的障害を伴うであろう自閉症の妹。
頼れる人、いない。お金、ない。電気、止まる
>>続きを読む

あの娘、早くババアになればいいのに(2013年製作の映画)

2.3

うーんと、そんな言うほど、アイドルも近親相姦も成熟拒否する現代社会の問題も内包されてるのかなぁ・・・。男性のファンタジーを映像化してみたってだけの方が近いかも。
アイドルになるためのレッスンが完全に2
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

2.2

誕生日だから見てみたよ!

なんて言うかその、面白いところとガッカリするところが両方ある映画だったかな。
こう言うループものって、どうしてループするかって言う理由がわからなかったりするのが不満なんだけ
>>続きを読む

14才のハラワタ(2009年製作の映画)

2.7

ハラワタって臓物のことかと思ったら、原田わたるさんって名前なのね。キムタクみたいなもんね。
ハラワタちゃんは14歳で特に勉強もできないし特技という特技もない女の子。うちの娘とほとんど変わらないなぁ。
>>続きを読む

恐喝少女(2015年製作の映画)

2.5

そんなに悪くないよ!尺が短いのがとても良い。これより長くてももうする話もないだろうしね。
良い悪いは置いといて、流れてる音楽(とノイズ)で主人公がどんな状態なのかわかるので、その辺含めて結構わかりやす
>>続きを読む

>|