きよさんの映画レビュー・感想・評価

きよ

きよ

映画(51)
ドラマ(0)

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

外に出ると病気になると親に言われ、ずっと家の中で生きてきた25歳の青年。唯一の楽しみは、子ども時代から続く熊キャラクターのビデオ番組。テレビもなく、この番組以外には情報源がない。ある日警察がやって来て>>続きを読む

ムーラン(2020年製作の映画)

2.0

うーん、、、どんな感想をもてばいいんだろ。
最初映像がとてもチープに見えて、そのうえコミカルさを狙ってるっぽい演出やワンパクシーンが、ただただ面白くなくて白けて困った。
雄大な自然や、不死鳥のCGは美
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

5.0

映画ではなくストーリーに対しての点数が、満点。良すぎるでしょ。。。正義、家族愛、絆、強さ、強くなれる理由、優しさ、人の儚さの描き方よ。どれも希薄な身の上であっても、鬼滅の刃にはぐっとくる。一部鬼の心の>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

全然理解できなかったけど、それでも楽しめた。過去に戻る系のものだが、ある地点に戻って進行するのではなく、時間を逆再生するという設定。斬新。
「少しでも理解できないと置いてけぼりになる映画」だと聞いてい
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.5

いい話だった!笑 エンタメ。
その場では楽しいが、後には残らない。
フウ一族の子ども3人、容姿が美しすぎた。。大金持ち然とした演技もよかった。ビビアン・スー、どういうこと?45歳ってどういうこと?美し
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

やばいです。ぶっちぎりの★5。これは名作。映画館で見てよかった。不条理と不運と怒りと悔しさと絶望の果てと救いのなさ、からの不屈の精神と強かさと復讐と天誅と希望と友情と再起を、一度に味わい尽くせる映画だ>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

3.9

楽しかった。役者が全力で歌って踊って演じている。多才だな。ミュージカルシーンがほぼワンカットのように見えた。敢えてなのか、当時の撮影技術ではそうなる…のか。分からないが、良かった。生でミュージカルを見>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

4.3

面白かった!タイトルがダサくて甘く見ていたが、中身は楽しめた。
最初から最後までドキドキさせられて飽きなかった。本編に入る前、映画初っ端の製作者紹介?の段階から超不穏な演出(夜の海で波が岩場に打ち付け
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.0

めっちゃハッピーな気持ちになれる映画だった。最後泣いてしまった。大筋:インドで1人迷子になったパキスタン人の女の子を、インド人のおじさんが世話して親元へ帰す。

1人でいる子どもなんて、いっぱいいるん
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

致死率20~30%、基本再生産数2(途中から変異して4)のウイルスのパンデミックを描いた映画。コロナよりよっぽど危険なウイルスではあるが、起こる事柄は現状と照らし合わせてもリアルだった。
買い占め、治
>>続きを読む

感染列島(2008年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

コロナでパンデミックが起こり、世界中が大変な状況である今。
この映画では、せっかくそれを題材にしているにも関わらず、国や地方自治体、マスコミ、世界の反応・対応が全然見えず、なんともリアリティがなかった
>>続きを読む

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

2.5

人さまの人生の一部分を切り取って劇的にしたものについて、微妙とか言うのはどうかと思うけど、微妙だった。
堕ちきった悲惨な晩年だけを切り取っていて、彼女の性格の難点ばかりが見えてくる。我慢ができない、ヒ
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

いやー。余韻が。。
まず、あの治安の悪い雰囲気。あれ日本人キャストや日本の街並みじゃとても作れないよ。凄い。一人旅でパリへ行った際の、夜道やスラム付近を歩いた時の感覚が蘇った。地下鉄のアンモニア臭や、
>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

両国のTheaterZzzにて試写会鑑賞。
あらすじ:余命3ヶ月のおばあちゃん。アメリカに住む孫娘一家が主人公格。おばあちゃん本人には余命を知らせず、結婚式(偽り)を理由に家族が集結する話。

いい映
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

うん。私は何を期待したんだろう。見なくていい映画だった。最初から最後までバッドトリップ。
民族、ルーン文字、白夜、明るい中で繰り広げられるホラー、ドラマのTRICKめいてる、なんて聞いたらワクワクする
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

Beatlesの存在が突然消えた世界という着想は面白いのに、ラブコメ・・・?こういうストーリーにでもしないと落とし所がなくて映画にはできないか。。好みではなくて残念だった。
有名な人・ものが無かったこ
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

2.7

酷評されてるっぽいけど、きちんとミュージカルCATSのまんまって感じ。劇場で見るCATSも映画と同じでストーリー性薄い。ただ劇場の場合は、客席にキャストが降りてくるから参加型ミュージカルとして楽しめる>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最初は笑えて、後半はショッキングな展開だった。話の要点はジョーカーと同じ引き出しに入るかな。

匂い、また恐らく石にも、下層で生きる者のアイデンティティを持たせた作りが面白い。
匂いなんて自分では気付
>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.0

サイコパスもの。想像力が追い付かず、見ながらちょっと迷子になってしまった...最後が微妙。

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

2.3

原作既読作品。原作で感じた、客の心の闇に突然深く切り込んだかと思いきや即次に進む唐突感が映画ではマシだった。炎眉の登場を削ったおかげか?あと主人公の疫病神感や恋愛endの残念みも映画の方がマシ。
ただ
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.0

オモチャがオモチャを探したり、恋したりするストーリーだった。完
オモチャだって自分を子どもに捧げるばかりではなく自分で選んだ人…オモチャ生を生きる!というところにメッセージ性が、、あるのかな…見え透い
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.7

満員の映画館で、上映後に観客の誰もが無言で出口に向かうという。感想を言葉にできない。どういう感想をもつべきなのか?きっと多くの観客が同じ感覚を抱く映画。

理不尽な暴力、あまりにも恵まれない境遇、足り
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

タイトルのポップさと予告編の陳腐さに油断してた。だいぶいい映画。

ボヘミアン・ラプソディではぼやけまくってたモヤりを晴れさせるような仕上がりだった。
スターの孤独と寂しさと愛に対する飢えに、ゴリゴ
>>続きを読む

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

3.7

上映中だが、8/31の無料配信にて鑑賞。
エモい。。エモかった。

終始なんともしんどい感覚で鑑賞した。親が死んでしまった子ども達が、ハチャメチャするところがしんどい。だけどなんともエモく、悲壮感もな
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.8

動物の毛並、動きがめちゃくちゃにリアル!そこだけでも、凄い技術だなと見る価値がある。好きなシーンは、ハクナマタタの箇所、シンバのたてがみが抜けて飛んでいくところ(自然の循環を感じられてよい)。
シンバ
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

楽しかったー!
ディズニーには夢と希望が詰まってる。ミュージカルは、明るいも暗いも凝縮して、心に満タン届けてくれる。
ディズニーのメッセージ性はいいな。これからは女も活躍していくのだ(女に求められるの
>>続きを読む

アマンダと僕(2018年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

私は映画にドラマチックさを求めているのだなと思った。。喪失からの再生をリアルに描いた物語。最初から最後まで、ありえる内容ではあるだろうけど、だからこそ退屈だと思ってしまった。

映画の中で人が死ぬ話は
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

全然内容を知らず、スター誕生までの山あり谷ありのハートフルを描いたものかと勘違いしていた。実際は私の嫌いな、恋→人が死ぬ系の涙ものだった。。死なずにいい感じで終わることもできたよね…?なぜあの展開にし>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

Rock Youされてきた。最後のライブ映像には感動した。背景があってあの歌詞が描かれたのかと思うと、Rock Youされざるおえなかった。
この映画がフレディのドキュメンタリーなのだとしたら点数を付
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

2.3

ど根性ガエル「地球荒らすお→やっぱ荒らさないお→侵略を企てる仲間を倒すお」というお話。内容に即して人を食べる描写とかライトにして子ども向け映画にした方がよかったのでは…
ツッコミどころが多い。婚約して
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

2.5

長澤まさみが可愛い。可愛すぎる。設定に無理があるけど長澤まさみの可愛さで最後までいける。設定に無理があるけど。ムロツヨシに佐藤二朗、勇者ヨシヒコ好きとしては楽しめた。最後、障がいを克服して感動!みたい>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.0

オチが弱すぎるよ!あなたは誰?→A.普通の人でした。どえらい展開を期待して見るとあまりにも拍子抜け。
長澤まさみは哀しむ役どころが似合う。美しい。リリーフランキーは何の役をしてもはまるで凄い。

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

2.0

ハチャメチャな家族の、おじいちゃん死んじゃった後の数日間。みんな違ってみんないい(家族模様)っていう話…?メッセージ性があるのかないのかわからなかった。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

2.9

わからない…吹替えで見てしまったがばかりに萎えた節も大きいとは思う。あと、1作目の復習をせずに見てしまったせいで繋がりがわからなかったせいもある。

1作目はとても面白く感じたのに今作は微妙だった。
>>続きを読む

>|