Kamenさんの映画レビュー・感想・評価

Kamen

Kamen

映画(38)
ドラマ(0)

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

-

太っちょのおっちゃんが途中からカッコいい男に見えはじめた
家族愛が溢れていて良かった

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

-

前作を見てなかったけど面白かった
マジックアクションはカッコいい
マジック上手くなりたい

レオン/完全版(1994年製作の映画)

-

ナタリーポートマンの演技力がすごくて映画の世界に引き込まれる
後半の演出が絶望感を強調していて良かった

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

-

ラマヌジャン程の天才でも身分の差で迫害されていたのは、人類にとって大きな損失
誰もが公平に評価されるべきだと思う

シチズンフォー スノーデンの暴露(2014年製作の映画)

-

全ての会話が記録されてるのはやばいことだと思う
ちょっと前に日本でも共謀罪で騒いでたけど、確かにヤバイと感じた

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

-

ただのアメリカンドリームの話じゃなくて良かった
ミュージカルでおもしろい

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

-

どうしても人生に限りがあるから
デイジーと別れる時の心情は計り知れない

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

-

すごいクレイジー
エドワードノートンの演技力にビビる

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

-

オードリーヘップバーンがマジで綺麗
幸せになりたいのに 幸せから遠ざかるジレンマがある
妖しい魅了が良い作品

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

-

過去の栄光に囚われないように今の選択を一つ一つ丁寧にしたい

はじまりのうた(2013年製作の映画)

-

音楽の魅力が溢れてる
売れる為とかじゃなくて、ひたすらに自分の音楽を伝えてる感じ
まっすぐでいい

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

-

自分の人生がもし全て演出だったら
身近にいる人たちを信じられなくなるような話

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

-

アカデミー賞取ってるだけあって面白い
うつ病でスイッチが入ってハイになる瞬間の描写が良かった

ソウルガールズ(2012年製作の映画)

-

人種差別に歌で対抗する姿勢が良かった
細かな人種差別に苦しめられる描写がエグくていい

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

-

日々の疲れに行き詰まった時に見てもいいかも
よくある日常の話のはずなのに不思議な話

デューデート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜(2010年製作の映画)

-

ハングオーバーが好きな人なら好きだと思う
めちゃくちゃくだらないコメディー映画
僕は好き

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

派手なアクションは見ていて面白く、ゴジラやガンダムが出た時はワクワクした

ストーリーも一貫性があってよかった

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

-

官能的で美しくて芸術的
自分にはない感覚を突きつけられた気分
見てよかった

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

-

人の死を統計的に分析して、戦争を導くなんて考えられない
国を勝利に導くためのストレスは想像できない
感服した

>|